ひとりご飯

こんにちは


今日は朝からずっ  と、頭の中がスケートの高速スピン ショック! のように、多忙な一日でした。


どうしてこんなにも世の中の女性は美に感心があるのかしら  叫び ・・・
魔物にでも取り憑かれたかのように、誰もが美容皮膚科へ掛け込んで DASH! 来ます。

しかし何でもそうですが、続けなきゃ意味ない  んですよね~


とにかく逆巻く怒涛の一日を終え  ・・・
その後は何処へも行く気がせず  ・・・
のれん街でキッシュとムース・オ・ショコラを買って部屋へ帰りました


ディーン&デルーカの ベーコンとほうれん草のキッシュ チーズ 

P1050083.jpg


余りに有名なパティスリータガギの アルパジョン チョコレート 

P1050086.jpg

こちらはヨーロッパ最高権威のコンクール  『ガストロノミック・アルパジョン』 で、高木氏が最年少優勝  したときのものです。
この一点の曇りもない、柔らかく艶々なグラサージュショコラの上には三種のナッツが乗せられ、中にはムース・オ・ショコラ、カスタード、カシスなど、ショコラだけに飽きさせない工夫がされています

ムース・オ・ショコラは少々苦手  な私ですが、しかしこのアルパジョン  イデミスギノの アンブロワジー  パリセヴェイユの マジェスティック  は、何故か時々無性に食べたくなることがあります


疲れていなければ、もっと美味しく感じられたのでしょうけど しょぼん  ・・・


それではちょっと早いですが 時計 ・・・ おやすみなさい  



ミシュラン三つ星レストラン ☆☆☆ 青山えさき

こんにちは


先日ベジフルビューティーアドバイザー同期のキヨティ、takaccoさんと3人で、ミシュラン東京2010三ツ星、青山えさきへ行って来ました



P1050188.jpg


キヨティはとても器用で賢い女性 女の子、何でも率なくバランス良くこなしてしまう、大変頼りになる、私たちの親分的  存在です。
そして何と言っても “笑い にひひ” のセンスは天下一品 、“笑い” の神様が付いているのでは  と思う程、いつもさりげなく、周りを “笑い” の波  へ引き込んでくれます ・・・ 一家に一人キヨティがいれば、世の中は幸せで溢れ返る  こと間違えなしです。
またキヨティの傍にはいつも “プティちゃん” という可愛~いトイプードルのワンちゃん  がいます ・・・ 人間以上に、想い想われる心  を大切にしている、心優しいキヨティとプティちゃんです。
私、“くみ~る” の名付け親もキヨティです ニコニコ

takaccoさんはとにかく、知的でスタイリッシュを絵に描いたような女性 女の子 です。
文才 メモ、語学力  に加え、ファッションセンス抜群 ワンピース、更には調理師免許まで取得してしまう程の料理 ナイフとフォーク の腕前 ・・・ まさに女性が憧れる女性  の代表です。
また私たちはベジフルビューティーアドバイザーに合わせて野菜ソムリエの資格も持っておりますが、takaccoさんは唯一人、ワンランク上 アップ の野菜ソムリエ、マイスターを取得している優秀な  人です。
私たちは来年以降、“インナービューティー” をテーマとした本 本 の出版を予定しており、その編集長  もtakaccoさんです ビックリマーク 乞うご期待 !!


私たちは職業、年齢、出身地など様々であるにも関わらず、大変に強い絆  で結ばれております。
それは私たちを繋いでいる “ベジフルビューティー” が、私たちの理想とするライフスタイルそのもの 恋の矢 だからだと思います。
そして今回のお食事会 割り箸 の舞台も、正に、お店のコンセプトにベジフルビューティーを謳っている、野菜割烹料理店、青山えさき です。

二か月前に予約 携帯 を入れた際、幸運にも個室が取れ 、幸先良い出だしです。

P1050187.jpg

私たちが予約した部屋



それではベジフルビューティーアドバイザーがご案内いたします、青山えさき、ミシュラン三ツ星メニュー  のスタートです。



一、槍いかと蛸 いろいろハーブ
  黄金柑と佐賀のりソースで

P1050193.jpg

槍いかとハーブの絡みが何とも斬新!?
行き成り食感パニックに 叫び ・・・
しかし黄金柑とのりソースの風味が口の中へフワーっ 合格 と広がり、
このキレの良い歯応えが病みつきに にひひ ・・・
一品目からこんなに美味しくていいのかしら ラブラブ!

ハーブ類、柑橘系、海苔などには多種なミネラルとビタミン、強力フィトケミカルが含まれており、インナービューティーには不可欠な栄養素が凝縮  されています。
 

二、黄かぶと根パセリ
  ふわふわ玉子がけ

P1050195.jpg

野菜に玉子 !?
これまた初め見る組み合わせに驚き 叫び ・・・
しかし合うんです ビックリマーク
野菜と卵の組み合わせは今日一番の発見 ひらめき電球 です。
根パセリってセロリのような香りがするんです  よ。

黄かぶ、根パセリのビタミンミネラルが、玉子の良質なタンパク質を効率良く吸収  してくれます。


三、捕れたばかりの魚お造り

P1050196.jpg

新鮮なヒラメのコリコリ感が堪らない にひひ
このわさびの辛み具合は最高  です。

しっとりした器も落ち着きます


四、冷製茨木栗のすり流し

P1050197.jpg

一体何個の栗 くり を使っているのかしらと思う位、濃厚な味わい。
フレンチのポタージュと違い、ヘルシーなすり流しはカロリー的にも安心
・・・ にも関わらずこの濃厚さ ニコニコ
栗の食感を思わせながらも、何とも滑らかでまろやかな舌触り にひひ

私はこの栗のすり流しで、ミシュラン三ツ星の訳を納得  出来たような気がします。
文句なく今日一番の一品 キラキラ です

ふたつの丹波の黒豆が京菓子のようで可愛い 音譜


五、真鱈の蒸し物・ちりめんキャベツ
  海老芋田楽

P1050198.jpg

鱈と京野菜 !?
これもまたまた驚き 叫び の組み合わせ ・・・
しかしこの洗練された素材同志を合わせることで、素材の持つ魅力が更に引き出されて アップ います。
海老芋田楽の甘さが淡白な素材を締めてくれます

色の濃い京野菜の豊富なビタミン群と鱈に多く含まれるビタミンB12やビタミンDは、健康維持には絶対不可欠  です。


六、根室一本釣り きんき煮付け

P1050201.jpg

前皿の鱈もきんきも病院  給食でよく使われている食材です・・・つまり体に負担を掛けない優しい食材 うお座 ということになります。
体を気遣いながらもこんなに美味しくて申し訳ない


七、桜鱒と黒キャベツごはん
  のりみそ汁

P1050202.jpg

鱒とキャベツ !?
ここまで来ればどんな組み合わせが来てももう驚きません べーっだ! ・・・

鱒にはメタボリック予防の要素が沢山含まれており、またキャベツには胃を保護してくれる作用があり、食事の〆には相応しい組み合わせ  かもしれません。


八、甘いもん
  日本の野草のハーブティー

P1050208.jpg

こちらはとちおとめ  を牛乳寒で覆い、下には黒蜜が敷かれています。
一口食べた途端幸せな気持になれる 、和のデセールです。

これは家でも簡単に真似出来る組み合わせかも

野草のハーブティーは気持ちがホっとする、心落ち着くお茶  です。
野草の癖が、癖になりそう 叫び
きっと精神安定作用のある生薬が入っているのでしょう



お献立の途中でスタッフの方が、生の食材  を持って来てプチレクチャーをしてくださいました。
流石えさき  ・・・ こんなサービスもあるんですね ラブラブ

P1050194.jpg

奥のグリーンの布のようなものは黒キャベツ  です。


P1050200.jpg

ご立派なちりめんキャベツ  です。

静岡のどんぐり農園など、全国  の農家から毎日こだわりの野菜や果物が届けられ、
その野菜や果物で、えさきの総てのお料理は作られています


新鮮なこだわり野菜たちを使った斬新な組み合わせ  ・・・ ミシュラン東京審査のメインテーマは創造性  です。
えさきのお献立は総てに、この創造性が存分に発揮  されており、更にはその創造性の深さを模索している跡 サーチ が随所に感じられます。
またえさきは何れのお料理からも感動 ドキドキ が伝わって来ます ・・・ それは料理人の素材への真摯な姿勢  と、一皿に恐ろしい程  の手間が掛けられているからなのでしょう。
一手間  を掛ける時間と労力を惜しまない、プロの作品 割り箸 です。

そして店主の江崎新太郎氏は柑橘系のスペシャリスト
これ程柑橘  を知り尽くし、柑橘の魅力を引き出して アップ くれる人は他にはいないと思います。

江崎氏は 『生きることはおいしく食べること、だから、食べ物は安全でなくてはならない』 と言い、時間を見つけては天然の魚や、安全でおいしい有機農法の野菜を求めて旅に出ている  そうです。


このえさきスピリッツは私たちベジフルビューティーアドバイザー 野菜ソムリエの原点であり、そんなえさきから、自然な流れの中、私たちの新たな道がまたスタート  する ・・・ キヨティの言葉を借りれば、この日は私たちにとって、ある意味運命の日 ビックリマーク であったのかもしれません ・・・


P1050210.jpg
 
江崎氏と



そして私たちがいつも楽しみにしている、ベジビューおみや  交換です。


 キヨティの 伊豆 のお土産とプティちゃん  シールです。

P1050236.jpg

“伊豆の踊子” の舞台となった伊豆市月ヶ瀬にある 小戸橋 の猪最中

天城の猪を型どった最中種に特殊の小豆餡をたっぷりと包んだ銘菓  です。
キヨティに出会わなければ、猪最中をいただくことも一生なかったと思います  
 

 takaccoさんの 川口荻窪 のお土産です。

P1050240.jpg

十勝甘納豆本舗 と岸朝子さんオススメの ルクールピュー のお菓子たち

吉永小百合さん主演の映画  “おとうと” の舞台が川口なんですね。
観なくっちゃ 目 ・・・


キヨティ 女の子 takaccoさん 女の子 ご馳走さまです 2f5cd8aabb29279f63b1a7d457013511_20090825152423.gif



'10 2月のAMY’Sスタイル

こんにちは 197


お料理教室AMY’Sは文字通り、お料理 ナイフとフォーク を勉強するお教室ですが、AMY’Sのコンセプトには “女性が楽しく、幸せな毎日を送るためのトータルなライフスタイルの提案” と謳われているように、AMY’Sは私たちの楽しいライフスタイル 虹 を、様々な方向から提案してくれる空間です。 

その一つに コスモスお花コスモス があります。

絵美先生はお花がとてもお好き  でいらっしゃり、青山丸の内のお教室やご自宅など、先生のいらっしゃる所々にはいつもフレッシュなお花たちが溢れています 2bfcfdcbe04013cd712d84192804925a.gif

私は毎月そんなAMY’S来て、移り変わっていく季節     を肌で実感しております c442624347a60819ec78f3791b64d4e9.gif


それではその旬のお花たちを眺めながら 目、今月のメニューをご紹介させていただきたいと思います



 

~ 2月のAMY’Sスタイル ~



P1050218.jpg 

P1050214.jpg  


オードブル

エミーズ流味噌おでん 

 

 P1050222.jpg 

 

219 金時人参、大根、玉こんにゃくを彩りピンチョス  にします ・・・ ピンチョスとは同じ大きさにカットしたものを串に刺すだけのもので、何でもピンチョスとなります。

219 つくねは同じ大きさのスプーン二本を使って何度も行ったり来たりし、フットボール型  にすれば、プロっぽくなります。

219 ベーコンを三つ折りにして真中へ切り目を入れてそこへ菜の花を刺せば、華やかな一品となります


メイン

リゾーニの冷汁

 

P1050223.jpg 

 

219 オードブルのおでんの煮汁を使います・・・無駄にはしません

219 リゾーニとはお米のパスタ  のことです。

 汁  を冷やす時には金物の器で冷やします。

 最後にオリーブオイルと黒胡椒を加えます ・・・ この組み合わせは味をアップ アップ させます。
 

デセール

さつまいものクリームマフィン

 

P1050224.jpg  


219 生地に蜂蜜や水飴を入れれば冷めても美味しくリッチな味わい

219 生地を混ぜる時には泡だて器ではなくゴムベラで混ぜます ・・・ 泡だて器 合格 ではグルテンが出てふわふわにはなりません。

219 さつま芋は電子レンジではなく蒸し器で蒸します ・・・ 電子レンジ  ではさつま芋の甘味が出難くなります。


ワイン


P1050225.jpg 

219 オーストラリアのシャルドネ100%、クールキャットは “ワインを飲んで猫 05aa1b23dd250ec656ea828e66f805d3.gif のように寝ろ ” という意味だそうです。

219 フランスに比べ癖が強いため、味噌などのお料理によく合います



如何でしょうか ・・・ 2月のAMY’Sスタイルを感じていただけましたでしょうか 198 



P1050215.jpg 

 P1050219.jpg  




私は今回お教室の後、湯島天神へ梅を観に行きました。


今月11日、絵美先生のお父さまで映画監督の井上梅次さんが、ご永眠なさいました。

以前お教室で絵美先生が、私は梅が大好きなんです、父の名にも梅がつきますし、私は梅には縁があるんです” ・・・とおっしゃっていたことを思い出し、無性に湯島の梅が観たくなりました。



湯島の梅   

湯島天神を訪れたのは大学卒業前、卒業試験と国家試験の合格祈願に行って以来です。

あの時もやはり2月の終わり頃、梅の綺麗な時期でした。


湯島の五分咲き紅梅です。

P1050228.jpg


湯島の白梅は有名です。

P1050229.jpg

東京はこの日も青空です。


湯島の梅が美しく映えるこの青空のどこかで、絵美先生のお父さまはAMY’Sをきっと見守っていてくださることと思います。


 

過去のAMY’Sスタイルは、当ブログ左カテゴリ140 にあります、AMY’Sスタイルをクリック していただきますと、お入りいただけます



01 | 2010/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR