ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 京都吉兆嵐山本店 Ⅰ

こんにちは 音譜


昨秋からスタートしました京都・大阪ミシュラン ベル

先日、その三回目へ行って来ました


京都・大阪ミシュランパートナーは、大学時代の親友 ち~ちゃんです おとめ座


今回は 『ミシュランガイド京都・大阪版2012  本 で、(当然) 三つ星料亭 星星星 に輝いた京都吉兆嵐山本店です ビックリマーク


【京都吉兆嵐山本店】  は、京都嵐山 渡月橋近くにある数寄屋造りの料亭です ビックリマーク


吉兆の創始者である数寄者 湯木貞一個人の別邸を譲り受け、長い年月を掛けて増改築を重ね、現在に至っています


“工夫して心くだくる思いには、花鳥風月みな料理なり” ・・・ 四季折々の嵐山を背景に過ごす至福のひとときこそが、湯木貞一の思いです

茶の幽玄の世界、四季の取れたての食材 ・・・ 嵐山の自然の中、様々な遊戯三昧の楽しみが、京都吉兆嵐山本店にはあります


そして京都吉兆嵐山本店には、 “おもてなしの美学” が受け継がれています ベル


例えば “おもてなしの器

京都吉兆嵐山本店で使われる器は、楽焼、魯山人、バカラなど、重要文化財や京都吉兆嵐山本店のためだけに焼かれた選び抜かれた器のみです キラキラキラキラ


例えば“おもてなしの心

京都吉兆の仕事は、単に懐石料理を創る事だけでなく、 “茶の湯” の精神 ・・・ 云わば最上のおもてなしの心を伝える仕事です キラキラキラキラ


この “おもてなしの美学” に決して飲み込まれないよう、私たちもしっかりと “吉兆 食事の心得” を知り  ・・・ 料理と共にその趣向を味わうのも、また一興かと思います しあわせ~ ・・・



名勝 嵐山の地に根付く京都吉兆嵐山本店の門構えです ドア

120116嵐山吉兆エントランス1
120116嵐山吉兆エントランスでち~ちゃん1
120116嵐山吉兆エントランス2

実に堂々たる風格です ベル


エントランスへ向かう途中には野宮神社があります

120116嵐山吉野宮神社


こちらは離れです

120116嵐山吉兆はなれ


お玄関へ一歩足を踏み入れると、ボ ~~~ ンと “日蔭の蔓 (ひかげのかずら)” が私たちを迎えてくれます

120116日蔭の蔓1
120116日蔭の蔓2

日蔭の蔓は万葉集の花としてもよく知られています


『見まく欲り 思ひしなへに かづらかげ
       
かぐはし君を 相見つるかも』
 
 
大伴家持
                
~ お逢いしたいと思っていたら、ちょうどその折しも、蔓をつけた素晴らしいお姿のあなたさまにお逢いすることが出来、とても光栄です ~


この万葉集で詠われる蔓は、常緑多年生のシダ植物です

山の斜面や崖など日蔭を好み、針金状の茎は細長く地上を這い、その全長は2mにも達します


また天照大神が天の岩戸に隠れられた時、アメノウズメノミコトが舞に用いたタスキが、天の香具山の日蔭の蔓だったと言われています 感動泣き

その緑色に輝く不変の生命力は古くから神聖なものとされ、大嘗祭、新嘗祭には冠の笄の左右に垂らし、現在でも様々な神事に使われています


流石、嵐山吉兆本店 ビックリマーク ・・・ お玄関先から、古都 京都の香りが漂っています ぴかぴか(新しい)


今回私たちが準備していただいたお部屋です

120116私たちの部屋1

静寂の中にも、風格が感じられるしつらえです


お床

120116私たちの部屋2

シンプルな中にも、やはりブレない風格が感じられます  


ここにも“日蔭の蔓”

120116私たちの部屋3

万葉の香りが漂っていますね ぴかぴか(新しい) ~~~


お部屋からはお庭がよく見えます

120116私たちの部屋4

こういうしつらえは風情が感じられますね  ~~~



それでは、京都の美しい冬の彩りを、一椀一鉢に留めた京都吉兆嵐山本店お懐石を、ご紹介させていただきたいと思います


私たちが予約を入れた日は、今年最後のお正月料理でした 正月


昆布と梅のお茶 お茶

P1201161000054.jpg 

先ずは一服


長寿箸 割り箸

120116P1000067.jpg 

こちらは嵯峨野の野宮神社でご祈祷を受けた長寿箸だそうです


八寸

まぐろの昆布巻き 海老 野菜ゴマクアリーム和え 慈姑 このわた生子 唐墨 鮑酢

120116P1000062.jpg 

手前のお盃には雉肉が入れられています  ・・・ そこへお屠蘇を入れていただきます 400

これは代々吉兆嵐山に伝わる習慣だそうです ビックリマーク 
 

120116P1000066.jpg 

鮑に掛けられている鰹の煮こごりが絶妙な味 顔


120116P1000069.jpg 

金粉が張られた唐墨 ・・・ 綺麗ですね かわいい ~


煮物椀

蟹真薯 海苔餅 白味噌雑煮

120116P1000070.jpg 

縁起の良い朱色の椀です

120116P1000071.jpg 

ドロ ~ ッと濃厚な白味噌に辛子風味 お雑煮

もっちりフワッフワッ蟹真薯 カニ

中から海苔がシュワシュワ ~ ッと流れ出て来るお餅 もち

こんなお雑煮生まれて初めて 顔 ・・・ 今まで私が何十年食べていたお雑煮は、一体何だったのでしょう !?

そしてこちらは間違えなく、 “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” の中へ入ります ベル 


蓋の絵柄

120116P1000072.jpg 

おめでたい鶴のはばたきが描かれています アート


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


こちらの白味噌雑煮は、私が過去にいただいた煮物椀の中、1番の感動を与えてくれた一品です  ・・・ つまり京都吉兆嵐山本店は、最高レベルの料亭 ベル ・・・ と言うことになります。


造里一

鰤薄造り

120116P1000073.jpg 

先ず新潟の寒鰤で うお座 辛い大根おろしを だいこん 包んで ・・・


こちらの吉兆醤油とおろしポン酢でいただきます ビックリマーク

120116P1000075.jpg 

これが吉兆流 鰤大根 ・・・ かなり辛いです おぉ!


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~ 薄造りは、やはり涼感のある薄さが魯山人さんも晩年お好きだったようです ~


吉兆東京本店では、新鮮  肉厚  油が乗っている  お造りが、吉兆の看板 ビックリマーク という印象を持っていましたが ・・・ こういう薄造りも、中々乙なものですね


造里二

穴子 トロタタキ

120116P1000078.jpg 

穴子と言うよりも、甘海老のようなプリップリ食感 ウインク

トロタタキは、スモークのようなしっかりとした味わい キャ


穴子はこちらの吉兆醤油と白胡麻でいただきます ビックリマーク

120116P1000080.jpg


トロタタキはこちらのタレとガーリックでいただきます ビックリマーク

120116P1000079.jpg 

それぞれの食材の付けタレにも、トコトン拘っていますね !! ~~
 

祝飯

一口赤飯

120116P1000082.jpg 

蓋に水引が描かれています リボン

120116P1000085.jpg 

もっちりフワフワなお赤飯 ラブ


箸休

蕪すり流し 焼蕪葉

120116P1000087.jpg 

とても可愛い形ですが、何とも美しい朱塗りです キラキラキラキラ

120116P1000089.jpg 

葛湯のようなトロミ感


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~ 箸休めは、まず箸を洗うような気持ちで、汁全体を軽くかき混ぜます。

具がある場合は、先に具をいただき、箸を置いてから両手でいただきます ~



なるほど、箸休めはお口直しという意味だけではなく、本当にお箸を洗うという意味もあるのですね

最近では、途中で新しいお箸に交換してくれる料亭もありますが、同じお箸を最後まで使う 割り箸 ・・・ 環境を考えた立派な心得です



焼物

くえ幽庵焼 辛子蓮根 堀川ごぼう

120116P1000092.jpg 

南天の赤が可愛いおめでたい盛り付けです

120116P1000093.jpg 

奉唱にも“寿”の文字が書かれています ニコニコ

120116P1000095.jpg 

油が滴る位ジューシー食感にも関わらず、とっっても淡泊な味わい 顔 ・・・ お見事な出来栄え うお座キラキラ


焚合わせ

丸大根 九条ねぎ 小芋 金時人参

120116P1000099.jpg 

年代を感じさせる古伊万里です ビックリマーク

120116P1000101.jpg 

京野菜はココロとカラダがホッとしますね  ~


蓋の絵柄

120116P1000102.jpg 

季節の花 椿が描かれています アート


御飯 香物

酒粕御飯 鶏塩焼 白菜 塩昆布 千枚漬

120116P1000103.jpg 


酒粕御飯はまるでおけんちん汁の御飯バージョンのよう ごはん

120116P1000109.jpg 

しかし何とも超美味 顔 ・・・ もっちりフワフワ食感、柔らかくてコク深い味わい ラブ


当然お替りをいただきました

120116P1000115.jpg 

でも食べても食べてももっと食べたくて  ・・・ 四杯もお替り

120116P1000112.jpg 

結局このお釜の御飯を、殆ど私一人で平らげてしまいました  ・・・ ち~ちゃんゴメン

フレンチでは、食器をキレイにして厨房へお返しすのがシェフへのマナーとされていますが ナイフとフォーク ・・・

和食だって同じこと ビックリマーク  (お釜を平らげた言い訳をしているのではありません )

お釜を、一粒のご飯粒も残さずにキレイにしてお返しするのが、作ってくださった方への礼儀だと思います

そしてこちらも間違えなく、 “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” の中へ入ります ベル


香物も、一つひとつかなり拘った完成品です

120116P1000106.jpg 

当然ですが、どれも非の打ち所がありません 合格


果物

三宝柑ゼリー 苺二

120116P1000118.jpg 

右の小さな苺が、和歌山産 マリヒメ いちご、左の大きな苺が、京都産 紅おちょぼ いちご

紅おちょぼは最高に甘くてジューシー ラブ


三宝柑ゼリーの蓋を開けると 目 ・・・

120116P1000120.jpg 

甘 ~ くて爽やか ウインク ~~~


更に吉兆 オリジナルカスタードクリームを掛けると みずがめ座 ・・・

120116P1000121.jpg 

甘 ~ くて濃厚 キャ ~~~


菓子

紅白金時

 120116P1000125.jpg

こちらは毎年、お正月にのみ作られているおめでたいお菓子だそうです 正月

お味はまったり  ・・・ でも後味はさっぱり  した上品なお菓子です。


お薄

1201161000129.jpg 

私のお茶碗は、おめでたい “松竹梅   

 
120116P1000127.jpg 

ち~ちゃんのお茶碗は、ち~ちゃんの名前   “千鶴”   に因んで “立鶴 キラキラ

こちらは、吉兆東京本店の先代ご亭主が焼いた器だそうです


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~ 薄茶は、直接茶碗を手に取っていただくので、指輪で傷をつけないように、あらかじめはずしておきたいものです ~


今回は私も、指輪、時計、マニキュアなど、総てを取ってお邪魔しました 指輪 ・・・ 付けることより、外すことが、正しいマナーということもあると思います


食事が終われば、自分が使用した長寿箸は洗ってお持ち帰りです 割り箸

120116長寿箸おみやげ 

こちらはお家でも使わせていただきます


京都吉兆嵐山本店 女将からのご挨拶です

120116おみやげ 

こちらは“ふみか”と言われる香りの栞です 桜



今回、京都吉兆嵐山本店では、お料理の美味しさだけではなく、 “福” も一緒にいただいたような気がします しあわせ~


そして私たちは、嵐山の四季を背景に、京都吉兆嵐山本店の四季の味を味わってみたくて 割り箸 ・・・

女将さんにお願いし、今年 “嵐山吉兆四季の会” 行うこととさせていただきました ベル 


早速今回は、 “嵐山吉兆四季の会 ~ 冬” ・・・ と言うことになります
 

私たちはお芸者遊びなどの遊戯三昧する訳ではありませんが ・・・ 四季のある日本に生まれ育ち、ここ京都吉兆嵐山本店で、四季を通した味を楽しめることは、極上の遊戯三昧だと思っています


女将さん、どうぞよろしくお願いいたします


京都吉兆嵐山本店の女将です ビックリマーク

120116嵐山吉兆女将さんとち~ちゃんと2 

女将は無駄な言葉や所作が何一つなく、しかしとても細やかな心配りを持ち 合格 ・・・ “究極の品”を備えている女性です

これぞ “京女” という真の強さが伝わってきます 恋の矢


京都吉兆嵐山本店お玄関 ドア

120116嵐山吉兆エントランスでち~ちゃん2 

昔ながらの狭い間口をそのままに残した “数寄屋造り” の構えです ビックリマーク 
 
華やかさはありませんが、しっとりとした侘び寂びのある佇まいです


お帰りは、女将さん、仲居さん、下足番の方三人に門の外までお見送りをしていたいただき、私たちの姿が見えなくなるまで、ず ~~~ っと、見守っていてくださいました



吉兆嵐山本店を後にした私たちは、歩いて3分程の所にある大本山 天龍寺を訪ねました


【天龍寺】 とは、吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を伴う弔うため、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建したものです ビックリマーク

1994年、天龍寺は世界文化遺産に登録 ベル


今年は辰年 辰 と言うこともあり、 “龍” に因み、天龍寺は多くの観光客で賑わっていました DASH!


こちらは本堂入口に置かれている達磨図です だるま○

120116天龍寺本堂達磨図 


こちらは書院のお床に飾られている達磨のお軸です だるま○

120116天龍寺書院達磨の掛け軸 

何故、達磨なのでしょう はてなマークはてなマーク


こちらは祥雲閣のお庭です

120116天龍寺庭


こちらは多宝殿前のしだれ柳です ビックリマーク

120116天龍寺多宝殿シダレ柳 

しだれ柳もここまでお見事に立ち並べば、寂しさよりも凄さを感じますね


大方丈前の曹源池です ビックリマーク

120116天龍寺曹源池1
120116天龍寺曹源池2 


大方丈の廊下です ビックリマーク

120116天龍寺大方丈廊下と私たち 

昔の人は吹き抜けのこんなに長い廊下を通って、寒くはなかったのでしょうか !?



次回 ビックリマーク 四回目の京都・大阪ミシュランは、  “ミシュランガイド京都・大阪版2012” 三つ星レストラン   故・ダイアナ妃もお食事をなさった京都つる家を予定しております。



~ ちょっとオマケです


嵐山 渡月橋北詰の参道には、京都の和菓子店が多く並んでいます !!


私たちも少しずつ、制覇して行きたいと思います


先ずは “琴きち茶房の本家 櫻もち” です 桜餅

120116琴きちの櫻もち1  

琴きち茶房は2種類の櫻もちです

右は、道明寺もちをこし餡で包んで嵐山を型取ったものです !

左は、こし餡を使わず、真っ白な道明寺もちを塩漬けにした二枚の櫻の葉で挟んだものです !ハート☆


その櫻の葉を取ると 目 ・・・

120116琴きちの櫻もち2 

何だかおにぎりみたい  ・・・

琴きち茶房の本家 櫻もちは、嵐山の1番人気だそうです


東京の桜餅とは全くの別モノですが  ・・・ ここでしかいただくことの出来ない嵐山の情緒が感じられます



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

『こちらは“ふみか”と言われる香りの栞です 』

⇒まったく関係ありませんが、私の娘もふみか(史佳)です(^^)

Re: No title

まんす~る先生e-266

私も初めにふみかをいただいた時、
アレッv-361先生のご息女さまと同じ音だと思いましたv-341

このふみかはとても優美な香りの栞ですが、
史佳ちゃんもきっとエレガントでステキな女性へ成長なさっていることと思いますe-420

ところでネパールは今寒いですかv-400
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR