ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 京都吉兆嵐山本店 Ⅹ

 
こんにちは 音譜


先日、十七回目の京都・大阪ミシュラン へ行って来ました


京都・大阪ミシュランパートナーは、大学時代からの親友 ち~ちゃんです おとめ座


今回は 『ミシュランガイド関西2016  本 でも、 (当然) 7年連続三つ星料亭 星星星 に輝いている京都吉兆嵐山本店です ビックリ デコメ絵文字


私たちは一年を通し、 “嵐山吉兆四季の会”  を行うこととさせていただいて四巡目  ・・・ 今回は、 “嵐山吉兆四季の会 ~ お正月 Ⅲ”  と言うことになります 門松 デコメ絵文字


もしも、今一番好きな料亭は何処 !? と聞かれれば間髪入れず、京都 嵐山吉兆と答えます ビックリマーク


何もかもが完ぺき故の安心感

いらっしゃいませではなく、お帰りなさいの笑顔で迎えてくれる居心地の良さ 感動泣き

一つ一つを丁寧に、美しい京の四季を目愛でる心


そんな空間に身を委ねる時間が、今一番の至福の時です しあわせ~


私たちはお芸者遊びなどをする訳ではありませんが ・・・ ここ嵐山吉兆で、極上の遊戯三昧を楽しみたいと思います ラブラブ!ラブラブ!


先ずは嵐山吉兆へお伺いする時、 “吉兆 おもてなしの美学” を充分に楽しむため、私たちも “吉兆 食事の心得” をしっかりと頭に叩き込んで伺います

受け入れる側がトコトン拘るのであれば、受けられる側もそれ相当に拘らなければ、到底楽しむことは出来ませんから  ・・・


それでは “ただいま~~” の気分で、“嵐山吉兆四季の会 ~ お正月 Ⅲ” を味わいたいと思います


名勝 嵐山の地に根付く京都 嵐山吉兆の門構え

P1011203 (2)

底冷えのする京都で、実に堂々たる風格です 顔


母屋

P1011208 (2)

手を加えない昔のままの姿は “歴史” を誇りとする日本一料亭のステイタスかもしれません


お玄関

P1011210 (2)
P1011212 (2)

一歩足を踏み入れると、ボ ~~~ ンと “日蔭の蔓 (ひかげのかずら)” が私たちを迎えてくれます


日蔭の蔓は万葉集の花としてもよく知られています


『見まく欲り 思ひしなへに かづらかげ
       
かぐはし君を 相見つるかも』
 

大伴家持
                
~ お逢いしたいと思っていたら、ちょうどその折しも、蔓をつけた素晴らしいお姿のあなたさまにお逢いすることが出来、とても光栄です ~


この万葉集で詠われる蔓は、常緑多年生のシダ植物です

山の斜面や崖など日蔭を好み、針金状の茎は細長く地上を這い、その全長は2mにも達します


また天照大神が天の岩戸に隠れられた時、アメノウズメノミコトが舞に用いたタスキが、天の香具山の日蔭の蔓だったと言われています 感動泣き

その緑色に輝く不変の生命力は古くから神聖なものとされ、大嘗祭、新嘗祭には冠の笄の左右に垂らし、現在でも様々な神事に使われています


流石、嵐山吉兆本店  ・・・ お玄関先から、古都 京都の香りが漂っています ぴかぴか(新しい)


今回私たちが準備していただいたお部屋 

P1011213 (2)
P1011217 (2)
P1011218 (2)

こちらのお部屋は母屋の奥座敷 テーブル デコメ絵文字 ・・・お正月にこちらを準備いただいたのは初めてですビックリ デコメ絵文字

シ ~~~ ンとした静寂の中にも、実に堂々たる風格が感じられるしつらえです 顔


お床  

P1011221 (2)

ここにも“日蔭の蔓” です ビックリ デコメ絵文字

これ↓

P1011223 (2)

お正月らしいお目出度い松とおしどりです 鳩 デコメ絵文字 鳩 デコメ絵文字


お部屋から眺めるお庭  鹿おどし デコメ絵文字 

P1011226 (2) 

やはり手を加えない昔のままの姿は “自然” と一番しっくり ・・・ お正月の嵐山が綺麗に見えます 自然 デコメ絵文字


テーブルには煙草盆 タバコ凸絵文字の画像 プリ画像

P1011224 (2)

こちらはお食事が運ばれてくると直ぐにお床へ移動されます



それでは京都の美しいお正月の彩りを、一椀一鉢に留めた京都 嵐山吉兆のお懐石と共にご紹介させていただきたいと思います  


お茶 お茶

P1011228 (2)

