必見 !! サプリメント 【コエンザイムQ10】

こんにちは


今回は前記事でもお話させていただきましたように、アンチエイジングの切り札であり、アスリートには欠かせないサプリメントである  【コエンザイムQ10】 について、ご紹介させていただきたいと思います


【コエンザイムQ10】 とは、1957年、クレーン博士によって心臓のミトコンドリアという細胞小器官に発見された ひらめき電球 オレンジ色の物質です ビックリマーク

コエンザイムQ10は身体のあらゆる細胞に存在し、私たちが生きていく上では絶対不可欠な補酵素です ビックリマーク

コエンザイムQ10の “コ” は補う 、“エンザイム” は酵素 、つまりコエンザイムは補酵素  という意味です ビックリマーク

コエンザイムQ10の “10” は 、その構造上、イソプレンと言われる化学構造10個を有する  ということです ビックリマーク

一方コエンザイムQ10はユビキノン10とも呼ばれていますが、これはラテン語の“ユビキタス (あらゆるところ )” にあるキノンという化学構造を有する物質であることから、このユビキタスとキノンを合わせ、ユビキノンと名付けられています

またコエンザイムQ10はビタミンQとしても知られていますが、体内では合成出来ないビタミンとは異なり 、このコエンザイムQ10は体内でも合成されるタンパク質です


コエンザイムQ10の役割

コエンザイムQ10の役割は二つあります

一つ目はエネルギー産生です。

私たちが生きていく上で必要なエネルギーは、エネルギー生産工場である “ミトコンドリア” という細胞小器官で作り出されます。

コエンザイムQ10はミトコンドリア内に存在する補酵素であるため 、このコエンザイムQ10が働きかけることにより、エネルギー産生は行われます

そのため細胞内にコエンザイムQ10が満タンになっていれば 、エネルギー産生はアップし 、代謝はアップし  ・・・ エネルギッシュな生活 DASH!、ダイエットの協力サポート 、免疫力の向上  など、アンチエイジング効果もアップして来るのです アップ


二つ目は抗酸化作用です。

私たちの身体の細胞を活性酸素からしっかり守ってくれるのが 、このコエンザイムQ10です ビックリマーク

抗酸化作用物質としてはビタミンEやビタミンCが有名ですが、細胞内に迄入り込んで行ける抗酸化物質は、このコエンザイムQ10だけ  です。

そのため細胞内にコエンザイムQ10が満タンになっていれば 、細胞膜は活性酸素から保護され 、細胞や血管は安定し 合格 ・・・ 老化抑制 、紫外線によるシミやシワ防止  など、インナービューティー効果もアップして来るのです アップ


しかしこのコエンザイムQ10は私たちの身体の多くの臓器で、20代をピークに次第に減少して来ています
最も重要臓器である心臓では、40代で30%、80代で50%以下に減少するため、心臓の機能は低下し、その結果、慢性的な疲れ、肥満、足のむくみ、動悸、息切れ、疲労感、低血圧、心筋梗塞や脳卒中、がんなどの生活習慣病、心疾患の悪化など、様々な病気を引き起す原因ともなります


コエンザイムQ10の摂取方法・選び方

例えこれだけ素晴らしいコエンザイムQ10を摂取したとしても、体内へのコエンザイムQ10の吸収率が低ければ、何の意味もありません

先ず吸収率とは、摂取したものが身体に取り込まれる割合のことです ビックリマーク


コエンザイムQ10における吸収率のポイントは、コエンザイムQ10は “油にしか溶けない”という特性です。
更に栄養素の吸収は小腸で行われるため、この油は小腸で吸収され易い油であることが大切です  ・・・ いわゆる中鎖脂肪酸油のように、直接肝臓に吸収され易い油がベスト  と言うことになります。

つまり 【コエンザイムQ10はサプリメントから 、相性の良い油分に溶かされているカプセルを使用していること】 が必須条件となります。

そのため同じ量のコエンザイムQ10を摂取する場合でも、1つの  カプセルに入れられているものより、2つの  カプセルに分けて入れられているものの方が、油の量も多くなるため、吸収率もアップするということになります アップ

しかしカプセルが粗悪なものであれば、小腸で溶けることなく、そのまま排泄されてしまいます  ・・・これではいくら摂取しても無駄です


またサプリメントでビタミンCなどが同じカプセル内に入っているものは、脂溶性であるコエンザイムQ10と水溶性であるビタミンCとは混ざり合わないため 、吸収率は低くなります ダウン

つまり 【コエンザイムQ10サプリメントは複合体ではなく 、単体のものを選ぶ  こと】 がポイントです。


一方コエンザイムQ10を食事から摂取した場合、コエンザイムQ10は小腸で吸収され、リンパ管を経由して血流に入りますが、その吸収率は低く 、摂取した量の約60%は吸収されずに排泄されてしまいます

またコエンザイムQ10の粉末のみを摂取した場合、体内へは僅か10%しか吸収されません


コエンザイムQ10の摂取量・安全性

【コエンザイムQ10の摂取量は一日50~100mg】 です。

更に健康維持を期待したい場合は50mg、肌や体質の改善を期待したい場合は  100mg、病気・体調不良・激しいスポーツを行っている場合は  300mgとなります。

一方パーキンソン病治療のため、一日1200mgのコエンザイムQ10が使用されていたという例もあります
このようにコエンザイムQ10は医療現場でも使われていたものであり 、厳しい日本の薬事法基準をクリアーして民間使用が許可されているため 、安全性につては折り紙つきです ベル

元々コエンザイムQ10は私たち人間の体内に存在しているものであるため、外部から摂取しても当然拒絶反応が起きることはなく 、大量に摂取しても摂取過多に陥ることもなく 、有意な毒性もなく  ・・・ つまり 【コエンザイムQ10は実に安心して摂取することが出来る物質】 です。


アスリートとコエンザイムQ10

アスリートは短時間でかなりのエネルギーが必要とされます DASH!

しかし、体内でのエネルギー産生には限界があり、思うようにパワーやスタミナを発揮出来ないことが多いもの現実です

そこでそんなときの救世主となるのが、エネルギー産生の立役者であるコエンザイムQ10です ビックリマーク

実際プロスポーツ界では今多くのアスリートたちが、サプリメントからコエンザイムQ10を摂取しており 、コエンザイムQ10を摂り始めて自己記録が更新されたというデータも沢山出されています

オリンピックなどで活躍するアスリートたちがコエンザイムQ10を積極的に摂取する目的として、疲労感が減少するため、長時間のトレーニングが可能となり運動機能が高まる  という理由が出されています

更に 【コエンザイムQ10とエネルギー代謝を高めるビタミンB1を同時に摂取する】 ことで、エネルギー産生はグッとアップします アップ



私はサプリメントアドバイザーとして、Antiaging に効果的なサプリメントを紹介して欲しいと言われた場合、迷わず、このコエンザイムQ10をご紹介させていただいております

そして既にコエンザイムQ10を飲まれていらっしゃる方、更にワンランク上の Antiaging を実践なさりたい方には、+ ピクノジェノールをオススメしております

特に激しいスポーツをなさるアスリートの方々にとって、これらはマストアイテムです ベル

よく 心・技・体 という言葉が使われますが、アスリートフドマイスターはこれを 体・心・技 と言っております ビックリマーク

先ずは ・・・ 健全な身体があり ・・・ そこに初めて、健全な心が宿り ドキドキ ・・・ そして優れた技が磨かれていく ぴかぴか(新しい) と思います

これはアスリートのみならず、スタンダートな人も同じです !!

先ずは健全な体作りからです クラッカー

コエンザイムQ10は、きっとそのお役に立てるサプリメントだと思います  ・・・


こちらはコエンザイムQ10国内一の老舗である分子生理化学研究所が、ネット仕様に konatu 製造しているHJBコエンザイムQ10です


P1010067.jpg

ネット仕様であるため、コストもお求め安く設定されており お金 ・・・ 長く続けていくためには大切なことですよね  ~

分子生理化学研究所のコエンザイムQ10は、ソフトボールのあの上野投手も  愛用なさっています かわいい

勿論私も、サプリメントは分子生理化学研究所のコエンザイムQ10、そしてビタミンB・Cを中心としております


サプリメント【シナール】&【ビタメジン】



comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: お久しぶりです

先生e-343

コメントを入れていただきありがとうございますi-228
ただご本名でしたので、非公開とさせていただきますねi-236

先日エイジングマネージメントアカデミーの先生からメールをいただきi-146
コエンザイムQ10の勉強会へ出席して還元型がすごいv-363と思ったと言われていました。
今後還元型を使った実験をなさってみるそうですi-199
以前は医療機関でもコエンザイムQ10が処方されていたそうですが、
その時にも還元型だったのでしょうかv-361

奥の深いコエンザイムQ10ですが、
私ももっと掘り下げて本を読んでみようと思いますv-87

今後ともご指導をよろしくお願いいたしますi-179

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR