俊がEXILEを脱退したワケ

こんにちは 桜


前記事の “俊&ATSUSHI” の俊が、先月、俊の地元である山口県宇部市でフリーライブを開催 カラオケ ・・・ その場で、自ら、EXILEを脱退したワケを奥深く明かしました ベルベル

俊の涙1

つい涙を抑え切れなくなった俊

“2006年3月、EXILEのリードヴォーカル SHUNが29日付けでグループを離脱し、ソロ活動に専念することが27日発表された。
3/29に現メンバーでの最後のアルバム 『ASIA』、そしてライヴDVD 『EXILE LIVE TOUR 2005~PERFECT LIVE "ASIA"~』 をリリース。
これでEXILE第一章は完結となる。
今後も新たな活動を残ったメンバーで “第二章” として行なう予定だという。
SHUNは本名の清木場俊介として活動していく。”


このニュースが流れた途端、アクセスは殺到 DASH! 当時のニュースランキング1位となりました ビックリマーク


EXILEリーダーのHIROはオフィシャルコメントで  ・・・
“SHUN本人がどれだけの覚悟をもってその判断に至ったかが痛いほどわかっていますし、彼の夢を奪ったり壊したりする権利は僕にはありません”
・・・ と俊の意志を尊重する姿勢を示しています

EXILEヴォーカルのATSUSHIはブログで  ・・・
“SHUNちゃんにはおもうがまま行ってほしい !
それがEXILEの、あくまで前向きな選択でした。
だれにも彼の夢を邪魔する権利はないし、それが彼に対する愛であり、優しさでなんだと思います。”

・・・ と最愛の俊への想いを語っています

俊本人は 男の子 ・・・
“僕はEXILEに人生を救われ、EXILEでの活動のなかで自分自身を見つけてきました。
そして、そこで“自分が本当に、今、すべきこと”の存在にも気付いてしまったのです ・・・ ただ、ひとつだけ言っておきたいのは、EXILEが嫌になったわけでもなければ、単純にソロに集中したいから辞めるわけでもないということです。”

・・・ と脱退に至る思いを打ち明けています


俊は地元山口から東京へ来たきっかけについて 男の子 ・・・
“19歳のときに地元山口で興した建設関係の会社の後輩に誘われて、カラオケオーディションを受けて、その結果合格して上京しました。
ポケットに3万円詰め込んで上京して、最初は3畳半の部屋で、初任給は10万円だった。
常にくじけずにあきらめないでいこうと思っていたけど、寂しくて月に1回くらい山口に帰ってた。
その度に友達に励まされて、東京に戻ってきました。
当時の自分に決定的に足りなかったのは歌う技術で、最初は全く通用しなかった。
アマチュアの時はバンドでベースをやっていて、プロになって初めてヴォーカルをやったんですけど、当時の相 (ATSUSHI) に技術があったので、差は歴然でした。
そこで僕は “ハートで伝えよう” と思った”

・・・ と当時を振り返り、語っています


そして俊はEXILE脱退後、活動拠点を再び生まれ故郷である山口県宇部市へ移し、ソロ活動をスタートしています ビックリマーク


俊の涙2


ソロになって1年が過ぎた2007年9月、俊はホームページで 男の子 ・・・
“あの日の記憶が、まだ頭のど真ん中にこびりついてはがれない ……。
EXILEを抜ける覚悟を決めた日も ……
今日みたいに今にも雨が降りそうで、空は泣き、大地は揺れ、俺自身も何者かに怒り、どこにもぶつけられない苛立ちに、精神は普通ではなかった。

「一人でもやれる」
「心から叫べる音楽を」
そう信じて、一人の道を選んだ。

「何故一人に成る道を選んだのか?」
「あの日苦悩し、泣き、絶望の中で見つけた答えは、今、見つけ出せたのか?」

答えは簡単 …… これで良かった。
これが良かった。
「唄う事の喜び …… 生かされる幸せ ……
他人を愛しむ心」

悩んだ自分に感謝し、支えてくれた人々に感謝し、こうして日々生きてゆける。

全てをひっくるめて ……
多くを乗り越えて、やっと掴んだこの場所に腰を据えて、精一杯唄おうと思う。

俺の人生は ……
「やるか! やらんか!」
それだけ!

男やったら、一人で勝負や!”

・・・ と綴っています


2008年9月16日 ・・・
俊は所属事務所を、EXILEにいた時のLDHから独立 クラッカー
これに伴い、レコード会社もavexとの専属契約を解消し 、ビクター/スピードスターレコーズに移籍


その時 男の子 ・・・
“己の音楽性をさらに追求し納得のいく作品を手がける為に、ビクタースピードスターレコーズと新しく音楽を共にする決心をいたしました。
これからも沢山の人々の心に届く作品を手描けられるよう、今まで以上真っすぐに音楽と共に生き抜いてゆきたいと思うので、これからを楽しみにしていて下さい”

・・・ とコメントしています  

またホームページでファンへ向け 男の子 ・・・
“1人のアーティストとして何十年も唄い続けられるよう頑張る”
・・・ と誓っています 


更に3年が経った2010年4月、俊はホームページで再び 男の子 ・・・
“ソロになって四年の月日が過ぎていた。

もうこの先EXILEに居た年月より清木場俊介として過ごす日々が長くなる。

ソロになる四年前の日
世の中を …
そしてずっと支えてくれたファンを衝撃的な一日に巻き込んだ事は確かで…
プラスもマイナスも … あの当時は、あの時なりに僕自身、受け止めた筈だが、四年たった今の方がより深く当時の決断の重さも、覚悟の強さも身に染みて来て、改めて我ながら覚悟を決めた事を誇りたい。

まぁ ~ しかしながらきっと、ずっと、永遠と俺は過去 (EXILEにいたこと) を背負って生きるし、生きなければならぬのだけれど …”

・・・ と本音を綴り  ・・・

お父様との会話の中 男の子 ・・・
“親父と釣りに向かう車中で言われたセリフが、『あの当時 (EXILEを脱退した頃) … お前は、きっと理想と現実のギャップに心が持たなくて、心がスレて山口に帰って来るだろう。』 と … んな馬鹿なぁ …

当時も今も男なら、俺はずっとずっと … やり続けなきゃダメだし成り下がる訳にはいかないって思ってる。

そう考えるとEXILEを脱退してから今尚、四年しっかり活動してる事にあらためて感謝したい。

そして支えてくれる仲間に 『ありがとう!』 と両手を合わせて、
くたばれ!と思ってるバカタレ共に 『ざまあみろ!』 と○指を追っ立てたい! (笑)

俺が俺らしくあるために。
俺が今を生き切るために。
まだまだやるべき唄を叫び魂に変えよう!

ずっとずっと俺は
変わらず俺の儘さ”

・・・ と心の内を綴っています


俊の涙3


一方ソロ活動5周年を控えた昨年10月、俊は自らのPVの中でEXILEを脱退したワケとし 男の子 ・・・
“僕が右に行きたくても、グループが左だと、それに従う。
それが窮屈だった。”

・・・ と本音を告白し 、これが大きな話題となっています 爆弾


俊の涙3


そして今 男の子 ・・・
“「これから先の将来が不安で仕方ないだろう?」
「逃げ出した罪を償う為にも歌い続けなきゃならない」
「生きる道はただ一つ!やるか?やらんか?」”


人気ユニットから突然脱退し、ソロ活動目前で直面した不安、恐怖と戦った日々
あれから5年の時が流れ、当時の心情を正直にさらけ出した俊 感動泣き ・・・


俊の涙4 


俊の心の奥底にある苦しみを、私たちに計り知ることは到底出来ませんが   ・・・

ただ ・・・ 俊は自らの音楽性をより追究し、未知なる世界へ挑戦し走り続けている ・・・ その魂の声は聴こえています ベルベル

そして敢えて今 ・・・ 俊が心の中にある不安や苦しみをさらけ出したことに、俊の静かなる決意 ・・・ を感じます しあわせ~


走る俊




拝啓 俊さま


“ROCK AND SOUL” では、最高の感動をありがとうございます

あなたは唄っている時、“想いを伝えようと必死になり過ぎ、 あるラインを越えると涙が溢れてしまう” と言っていましたが ・・・
私もあなたが唄っている姿を観ると、いつも涙ぐんでしまいます
余りにあなたの心の叫びが大き過ぎて・・・

これからもあなたの心の叫びを唄に乗せ、もっともっと私たちへ届けてください
あなたの心の叫びが聴こえる限り、私はあなたをずっと応援し続けていきます


かしこ キスマーク



comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR