フロリレージュ

こんにちは キラキラ の画像


先日料理評論家 山本益博先生に、新生フロリレージュへ連れて行っていただきました


【フロリレージュ】 とは、2009年、川手寛康シェフがオープンしたフレンチレストランで、都内で予約の取れない人気レストランの一つだったのが、2015年、移転リニューアルしてからは更に予約困難となった今最も人気のレストラン フォーク・スプーン デコメ絵文字


川手寛康シェフは、1978年生まれ、洋食のシェフであった父の影響を受け、迷わず料理人の道へ進み “オオハラ エ シイアイイー” “ル ブルギニオン” を経て渡仏し、星付き名店で修業

帰国後 “カンテサンス” のスーシェフとして日本初のミシュラン三ツ星を獲得 星星星

2009年、独立し “フロリレージュ” をオープン クラッカー

2015年、移転リニューアルした “新生フロリレージュ” で新たなステージへと進化 矢印 デコメ絵文字


新生フロリレージュのメニューは一皿ごとに川手シェフのメッセージを色濃く表現した13品が登場 フォーク・スプーン デコメ絵文字 ・・・ それは心の奥底に眠るイマジネーションを刺激するものばかり 恋の矢

フレンチでありながら日本の風土に想いを馳せ 、シェフの熱い感性でクリエートされた一皿一皿は、正に、眠っていた記憶や感動を呼び起こす新しいスタイルのフレンチ ぴかぴか(新しい)フォーク・スプーン デコメ絵文字ぴかぴか(新しい)



それでは川手寛康シェフの世界をご紹介させていただきたいと思います


エントランス ドア

エントランス (2)

青山3丁目交差点を原宿の方へ進むとあります

こちらの重厚なスチール製ドアは片手では開けられない位重い


レセプション ランプ デコメ絵文字

レセプション (2)

オープン間もないとあり、胡蝶蘭が所々に


ウエイティング 椅子 デコメ絵文字

ウイティング (2)

大きなドライフラワーアレンジがシンボル的存在ですね 花束 デコメ絵文字


メインダイニング テーブル デコメ絵文字

メインダイニング (2)

劇場型オープンキッチンは、最近のフレンチのスタイルです ビックリマーク デコメ絵文字

今やシェフはスターであり 星だよ。3つ の画像、作品が出来上がるまでのプロセスはショーであり 、キッチンは劇場 ベル デコメ絵文字 (シェフはダイニングへ姿を見せない昔ながらのスタイルはもう古い )

私は断然、シェフの顔の見えるオープンキチンが好き  ・・・ シェフがイケメンであれば尚更 にひひ


私たちが準備していただいたお席は、グラス棚をパーテンションとするオープン個室 机と椅子のデコメ絵文字

個室から見るメインダイニング1 (2)

こちらから川手シェフがよく見えます 目

個室から見るメインダイニング2 (2)

グラス棚もご立派です グラス デコメ絵文字


カトラリー ナイフとフォーク

P1000118 (2)

とっても軽くて口に入れ易い

そしてこのカトラリー置きは超薄型で薄焼き煎餅のよう おせんべい デコメ絵文字 ・・・ 重いカトラリーを置けば忽ち壊れてしまう 爆弾 デコメ絵文字


投影 ヤングコーン

P1000105 (2)

ヤングコーンの再構築 とうもろこし デコメ絵文字

これ↓

P1000110 (2)

まるでスイートポテトのように甘くてホクホク 芋 デコメ絵文字 ~ 子供の頃の夏休みの記憶が投影されているよう


連鎖 キャビア

P1000112 (2)

赤ワインソーダを掛けて 赤ワイン デコメ絵文字 ・・・

これ↓

P1000114 (2)

キャビア ダイヤモンド デコメ絵文字 にクリームチーズ カマンベールチーズ デコメ絵文字 に赤ワイン 赤ワイン デコメ絵文字 ・・・ これらが見る見る溶け合う様は幸せの連鎖反応かしら !!!!!!!! 2 デコメ絵文字


戸惑い 烏賊

P1000120 (2)


スタッフから “戸惑い” の説明を聞く益博先生 ☆びっくりはてな☆ の画像

P1000121 (2)

P1000124 (2)

イカスミフリットの中からはクリームがトロ 水滴 デコメ絵文字 ~~~う ん、説明を聞いてもよく分からず、戸惑うのは私たちの方かも

でも兎に角、パリパリ食感がコク深くて濃厚で止まらない  ~~~ 美味しさに戸惑いなし


風景 帆立

P1000131 (2)

これ↓

P1000133 (2)

こちらは浜辺の風景でしょうか 巻き貝 デコメ絵文字

帆立の周りはほんのりと火が入り !、中央はレアな状態 !ハート☆ ・・・ この二つの異なる甘さを 、キッチリと表現すところなんぞ、流石は火入れの天才 火 デコメ絵文字 川手シェフです


はしり 鮎

P1000140 (2)

これ↓

P1000142 (2)

正直、こちらの鮎には衝撃です 叫び

鮎の肝が濃厚でクリーミーなムース プリン デコメ絵文字 と泡 無題 デコメ絵文字 になり !! デコメ絵文字 ・・・ どんなに美味しい鮎の塩焼きよりも肝の苦みが一段と際立ち “鮎 さんま デコメ絵文字を感じる

この味を知ってしまったからには最早鮎は日本だけのものではない

こちらの “はしり” はきっと “季節のはしり” なのだと思いますが、私は “和食材を使ったフレンチのはしり” と取りました

こうして国境なき食材が、川手シェフの手によって一世一代の晴れ舞台へ登場して来るのです クラッカー


パン 食べ物だよ。パンだよ。ロールパン のデコメ絵文字

P1000135 (2)

ヤシの実の容器に入れられたパンは冷めないように白布が被せられています 雲 デコメ絵文字 ・・・ 他のフレンチレストランでは考えられない

これ↓

P1000136 (2)

パンは真っ白い、まるで酒饅頭のよう 大福 デコメ絵文字 ・・・ やはり他のフレンチレストランでは考えられない


分かち合う 塊肉

P1000145 (2)

岩手県産 ホロホロ鳥を丸ごと焼いて数名のテーブルで分かち合う チキン デコメ絵文字 ・・・ こうした食材とコンセプトのご紹介も魅力的 ラブラブ 

P1000148 (2)

“分かち合う” とは一つの命を何人かでいただくということ

命に、ご縁合ってご一緒させていただいた方々へ、心から感謝です

一羽の鳥は部位ごとに火入れの具合が変えられ、其々に異なった味わいと食感を演出 !! デコメ絵文字 ・・・ やはりここでも、流石は火入れの天才 火 デコメ絵文字 川手シェフですね


本質 海老

P1000150 (2)

ドライアイスで凍らせたチーズを掛けて溶解 水滴 デコメ絵文字

これ↓

P1000151 (2)

うん、本質の意味は分からない

でも海老 海老 デコメ絵文字 とチーズ エメンタールチーズ デコメ絵文字、美味しくない訳はなく  ・・・ これぞ、美味しさの本質に到達かしら


出逢い 鰹

P1000157 (2)

こちらは鰹と 魚 デコメ絵文字 日向夏との 柚子 デコメ絵文字 出逢い !! デコメ絵文字 ・・・ 何とも斬新でパーフェクトなコラボレーションです ぴかぴか(新しい)


パン

P1000159 (2)

こちらはメインに合わせたパンです 食べ物だよ。パンだよ。フランスパン のデコメ絵文字


原点 仔うさぎ

P1000162 (2)

仔ウサギは以前のフロリレージュからよくいただいたヴィヤンドで ウサギ*ラビット*兎*卯 の画像、川手シェフのお得意とする食材  ・・・ だから原点 ☆びっくりはてな☆ の画像

相変わらず、赤ちゃんのお尻のような柔らか食感は絶品  ・・・ 何も言われなくても、シェフのプレエンテーションだと分かります


薫り 花 チーズ

P1000163 (2)

ブーケ デコメ絵文字 とチーズ エメンタールチーズ デコメ絵文字、共通点は究極の薫り


予感 マンゴー

P1000166 (2)

こちらはズバリ、夏の予感 麦わら帽子 デコメ絵文字

ココナッツのブランマンジェとパッションフルーツの アイスクリームの上には宮崎県産 完熟マンゴー マンゴー デコメ絵文字、 白いパウダーは牛乳のシャーベット アイスクリーム デコメ絵文字 ・・・ キューッと冷たくて甘 ~~~ くて 、もう気分は100%夏です


再生 ミルク

P1000168 (2)

これ↓

P1000172 (2)

熱々の南部鉄器には香り高い胡麻、そこへフワフワのフロマージュを盛りつけるという強行パフォーマンス  ・・・ 東北の再生を願い 、こちらは東北のミルクで作られたフロマージュなのだそうです 牛乳 デコメ絵文字

そしてそこへ胡麻油を数滴垂らすと しずく デコメ絵文字 、見る見る鉄器の中のフロマージュがトロットロ ~ に溶けていく 水滴 デコメ絵文字 ~~~

何てコク深く、滋味深い一品なのでしょう 顔


不巧 卵 米

P1000173 (2)

こちらは卵黄のアイスクリーム ソフトクリーム デコメ絵文字、卵白と米のソース ポット・白・湯気 デコメ絵文字 、卵白の殻 卵を割ったら…。 デコメ絵文字 で構成 !!!! デコメ絵文字 ・・・ 溶けても崩れても、絶対に不朽の精神で走り抜く  という川手シェフの決意が伝わって来ます 恋の矢

でもお味はまろやかでクリーミーで ハート+くるくる の画像、シェフの優しい一面も想像出来ます 顔


最後に

P1000176 (2)

こちらは佐藤錦よりも佐藤錦な佐藤錦 実写チェリー デコメ絵文字 ・・・ 以前のフロリレージュからの定番です ベル デコメ絵文字



じつは移転前のフロリレージュには月一でランチ会へ行っており、その時はシンプルに食材の良さ !、ポーションの多さ !ハート☆、そして川手シェフのフォアグラのプレゼンテーション ! が魅力でした ハート の画像

そして今回、新生フロリレージュでもそれらを期待していたのですが  ・・・ 実に見事に 、裏切られてしまいました  ~ 良い方へ ビックリ デコメ絵文字

新生フロリレージュの魅力は、食材や量ではなく、川手シェフのセンスを堪能するもの ハート の画像 ・・・ フロリレージュと言う素晴らしい劇場で ベル デコメ絵文字 ・・・


フロリレージュ劇場へ連れて行っていただいた益博先生 、主役の川手シェフ コック デコメ絵文字

益博先生、川手シェフ (2)

素晴らしい時間をどうもありがとうございます



来月はランチで、また伺います フォーク・スプーン デコメ絵文字



comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR