ミシュラン一つ星レストラン ☆ モナリザ

こんにちは 197


去年のことになりますが、AMY’Sのクラスメートsoniaさんと、モナリザ恵比寿本店 271 へ行ってきました。 


モナリザ のオーナー、河野透シェフはあのロブションの愛弟子であり、恵比寿タイユバンロブション 497 初代シェフとして4年を務めた後、13年前の1997年、同じ恵比寿にモナリザ本店をオープン 314


店内はクラシカルにまとめられていますが、モノトーンで落ち着いた雰囲気が、くつろぎの空間 228 を演出しています。

私たちが今回過ごしたテーブルは、メインダイニングと一枚ガラスで区切られ、二方向を大きな植え込み 255255 で囲われている屋根付きテラス席です。
メインダイニングでは味わうことの出来ないこのカフェスタイルダイニングが、楽しさとリラックス感を益々アップ アップ してくれます。

そしてこの日は生憎の雨 279 でしたが ・・・ しかし屋根に当たる雨音 341 が、メインダイニングに流れているであろうBGMとはまた違った、趣のある雰囲気 218 を醸し出してくれていました。
パリ帰りのsoniaさんも、“この感じフランス 498 にいるみたい ・・・” と大変お気に入りでした。
私もこの自然の雨音という偶然の演出に、いつになく興奮 269 気味でした。

そんな偶然が作り出してくれたいい雰囲気 420 の中、私たちのSP.ディナータイムはスタートしました。


 

パン皿  

110608モナリザ1 

   モナリザのお皿は総てシェフデザイン 487 のオリジナル。
綺麗なお色のお花たちがデーブルの上に沢山咲いて ・・・ まるでお伽の国 398 の食卓のようです 。
そして本物のお花はどこにもありません 228


シャンパン

P1020953.jpg
 
美しい深紅のクランベリーのシャンパン 272
付け合わせはサーモンの燻製とポテトチップス ・・・ おつまみにこの組み合わせはグー 218


乾杯110608モナリザ 

soniaさん、パリからおかえりなさ~い 179 カンパ~イ ベル


アミューズグーテ

黒トリュフのムース 

P1020954.jpg 

ムースが何ともクリーミー 183 ~
トリュフの風味がお口の中に広がります 278

ん~~~、soniaさんと思わずハモって 341 しまいました。

そして二枚重ねにしたガラスのお皿の間に紅葉の葉 34 を並べるなど ・・・
女心を何処まで掻き回して 275 くれるのでしょう 198



オードブル一品目
シャモとフォアグラのゼリー寄せ

P1020955.jpg  

フォアグラが濃厚で甘~い 183
私の五感が、まるでお伽の国へ誘われて 311 いるようです。



オードブル二品目
松茸のタルト

P1020956.jpg  

松茸のシャキシャキ感とパイ生地のサクサク感が、私の心をワクワク 343 させてくれます。



オードブル三品目
海老と金柑の温製サラダ

P1020958.jpg  

海老と金柑の意外な組み合わせ 198
しかし海老のプリプリ感と金柑の甘酸っぱさがこれ程マッチ 432 するとは ・・・

お料理って面白い 179



ポワソン
舌平目と百合根のボンヌファム

110608モナリザ3  
  
こちらは舌平目を、薄い生地で覆い包んだポワソン271です。
ナイフ入れた時、中から一体どんなものが出てくるのか 198 玉手箱を開ける瞬間のようで、とてもワクワク343 します。

私が初めてタイユバンロブション 497 へ行った時にソムリエから、ロブションはいいものは中に隠す 222 という古典的なフレンチの技法を好んで取り入れていますと聞かされたことがあります。
流石河野シェフ 218 ・・・ ロブションのエスプリがここでもしっかり受け継がれています。

私はこのアンヴロップのように、いいものは中に隠すという古典的なフレンチが大好き 328 です。

そしてこのお皿には、ティファニーブルーに二連のパールが描かれ、上には 『MONA』、下には 『RISA』 と書かれていま す ・・・ ここでも女心をしっかり掴んで 217 離しません。



ヴィヤンド
リドヴォー 紫芋 トリュフのハーモニー

P1020966.jpg  

柔らかく弾力のある仔牛 529 の胸腺肉が、甘~い紫芋のソースと絡み合って ・・・ まさにお伽の国の食卓へ誘われて 311 いるようなメイン 271 です。

リドボーの下に敷かれているマカロニと真っ赤な紫芋ソースを見て私は、これは仔牛の血管 74 かしらと思わず言ってしまいました 435 ・・・ お伽の国 398 が台無しですよね 181 ・・・ だから理系の女は嫌われる 61 のです 241 ・・・
しかしそんな無粋な失言にも、いつも笑顔で答えてくれるsoniaさん ・・・
本当にありがとうございます 228
あなたは清く正しく美しい、絵美先生の素晴らしい後輩 420 です。



チーズの替わりに
アルザスのアプリコットコンフチュールヨーグルト

P1020969.jpg 

良質なフルーツとヨーグルトの甘酸っぱさが、メインの消化を順調に進めてくれています 179



プレデセール
フルーツスープ

P1020971.jpg  

フルーツをそのまま食べるよりずっと、フルーツの自然な甘味が引き出されている、濃厚な風味のフルーツスープ 277



デセール
soniaさんのデセール盛り合わせ

P1020975.jpg


私のデセール盛り合わせ


P1020972[1]

二人のデセールは異なる物語で提案され ・・・ soniaさんは音楽 341、私はダンス 516

私がsoniaさんのマロンクリームカップを物欲しそうな顔で覗き込む 317 と、
くみ~るさんはマロンがお好きだから交換しましょうねとさりげなくカップをチェンジ 248 してくれたsoniaさん ・・・
何てお優しいの 415
やはりあなたは清く正しく美しい、絵美先生の素晴らしい後輩 420 です。

soniaさんの優しさエッセンス 415 が加えられた、とてもステキなデセールストーリー 87 となりました。


soniaさんのアイス

P1020978.jpg

メープルと洋ナシです。

私のアイス


P1020977[1]


   パプリカとセサミです。
パプリカはどこらどう食べてもパプリカ 277 です。



お食事が一段落したところで 179 ・・・
SoniaさんのVAIO 216 が開かれ、パリのお土産話タイムのスタートです。

話の中に登場してきた人懐っこいパリの男の子のエピソードには、ちょっと感激 241 です。

そして美しいセーヌ河 ・・・ やはりここは一人で行くところではありません 430 よね、soniaさん 363
今度は是非ともセーヌで、素敵な方とご一緒に心ときめいて 343 ください 。
私もそうしたい 259 ・・・

いつも今回で何度目198 と聞く位、パリへは度々いらしているパリっ子soniaさんですが、私行くたびにパリが好きになるのよ 266 とおっしゃるsoniaさん ・・・ パリ 499 はそれ程素敵な街なのでしょうね 233


私たちの会話に河野シェフも興味深々 85
シェフがフランスにいらした時の思い出話に、三人でついつい花が咲いて 339 しまいました 。

P1020967.jpg


こちらはsoniaさんからいただいたパリのお土産 25 です。

DSCN3157.jpg

このイズラエルのカレー粉は、世界中の名シェフたちが必ず使う、料理界の常識とも言えるアイテム 219 です。
いつもsoniaさんにリクエストして買って帰っていただいていますが、今我が家のキッチンでは、イズラエル以外のカレー粉は使っていません 62 ・・・ イズラエルを一度使えば、他社のものは物足りなくて 231 使えなくなります。
イズラエルのカレー粉はワンスプーン加えるだけで、カレー 374 の風味が段ちにアップ アップ してくる魔物的絶品 352 です。


DSCN3162.jpg
DSCN3166.jpg

こちらのティーフォルテは、ピラミッド型 88 をしたとてもユニークなティーバッグです。
ティーフォルテは 『ベスト・グルメギフト・オブ・ザ・イヤー』& 『ベスト・デザイン・パッケージング』 をW受賞 2020 し、またフォーシーズンズホテル・ジョルジュサンク・パリなど、世界の名立たるホテル 103 でも使われている、目も楽しませてくれる香り高き紅茶 273 です。

Soniaさん、いつもいつもありがとうございます 228



絵心のある河野シェフは一枚の皿の上に絵を描き 487、物語を展開していきます ・・・ それは優しくて温かい、まるでメルヘンの世界 254 そのものです。
パティシエを置かないモナリザは、アミューズからデセールまで総てを河野シェフが担当し、一貫して、このメルヘンの世界 254 を広げてくれます。
シェフはフランス時代、和食のお店にいたことがある経験から、日本人 496 に合うフレンチを目指し ・・・ 産地もフランスには拘らず、北海道から沖縄まで日本各地 214 から食材を取り寄せているため、何れの皿も外れはなく、日本人が安心していただける料理 426 ばかりです。
そしてシェフの経験が最も反映されているところは、根底にしっかりロブション 506 の存在があることです。
総ての料理に、確かなロブションの息吹が感じられますが ・・・ ただ一つ 219 異なる点は、ガツン 217 と来るロブションのモダンなスペシャリテに対し、モナリザの料理は夢の中で味わっているような、クラシック 312 な柔らかいテイストです。

『大事なのは料理人の満足ではなく、お客様が満足する料理とサービス 197 』 と語る河野シェフ ・・・

ミシュラン一つ星 354 モナリザには、この先星の数を増やすために凝った技法や素材を用いたりせず、今のまま 222 のモナリザでいて欲しい ・・・
正統派のクラシック 312 な フレンチ、メルヘンの世界 254 ・・・ そんなモナリザへ、また訪問してみたい ・・・

河野シェフ、どうもありがとうございます 228 



comment

管理者にだけ表示を許可する

楽しかったですね

あの日は遅くまで2人で話し込んで楽しかったですね。
読んでいるだけであの日のことが思い出されました。
私も自分のblogに早く書かなきゃ。
シェフと撮った3ショットアップしてもいいでしょうか?

パリのお土産も喜んでいただけて嬉しいです。
今年もたくさん美味しい思い出を一緒につくりましょう!!
エミーズのお教室でお会いできるのを楽しみにしていますv-238

Re: 楽しかったですね

soniaさんi-197

コメントありがとうございますi-179

ホント、楽しかったですよね~i-278
場慣れなさっているsoniaさんのお陰でi-234
美味しくて楽しい思い出が沢山出来ますi-184

今年も行きたいレストランはいっぱい・・・i-239
益々楽しみましょうねi-236
どうぞよろしくお願いしますi-228

私のお写真は勿論OKですi-206


08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR