ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 神楽坂 石かわ Ⅲ

こんにちは 音譜


先日、三十一回目のベジフルミシュランへ行って来ました


ベジフルミシュランパートナーは勿論、野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドザイザー同期のtakaccoさん  


ベジフルミシュラン固定店となりました 大阪 ハジメレストランガストロ ノミックオオサカ ジャポン神楽坂石かわ 、そして神保町 傳 の中から、今回はミシュラン東京三つ星レストラン 星星星 神楽坂の “石かわ” です。 



“神楽坂石かわの会三回目”
   



石かわの門構え   

120904P8250153.jpg  

神楽坂のど真ん中、黒木塀と表札のみという凛とした佇まいは、風格が感じられます ベル   


石かわエントランス ドア 

120904P8250155.jpg 

あし

120904P8250156.jpg   

黒木塀の中へ足を踏み入れると、入口さえ分からない位にひっそりとした佇まい       

 
プレート  

120904P8250158.jpg   

こちらは栗の木でつくられたお盆だそうです くり


今回はお料理教室エミーズのクラスメイト 裕子さんもご一緒です ビックリマーク

120904P8250161.jpg   

裕子さんはあのキッチンアイテムで有名な “貝印 帆立の奥さま ・・・ と言うより、ご主人様の強いビジネスパートナーでもいらっしゃいます !!

ともなれば当然職業柄、世界中の食情報に精通していらっしゃいます

この日も石かわのご主人や料理人の方々と、食について様々な楽しい話題が飛び交いました DASH!DASH!


そしてホント偶然なのですが、裕子さんはtakaccoさんの同じ大学  同じ学部  同じ学科  の先輩でもいらっしゃるのです おぉ! ・・・ これもきっと何かのご縁なのでしょうね 顔 ~~~


今回は石かわご自慢のお湯呑みも、ご一緒にご紹介させていただきたいと思います お茶 ・・・ 陶器好きなご主人らしく、決して同じお湯呑みでは出されません


お湯呑み一つ目

120904P8250162.jpg


先付


生うに 蓴菜 長芋  

120904P8250165.jpg 

120904P8250168.jpg 

   行き成りゼリー登場  クラッカー

石かわのゼリー、大好きです ラブラブ

フワフワなウニ、コリッコリな蓴菜、サクサクな長芋、この三食感にプルップルゼリーが絡めば 合格 ・・・ 当然合わない訳がない  


石かわのゼリーは正に、食べるダイヤモンドです 宝石白


揚物

鱧と鱧の子
新銀杏 椎茸
 

120904P8250170.jpg    

鱧の子って初めていただきましたが、パクパク幾らでも進みます  ・・・ 懐かしい位に

今まで食べたことはない筈なのに  ・・・


通常揚物はお懐石の最後の方で出されることが多いのですが  ・・・

石川氏曰く、 “揚物を最後で出せば満腹になっていてどうしても油っこく感じてしまいがちなので、うちではこの位置で出します


だから、石かわでいただく揚物は、いつも揚げ具合が絶妙でクリアーに美味しいのですよね ぴかぴか(新しい) 


お湯呑み二杯目

120904P8250171.jpg


椀物 

小鯛と玉蜀黍のしんじょ 

120904P8250172.jpg 

“も ~ ダメ ショック!

“この美味しさは一体何処から来るの はてなマーク

“ヤバイよ ガーン ~~~”

このお出汁、いろ ~ んな旨みがギュギュッと凝縮されており 合格 ・・・ 一口飲んでも ~~~、ノックアウト 爆弾


前回いただいた椀物も、前々回いただいた椀物でも、全く同じでした ビックリマーク


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです ラブラブ

そしていつもこの椀物で、そのお店のレベルを測ります サーチ (ちょっと偉そう )


嵐山吉兆の心得  に、

~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~

とあるように、椀物はそのお店の看板と言っても決して過言ではありません


だから私は、いつも椀物は、心していただきますビックリマーク


造り一品目

福子

120904P8250174.jpg
    
福子はスズキの稚魚 うお座 ・・・ 身がとても美しいピンクホワイト、お味は淡泊でプリプリ ウインク

その分何とでも合いますが、大好きな石かわのワザビをたっぷり付けていただけば、素材そのものの味がジワ ~~~ ッと浸み渡ります キャ


石川氏曰く、 “何処産とかは気にしていない、ただその日の一番良いモノを集めているだけです”


なるほど ・・・ “何処産” に拘るのはある意味素人的かも

“本物は自らの目で、舌で拘るモノ ・・・ ですね ビックリマーク 石川のご主人


造り二品目

蒸し鮑 

120904P8250177.jpg
  
分厚くて大きい おぉ!、シコシコで柔らかい 顔

肝が濃厚 ラブラブ

一品目の福子もそうでしたが、二品目も鮑をシンプルに堪能するための一皿です アワビ


しかしここまで魚介類をシンプルに楽しむには、やはり素材の良さ ビックリマーク ・・・ これに尽きますね


お湯呑み三杯目

120904P8250178.jpg    


焼物

鰻炭焼き 翡翠茄子 

120904P8250179.jpg  

イヤ ~ ン、鰻がフワフワでオイリー ラブ

翡翠茄子がフワフワでジューシー ナス

それを大根おろしでいただけば、フワフワフワ ~~~~ ッと舞いあがって行きそうです

ん ~~~ どうやら、石かわの食感の魔法に掛けられたようですね


中皿

鮎素麺 

120904P8250182.jpg   

コレ、中皿と言えども、立派な食事です お蕎麦。

炭水化物タンパク質 脂質ビタミン・ミネラル ・・・ 立派な一食分です ビックリマーク

コレをここで出してくるなんて 叫び ・・・ やはり石かわは只者ではないと確信  


煮物

牛たんと豆腐の玉締め 

120904P8250183.jpg  

出ました、ここで更に小鍋です  クラッカー

しかし牛タンってこんなに柔らかかったっけ !?、お豆腐ってこんなに滑らかだったっけ !?

今まで何度となく食べている食材ですが、初食感覚は不思議です

そしてこのお出汁は最高 ぴかぴか(新しい)“生きてて良かった 顔 ~~~” と思う瞬間 ・・・ 思わず鍋を抱えてお出汁を全部飲んでしまいました


お食事前の小鍋は食欲をそそります  ・・・ コレが石かわ流


お湯呑み四杯目

120904P8250185.jpg


食事

毛がにの釜炊き込みご飯 味噌椀 香の物

先ずはご紹介 ビックリマーク   

120904P8250188.jpg     

ご主人 ~~~ そんなにお顔を乗りださなくっても充分に分かりますよ  ~~~ ・・・ 何処迄も天然なご主人、大好きです

何だかご主人のお顔が毛がにに見えて来ました カニ


120904P8250186.jpg 

こちらは本物の蟹だ カニ ~~~~~ 


120904P8250190.jpg 

スゴイ身と味噌 目


120904P8250192.jpg 


先ずは一杯目  

120904P8250196.jpg 

一口食べた瞬間、 “死ぬまでに絶対食べておくものリスト” へ即入閣です ビックリマーク

解した蟹のフワフワ感とご飯のフワフワ感が口の中でフワ ~~~ ッと広がり 合格、温かさと共に蟹の香りが更にフワ ~~~ ッと広がります 合格合格 ・・・ ちょっと表現不可能  

幸せ ~~ ですの一言 しあわせ~


二杯目  

120904P8250198.jpg  

も ~~~ 何杯でも食べていたい  ~~~

終わりたくない  ・・・ この瞬間 割り箸


デザート

桃 葡萄 梨 メロン 酢橘のシャーベット 

120904P8250201.jpg    

旬のフルーツのイイとこだけを集めたこの唐津の器 キラキラキラキラ

そして酢橘のシャーベットが すだち フルーツとこんなに合うとは おぉ! ・・・


最後の最後のデザートまで、絶対に手を抜かない石川の拘りを感じます  


最後は緑茶で お茶 

120904P8250202.jpg  

やけに緑茶を美味しく感じるのは、ココロとカラダが充分に満たされているからなのでしょうか !?



初めて食べた食材なのに、とても懐かしさを感じたり  ・・・

今まで何度も食べている食材なのに、不思議と初めての食感を覚えたり  ・・・

やはり私たちの食の感性を決めてくれるのは、間違えなく、ここ石かわであることを再確認 ベル

自然と身に付く石かわの味 ぴかぴか(新しい)、石かわの流儀 ぴかぴか(新しい) ・・・

私たちの食の感性はここで、これからも育って行くのでしょうね



そして初石かわの裕子さんも、流石にこのお料理には感動 恋の矢

これから “神楽坂石かわの会”  には、裕子さんもご一緒することとなりました ニコニコ



次回、三十二回目のベジフルミシュランは、 話題の現代フレンチ “ランベリー ナイフとフォーク” を予定しております。



comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了

もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。
大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。
またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております !!

モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR