“死ぬまでに絶対食べておくものリスト” 裏メニュー Ⅱ ~ 片岡シェフのシェフズ米リゾット

こんにちは 音譜


前記事に続き、絶品裏メニューのもう一つをご紹介させていただきたいと思います  


2つ目は、アルポルト “ 片岡シェフのシェフズ米リゾット” です  


片岡シェフと言えば今やTV雑誌に引っ張りダコの人気シェフですので 、恐らくご存知の方も多いと思います  


片岡護シェフは、1948年9月15日、東京生まれ ビックリマーク

当時、お母様が勤務なさっていた外交官宅の外交官の方が、イタリア総領事として赴任が決まった時、 “総領事付き料理人としてイタリアへ来ませんか !?とお声を掛けていただいたのが、イタリアンシェフとなる切っ掛けだったそうです

その後イタリアへ渡り、総領事付き料理人として日々修行の毎日

暇を見つけては足繁くレストランに通い、その数は数え切れない程とか  ・・・

5年後に帰国 飛行機

“小川軒” “マリーエ” を経て1983年、西麻布に ”アルポルト” をオープン クラッカー


【アルポルト (Al Porto)】 とは、イタリア語で “港にて” という意味を持ち、シェフはこの “港” に込められた一つの物事のはじまり (出港) と終わり (帰港)、また人生の出発と終着という意味をとても愛していたそうです ビックリマーク


またイタリア総領事館時代、仕事が空い時に研修に行っていたリストランテも、ミラノにある名店 “アルポルト” ナイフとフォーク

西麻布の ”アルポルト” は、ミラノの “アルポルト” の名を公認で譲り受けた由緒正しい正統派イタリアンレストランです  ベル


そしてシェフご自身、現在日本のイタリア料理界の重鎮であり 星、TV雑誌に引っ張りダコの人気シェフでもあります



それではアルポルトコースランチと共に、“ 片岡シェフのシェフズ米リゾット” をご紹介させていただきたいと思います

通常このシェフズ米リゾットは、ディナーのアラカルトの中に裏メニューとして存在しますが、私はランチのコースの中で追加していただいております


アルポルト入口 !

120807P1050573.jpg

西麻布の交差点から少し広尾方面に行った小道沿い、蔦のアーチが出迎えてくれます


降り階段 !ハート☆

120807P1050574.jpg

この階段の下に、アルポルトエントランスはあります ドア


メインダイニング ナイフとフォーク

120807P1050576.jpg

レトロで何処となく懐かしい空間は、片岡シェフのクラシカルなイタリアンをいただくには最高のステージです


何も言わなくても、私のいつもの指定席

120807P1050579.jpg
120807P1050580.jpg

この古いライトスタンドが、ここだけ、都会の喧騒から隔絶した別空間を演出してくれます ひらめき電球


パン

自家製フォカッチャ レストランフランスパン

120807P1050583.jpg 

この手前のフォカッチャが大好き 食パン ・・・ いつも3 ~ 4個お替りします にひひ


冷たい前菜一品目

真鯛のカルパッチョの昆布〆

120807P1050592.jpg

お前菜にカルパッチョは付き物ですが片岡シェフのは格別  ・・・ 味具合が最高です

また夏には昆布〆がピッタリ


冷たい前菜二品目

人参ムースと北海道産 ウニのコンソメジュレ

120807P1050600.jpg

ん ~~~、ジュレの冷たさが細胞の隅々にまで行き渡ります ウインク

120807P1050599.jpg

人参  とウニ  ・・・ ジュレに浮くオレンジゴールドのコントラストが美しいですね ぴかぴか(新しい)


温かい前菜一品目

大分県産 鱧のフリット ワサビソーズで

120807P1050608.jpg

カモメのお皿が夏ムード全開 アップ

120807P1050611.jpg

フリットは大好きな調理法ですがワザビソースでいただくのは初めて  ・・・ 想像以上に合います


温かい前菜一品目

フランス産 フレッシュフォアグラ イチジクを乗せて フォンドボーソースで

120808P1050613[1]

フォアグラとイチジクは定番中の定番  ・・・ やはりこうこなくっちゃ  と言う納得の味です


そしてここで登場です クラッカー


アルポルト裏メニュー ベル 片岡シェフ作 シェフズ米リゾット ベル

120807P1050620.jpg
120807P1050623.jpg 

濃厚なチーズ風味と食感豊かな雑穀たちが絡み合い 合格 ・・・ 正直私、完ぺきな “シェフズ米リゾット依存” です 顔


でもコレ、美味しいだけではありません

シェフズ米リゾットを食べた翌日はお肌も体も絶好調  ・・・ 究極のアンチエイジング食でもあるのです !!

も ~ 毎日食べて、キレイで健康でハピーになりた ~ い


120807P1050626.jpg

中には手長海老とアンティチョークがゴロゴロ おぉ! ・・・ 堪りません ラブ



そしていつもここで、片岡シェフが私のテーブルへ確認に来てくださいます ビックリマーク


“お腹具合はどう !?

“後どれ位行けそう !?

“パスタは行けそう !? メインは !?


私は毎度同じ回答です ニコニコ


“全然OKです

“パスタもメインもノーマルで


“じゃあ今作るね
と言ってシェフは厨房へ ・・・


何だか家の中で交わされている母と子の会話のようですね ラブラブ!



パスタ

フレンチトマトとバジリコパスタ リコッタチーズを乗せて

120807P1050628.jpg

このリコッタチーズの絡み具合が堪らない チーズ ・・・ ねっとり濃厚で キャ、でも後味サッパリ キラキラ

片岡シェフはパスタの魔術師ですね


メイン

のどぐろのソテー 赤ワインソースで 生トウモロコシのフリット

120807P1050634.jpg
120807P1050638.jpg

のどぐろは調理法で全く味覚が変化するお魚 うお座 ・・・ ソテーでふっくら淡泊な仕上がりとなり 合格、濃厚な赤ワインソースとピッタリです


お口直し

桃のマリネとバニラアイス シャンパングラニテ

120807P1050640.jpg

桃、バニラアイス ソフトクリーム、シャンパン 白ワイン ・・・ 好きなものばかりです ラブラブ


デゼール

アメリカンチェリータルトとティラミス

120807P1050642.jpg

片岡シェフのデセールは料理界でも定評があります ベル

その証拠に、パティシエの鎧塚氏と女優の川島なおみさんのお披露宴の際のデセールは 、パティシエである鎧塚氏がわざわざ片岡シェフへお願いなさった位ですから  ・・・

その時に出されたものが、こちらのティラミス ビックリマーク ・・・ 正真正銘、これは日本一のティラミスです


コーヒー

120807P1050647.jpg



アルポルト 片岡シェフ ビックリマーク

120807P1050649.jpg

シェフは私が通っておりますお料理教室 エミーズでも、イタリアンの講師をなさっており、私も何度か受講させていただいております メモ ・・・ つまりシェフは、私のイタリアンの先生と言うことになります 顔

ネッ、せんせっ



ご紹介させていただきました “ 片岡シェフのシェフズ米リゾット”  には、片岡シェフプロデュース  “シェフズ米” が100%使われています ビックリマーク

120807シェフズ米

こちらは以前にもご紹介させていただきましたが、私自身雑穀エキスパートとし、迷わず、No.1雑穀とさせていただいております 

どうぞご覧くださいませ 

これ↓

シェフズ米



comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

杏林予防医学研究所アカデミー
ベル 上級講座修了

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

辻調理師専門学校
ベル 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

“凛としてしなやか” なヒトに憧れます ♡♡

“シンプル・無機質・ソリッド” なモノに憧れます 💛💛

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR