ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 京都吉兆嵐山本店 Ⅴ

 
こんにちは 音譜


先日、九回目の京都・大阪ミシュラン へ行って来ました


京都・大阪ミシュランパートナーは、大学時代の親友 ち ~ ちゃんです おとめ座


今回は 『ミシュランガイド京都・大阪版2013  本 で、(当然) 三つ星料亭 星星星 に輝いた京都吉兆嵐山本店です ビックリマーク


昨年のお正月にお伺いした時、女将さんにお願いして一年を通し、 “嵐山吉兆四季の会”  を行うこととさせていただいて一巡 合格、今回は、 “嵐山吉兆四季の会 ~ 春 Ⅱ” ・・・ と言うことになります


もしも、今一番好きな料亭は何処 !? と聞かれれば、間違えなく、京都 嵐山吉兆と答えます ビックリマーク


何もかもが完ぺき故の安心感

いらっしゃいませではなく、お帰りなさいの笑顔で迎えてくれる居心地の良さ 感動泣き

一つ一つを丁寧に、美しい京の四季を目愛でる心


そんな空間に身を委ねる時間が、今一番の至福の時です しあわせ~


私たちはお芸者遊びなどをする訳ではありませんが ・・・ ここ嵐山吉兆で、極上の遊戯三昧を楽しみたいと思います ラブラブ


先ずは嵐山吉兆へお伺いする時、 “吉兆 おもてなしの美学” を充分に楽しむため、私たちも “吉兆 食事の心得” をしっかりと頭に叩き込んで伺います

受け入れる側がトコトン拘るのであれば、受けられる側もそれ相当に拘らなければ、到底楽しむことは出来ませんから  ・・・


それでは “ただいま~~” の気分で、“嵐山吉兆四季の会 ~ 春 Ⅱ” を味わいたいと思います


この日京都は朝から雨 雨 ・・・ しかし私たちは一度、雨の嵐山吉兆を尋ねてみたかったのです


その理由はこちら これ↓


“嵐山吉兆番傘 

P5114686150516.jpg

車寄せからお玄関までは僅かな距離ですが、門番の方がこちらの “嵐山吉兆番傘” を差し出してくださいます

何とも乙なサービスですよね 


今回私たちが準備していただいたお部屋 携帯

P5114689P5114686150516.jpg
P5114690P5114686150516.jpg

“嵐山吉兆四季の会 ~ 冬” で、私たちが初めてお邪魔した時にもこちらのお部屋でした ビックリマーク

季節が変わればしつらえも変わり、イメージも変わりますが、こちらは格調がありながらも開放感のある大好きなお部屋です 顔


お床

P5114695P5114686150516.jpg

こちらのご立派な鎧兜は、嵐山吉兆のご長男 一樹さんがお生まれになった時の物だそうですビックリマーク

そして毎年この時期、こちらのお部屋に飾られているのだそうです ベル

嵐山吉兆では美味しいお料理をいただくだけではなく、こうして貴重なお品を拝見し、昔から受け継がれているエピソードを伺うだけでも、心がとても豊かになります


飾棚 リボン

P5114693P5114686150516.jpg

無駄がなく、真っ直ぐに伸びている菖蒲  ・・・ 凛としていて素敵です


こちらのお部屋からはお庭がよく見えます 目

P5114702P5114686150516.jpg

紙燭のあるしつらえ ひらめき電球 ・・・ 大好きです 顔


“嵐山吉兆流菖蒲 ビックリマーク

P5114697P5114686150516.jpg

端午の節句では本来、菖蒲を屋根の上に置き、菖蒲で屋根を払うことで、お子さまの厄を払うと言われているそうですが ・・・ こちらではお庭に小さな屋根を造り、そこへ菖蒲を置き、お客様へも見えるようにしているのだそうです ビックリマーク  流石 “嵐山吉兆流菖蒲” 、恐れ入りました


雨に映える新緑

P5114699P5114686150516.jpg

雨の中の新緑って、一段と鮮やかで綺麗ですよね 宝石緑

詫び寂びなんて微塵もない理系女子の私たちですが、何故か、ココへ来ると心がしっとりとして来るような気がします 



それでは、京都の美しい秋の彩りを、一椀一鉢に留めた京都吉兆嵐山本店お懐石を、ご紹介させていただきたいと思います  


お茶 お茶

P5114705P5114686150516.jpg

先ずは一服

薄味の中にも甘味と苦味と渋味がしっかりと感じられます  


お茶を飲み終えると、テーブルの上にある煙草盆はお床へ移動

P5114703P5114686150516.jpg

なるほど ・・・ 粋なお作法ですね


八寸

帆立酢 ぐじ小串 蕗のとう白和え 鯛磯辺巻 鶏ぬた和え 鯛の子 麩蒲焼

P5114711P5114686150516.jpg 

これ↓

P5114709P5114686150516.jpg

春です  ・・・ 視覚にも味覚にも、春がたっぷりと盛り込まれています 合格


葉の下は 目 ・・・

P5114717P5114686150516.jpg

も ~~~ ドレモコレモ、絶品オンパレード ベル ・・・ 完成度が高過ぎて何をどう表現していいのやら !?