いつものお茶ですが、御祝いの膳の時には縁起を担ぎ、結び昆布と赤い実が入ります リボン


八寸

鮑酢 このこ椎茸 厚焼玉子 唐墨大根 牛舌旨煮 黒豆串打 蕗の藁田楽 

女将さん、ち~ちゃん (2)

先ずは女将さんのお屠蘇から お酒 デコメ絵文字


12年に一度しか登場しないお猿の器 もじもじ☆おサルさん デコメ絵文字

P1011234 (2)

12年後に再訪出来るかどうかを思うと、正に一期一会の心境です

これ↓

P1011239 (2)
P1011241 (2)

お目出度い雉酒です お酒 デコメ絵文字

蓋を開けると 目 ・・・

P1011245 (2)

も ~~~ ドレモコレモ絶品オンパレード ベル デコメ絵文字 ・・・ 完成度が高過ぎて何をどう表現していいのやら おぉ!

アワビ とゼリー餡が口の中で絡み合った瞬間 合格、キャ ~~~ 身体がトロケそうになる ~ ヤバイ きゃー デコメ絵文字

金粉が張られた美しい唐墨 ぴかぴか(新しい) ・・・ 主張が強いにも関わらず、とても素直な味わい

新年早々幸せ過ぎる品々です  しあわせ~


煮物椀

蟹 焼白子 餅 白味噌仕立て

P1011250 (2)

蓋を開けると 目 ・・・

P1011251 (2)

これ↓

P1011257 (2)

こちらは “嵐山吉兆四季の会 ~ お正月 Ⅰ・Ⅱ” でもいただき、即  “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” へ入ったお雑煮で、今回ご無理を言ってリクエストさせていただきました 携帯

ドロ ~ ッと濃厚な白味噌に辛子風味 味噌汁 デコメ絵文字

風味豊かな蟹がたっぷり カニ デコメ絵文字

カッタリと引きの強いお餅 もち デコメ絵文字

そして中からは大きな焼白子が 白子ポン酢 ・・・ ドロ ~ ッと濃厚な白味噌が更にドロ ~ ッと濃厚な白味噌に おぉ! ・・・ 究極の贅沢 キラキラ デコメ絵文字


そして  “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” 不動です


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


こちらの白味噌雑煮は私が過去にいただいた煮物椀の中、1番の感動を与えてくれた椀です   


蓋の絵柄 絵具 デコメ絵文字

P1011254 (2)

もう梅が咲いています 桃の花 デコメ絵文字


造里

鯛の鹿の子造り 湯霜足赤海老 

P1011259 (2)

鯛の鹿の子造りは、フレンチで言う鯛のウロコ焼 鯛 デコメ絵文字 ・・・ 皮目のプレゼンテーションが実にお見事です

赤海老は身が引き締まっていて肉厚 海老 デコメ絵文字

同じプリプリ食感でも、男性的な赤海老と女性的な鯛の両方を同時に味わえるなんぞ、極上の食感三昧としか言えません キラキラ デコメ絵文字


祝飯 

赤飯

P1011261 (2) 

蓋を開けると 目 ・・・

P1011263 (2)

まるでお団子のようにホクホクモチモチで温かく、最高に幸せなお赤飯です しあわせ~


箸休

湯葉蒸し 慈姑 焼穴子


P1011265 (2)

コレが箸休めとは絶対にあり得ない  ・・・ ご立派な蒸し椀です 食べ物 デコメ絵文字

温かい餡がカラダとココロに優しく、ワタシを幸せにしてくれる しあわせ~

許されることならばこのままず ~~~ っと食べ続けていたい幸せな味わい しあわせ~

こちらに入っている慈姑は “芽が出る” 縁起物の野菜としてお正月には欠かせない食材ですが、ココ嵐山吉兆でいただく慈姑は、きっと通常の何十倍もの縁起を担いでいるのだろうな !!!! デコメ絵文字!!!! デコメ絵文字 ~~~ と思ってしまいます


焼物

鰤つけ焼き 玉子芋 人参葉

P1011266 (2) 

鰤のつけ焼き絶品  ・・・ 言葉は不要 ・・・ コレまた究極の贅沢です キラキラ デコメ絵文字


焚合

丸大根 焼葱 肉つけ焼き

P1011270 (2)

取り分けて箸 デコメ絵文字  ・・・

P1011272 (2)

ドレもコレも京風薄味で優しい  ・・・ しかし家庭でも扱う食材で、どうしてここまで優しく表現出来るのでしょうか はてなマーク

嵐山吉兆で、京の冬野菜から冬に必要なビタミン大根 デコメ絵文字ネギ デコメ絵文字、京都牛から冬に必要なタンパク源 ステーキ を摂取  ・・・ ちょっと贅沢


御飯 香物

くじ御飯 火取唐墨 (大阪府産 「きぬむすめ」 使用)
梅蕪 壬生菜 昆布


P1011274 (2)


いつも私たちを担当してくださっている大好きなマリさん 着物 デコメ絵文字

P1011280 (2)
P1011276 (2)

これ↓

P1011284 (2)


一杯目 ごはん

P1011288 (2)

口の中で解れた鯛とご飯とが絡み合い 合格、フワッフワで贅沢も優しいご飯に仕上り お茶漬け デコメ絵文字、たっぷりの錦糸卵と三つ葉でリッチに ぴかぴか(新しい)


二杯目 ごはん

P1011290 (2)

ぐじのお替わりをいただき、ぐじとご飯が同量に  ・・・


三杯目 ごはん

P1011296 (2)

しっかりとおこげを  ・・・

味ご飯のお焦げって最高です


白い御飯 お釜 デコメ絵文字

P1011291 (2)

これ↓

P1011294 (2)

当然白いご飯もお替わり三杯 ごはんごはんごはん

勿論、こちらは “死ぬまでに絶対食べておくものリスト” の筆頭不変  


果物

三宝柑ゼリー 苺二種 

P1011300 (2)

これ↓

P1011304 (2)

苺は京都産 白雪小町 ピンクのいちご デコメ絵文字  とアキヒメ イチゴ


ち~ちゃんと白雪小町で乾杯 いちご

P1011307 (2)

三宝柑ゼリーの蓋を開けると 目 ・・・

P1011302 (2)

甘 ~ くて濃厚 柚子 デコメ絵文字 ~~~ 


菓子

若菜饅頭

P1011308 (2)

雪国の藁をイメージした器 雪国 デコメ絵文字

蓋を開けると 目 ・・・

P1011313 (2)

こちらは椿の葉の上に椿の花をイメージした作品 椿 デコメ絵文字

口の中に心地良く、いつまでいつまでも残る味わいです 

こちらの若菜饅頭は、吉兆創業者 湯木貞一氏が最も愛したお菓子と言われ、元々は若菜屋のオリジナルだったものを吉兆風にアレンジ !! デコメ絵文字 ・・・お正月の吉兆では恒例のお菓子となっています ベル デコメ絵文字


お薄

P1011315 (2)

あ ~~ ほっこり お茶 デコメ絵文字


塩番茶

P1011316 (2)



いつもながら、流石は嵐山吉兆のお正月です門松 デコメ絵文字 


この所、お正月には “福” をいただきに毎年オープン初日に訪れている嵐山吉兆 ビックリ デコメ絵文字 ・・・ “嵐山吉兆四季の会 ~ お正月 Ⅲ” でも、お料理の美味しさだけではなく、 “福” も一緒にいただきました しあわせ~


そしてこのお料理が、明日の私たちとなり、今年の私たちとなる 顔 


今年一年、どうか健やかで幸せでありますように  ・・・


嵐山吉の若き料理人 前田さん コック デコメ絵文字

前田さん、ちーちゃん (2)

前田さんは若き料理人コンテスト “RED U-35” のファイナリスト メダル デコメ絵文字 ・・・ フレンチシェフが多い中、日本料理では間違えなくトップクラスの料理人です 割り箸

今、こちらではお向こうを担当なさっていらっしゃり、この日いただいた感動の八寸は、正に前田さん作です ビックリ デコメ絵文字


春 ~ 夏 ~ 秋 ~ 冬 ~ 名勝 嵐山の地に根付く京都吉兆嵐山本店は、どこよりも美しく、美味しく、日本の四季を表現してくれます ぴかぴか(新しい) ・・・ それが日本最高峰の料亭と称される所以なのだと思います 顔


そして私たちが出した結論は ・・・


“京都吉兆嵐山本店は日本一敷居が高い料亭でありながら、門へ一歩足を踏み入れると、そこはどこよりも自分が自分にになれる場所 顔 ・・・ 嵐山のお屋敷が、俗界の雑念雑事何もかもを忘れさせてくれ、ココでだけは、あるがままの自分でいることが出来るのです しあわせ~


実際にお食事中は足を伸ばしたまま足 デコメ絵文字 ・・・お家でこんな悪いお行儀をすると怒られてしまいます爆弾 デコメ絵文字


・・・ だから私たちは、嵐山吉兆で過ごす時が一番好き


そして女将さん、前田さん、マリさんの三人が、門の外で私たちの乗ったタクシーが見えなくなるまで、ず ~~~ っと、見守っていてくださいました



“嵐山吉兆四季の会 ” ・・・次回はどんな出会いがあるのか、今からとてもワクワク ドキドキ 楽しみです



comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了

もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。
大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。
またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております !!

モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ♥LuLu♥ ★
★ QRコード ★
QR