中でもお麩の蒲焼きは衝撃的  ・・・ 食感だけで味わうお麩が、蒲焼きにすることでこんなに美味な味わいになるなんて おぉ! ・・・ 料理って奥が深 ~~~ いですよね 顔


あっ、お小鉢にあらし山の文字が 目 ・・・

P5114713P5114686150516.jpg
 
細かいところまでに行き届いた心遣いに、心を打たれます 恋の矢


吉兆のお酒は甘目で私好み ラブラブ!

P5114714P5114686150516.jpg

中には菖蒲が浮いています キラキラ

飾り棚の菖蒲を目で見ながら 、菖蒲酒を一杯 400 ・・・ 何て幸せな春の感じ方なのでしょう しあわせ~




鯛葛叩き 独活 干子

P5114719P5114686150516.jpg 

これ↓

P5114721P5114686150516.jpg

ワッ おぉ!  美味しい 顔

鯛を葛で覆うことで、鯛の旨みがお汁へ流れ出ず、しっかりと味の中へ閉じ込められています めでたい!


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


薄味なのに、どうしてこれ程身体の髄まで浸み渡るのでしょう おぉ! ・・・ 涙が出る位、カラダにもココロにも、とても優しいお椀です 感動泣き  


造里一

虎魚

P5114725P5114686150516.jpg 

これ↓

P5114723P5114686150516.jpg

虎魚の身って、顔に似合わずに綺麗でシコシコしているのですね  ・・・ 見た目からは想像もつかない  

そして嵐山吉兆腕の見せ所、透かし蕪 だいこん も健在です

向こうがしっかりと見えますよね 目 ~~~ ・・・ コンタクトレンズみたい 宝石白


造里二

帆立焼霜 とろ焼霜

P5114729P5114686150516.jpg 

これ↓

P5114726P5114686150516.jpg 

帆立タタキはタレで !ハート☆

とろタタキは醤油とスライスガーリックで !

様々な組み合わせで、味と食感のお楽しみです ラブラブ


お造り一の虎魚も、お造り二の帆立やとろも、何処産かではなく 、何処の調理場で調理されたか  ・・・ これに尽きますね  


箸休

豌豆スープ

P5114730P5114686150516.jpg 

たっぷりのグリンピースをシンプルなお澄ましで 枝豆 ・・・ あ ~~~、癒されます  


焼物一

稚鮎塩焼き二丁


P5114733P5114686150516.jpg

鮎は琵琶湖で捕れたこの時季の名物だそうです うお座

回りはサックサク、中はフワフワ ~~~ でジューシー ~~~ ウインク も ~ 堪りません ラブ、ち ~ ちゃんも私もキャ キャ ~~~

稚鮎ってどうしてこんなに美味しいのでしょう  ・・・ 更に、吉兆の稚鮎ってどうしてこんなに優しいのでしょう 感動泣き


焼物二

稚鮎唐揚二丁

P5114736P5114686150516.jpg

唐揚の方は回りはパリッパリ、中はやはりフワフワ ~~~ でジューシー ~~~ ウインク も ~ 堪りません ラブ、またまたち~ちゃんも私もキャ キャ ~~~

そして頭もシッポも骨もなにもかも、丸ごとぜ~んぶいただけるって、ホント、贅沢なことですよね ぴかぴか(新しい)


鮎と言えば、勿論蓼酢 ビックリマーク

P5114735P5114686150516.jpg

蓼酢の苦酸っぱさと稚鮎独特なコクがピッタリ

蓼食う虫も好き好きと言いますが ・・・ 私は、鮎には絶対に蓼です


蓼酢がなくなって顔を出した “吉”

P5114738P5114686150516.jpg

こちらは決して “当たり” ではありませんでした 


焚合

筍昆布焼 焼万願寺唐辛子

P5114739P5114686150516.jpg

こちらの器は北大路魯山人作 ベル ・・・ やはり味がありますね 顔

P5114742P5114686150516.jpg 

こちらはお椀の中身まで、余りに味わい深く おぉ! ・・・ 内緒で料理方法を伺って見ました

こちらは筍を昆布と一緒にフライパンで焼いたものだそうです ビックリマーク ・・・ なるほど、それで淡泊な筍がグ ~~~ ンと味わい深くなっているのですね 筍
    


御飯 香物

小芋御飯 鶏塩焼き 菜種 柴漬け 長芋 昆布旨煮

P5114743P5114686150516.jpg 

これ↓

P5114745P5114686150516.jpg

一口食べた瞬間、 “死ぬまでに絶対食べておくものリスト” へ即入閣です ビックリマーク

里芋のツルツルネバネバ感とオジヤのような柔らかいご飯とが絡み合い 合格、フワッフワでとっても優しいごご飯に仕上がっています ごはん


ココでお替りお釜が登場 ビックリマーク

P5114746P5114686150516.jpg

当然お替りを 割り箸 ・・・

P5114749P5114686150516.jpg

私は女将さんに、底のお焦げ部分をリクエスト にひひ ・・・ するとホントに、底からお焦げをよそってくださいました 叫び

味ご飯のお焦げって最高です



果物

メロン マンゴー グレープフルーツゼリー 苺


先ずはこちらの波のお皿が 波 ・・・

P5114753P5114686150516.jpg 

はっきりとした色使いですね


P5114750P5114686150516.jpg

こちらはごく普通に盛られていますが、一つひとつが素晴らしい果物たちです ぴかぴか(新しい)

メロンは静岡県産 マスクメロン めろん マンゴーは宮崎県産 太陽の卵 マンゴー 苺は京都産 アキヒメ イチゴ

その季節に成る果物の “ココが一番美味しい部分” が一皿の中に集結 合格

一つひとつが美しく、はっきりと主張されている果物たち !! ・・・ まるで宝石のようです 指輪

P5114755P5114686150516.jpg

 オリジナルカスタードソースを掛けて みずがめ座 ・・・

P5114759P5114686150516.jpg

オリジナルカスタードソースを掛ければ、果物と言うよりもフルーツのスイーツといった感じ パフェ ・・・


お菓子

山つつじ 胡桃

P5114763P5114686150516.jpg 

これ↓

P5114761P5114686150516.jpg

口の中に、いつまでも残る味わいです


お薄

P5114766P5114686150516.jpg

あ ~~ ほっこり


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~ 薄茶は、直接茶碗を手に取っていただくので、指輪で傷をつけないように、あらかじめはずしておきたいものです ~


今回も、指輪、マニキュアなどは取ってお邪魔しました 指輪 ・・・ 付けることより、外すことが、正しいマナーということもあるのです



京都吉兆嵐山本店 女将からのご挨拶

P5124821P5114686150516.jpg

こちらは “ふみか” と言われる香りの栞です 桜

“心を通わせたいあの方へ、季節の便りにしのばせて・・・。”

季節ごとに、女将さんのお気持ちをいただいております


京都吉兆嵐山本店の女将 ビックリマーク

P5114767P5114686150516.jpg

ち ~ ちゃんも私も大好きな、そして憧れる女性です ラブラブ



“嵐山吉兆四季の会” も今回からは二巡目です


春 ~ 夏 ~ 秋 ~ 冬 ~ 名勝 嵐山の地に根付く京都吉兆嵐山本店は、どこよりも美しく、美味しく、日本の四季を表現してくれます ぴかぴか(新しい) ・・・ それが日本最高峰の料亭と称される所以なのだと思います 顔


そして私たちが出した結論は ・・・


“京都吉兆嵐山本店は日本一敷居が高い料亭でありながら、門へ一歩足を踏み入れると、そこはどこよりも自分が自分にになれる場所 ビックリマーク ・・・ 嵐山のお屋敷が、俗界の雑念雑事何もかもを忘れさせてくれ、ココでだけは、あるがままの自分でいることが出来るのです しあわせ~


・・・ だから私たちは、嵐山吉兆で過ごす時が一番好き


女将さんに “今後ともどうぞ末長く、よろしくお願いいたします” と、ご挨拶をした図々しい私たち  ・・・


今度はどんな出会いや発見があるのかワクワク ドキドキ

“嵐山吉兆四季の会 ~ 夏 Ⅱ” も今から楽しみにしております



そして “嵐山吉兆四季の会” 後のお楽しみは “嵐山吉兆女将お勧め 京都のお菓子巡り”


今回は桂川の中村軒 ビックリマーク

P5114772P5114686150516.jpg

こちらの向かいに桂離宮があります  


中村軒の看板 “麦代餅 もち

P5114774P5114686150516.jpg

“麦代餅” の云われは、かつて農作業の際、間食として食べていたこの麦代餅と、麦とを物々交換していた名残だそうです ビックリマーク

農作業の間食とだけあり、かなりガッツリした餅菓子  ・・・ 京都双葉の “豆大福” も相当なガッツリ系でしたが 、京都の餅菓子ってそうなのでしょうか !?

流石、嵐山吉兆の女将さんオススメの餅菓子だと頷けます


こちらも中村軒の看板 “きんつば ” “白きんつば

P5124830P5114686150516.jpg

こちらの黒は北海道産小豆 !、白は備中白小豆 !ハート☆と ・・・ 厳選した素材を使用し、昔ながらのおくどさんで炊き、職人が手間を惜しまずに作り上げたきんつばです 合格

黒は一般的ですが、白きんつはとても珍しいですよね  ・・・ どちらも上質で、後味がサッパリしていて癖のないきんつばです



comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了

もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。
大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。
またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております !!

モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ♥LuLu♥ ★
★ QRコード ★
QR