ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 龍吟 Ⅴ~ 加奈子先生

こんにちは キラキラ の画像


先日、母上さまもご一緒に加奈子先生と龍吟へ行って来ました


【龍吟】 とは、2003年12月23日、オーナー 山本征冶氏が六本木にオープンした日本料理店です 割り箸


山本征冶氏は 『ミシュランガイド東京』 2011 ~ 2014で連続三ツ星獲得を初めとし 星星星、世界的な数々の賞を受賞  ・・・ 日本料理でこれ程迄に華々しい受賞歴を持つ料理人は先ずいません コック デコメ絵文字


龍吟のコンセプトは ・・・


『日本料理を拵え、日本の食材の素晴らしさを日々披露する事は “和” の精神を多くの方々と共有し、日本全土の豊かさ尊さを伝え、ひと時の美味しい晩餐を互いに愛で合う空間を設けるという事。

そして誇りを持ってお伝え出来るという事は、日本の大切な “国家職務 ”に携わる事と同じ事なのかもしれない …』



・・・ と、日々そんな使命感で職務を熟す山本氏は、日の丸を背負う正に日本料理の侍です ちょんまげ デコメ絵文字  



それでは強い使命感を持って任務に向かう侍の作品をご紹介させていただきたいと思います


エントランス ドア

P1050805.jpg

夜も華やかな六本木の大通りから一本入った所に、龍吟はひっそりとあります

日の丸に、山本氏の強い侍魂が感じられます 日の丸 デコメ絵文字


看板 ビックリ デコメ絵文字

P1050807.jpg

この “龍吟” の由来は “禅” の言葉にある “龍吟雲起” から来ているのだそうです ビックリ デコメ絵文字


位置皿 フォーク・スプーン デコメ絵文字

P1050812.jpg

これ↓

P1050809.jpg

銅鑼の音が聞こえてきそうな高級チャイニーズをイメージする設えは 、流石は外国人客が多い訳も納得です


お献立 メール デコメ絵文字

P1050813.jpg

いつもコレを開封する時はワクワクです ホワホワ☆ハート デコメ絵文字


シャンパン シャンパン 酒 デコメ絵文字

P1050815.jpg


~ 始まりは様々な “感覚” から ・・・ ~
季節・香り・温度・食感・そして組み合わせ


“うに” “枝豆” “とうもろこし”

P1050816.jpg

P1050818.jpg

まるでソルティードッグ グラス デコメ絵文字 ・・・ 周りのお塩がトウモロコシの甘さをより引き立てています 矢印 デコメ絵文字


“毛蟹” “万願寺唐辛子 ”  

P1050822.jpg

万能な万願寺唐辛子が始まりを盛り上げています アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字

そしてたっぷりの毛蟹が カニ デコメ絵文字 夏の竜宮城へと導いてくれているよう 竜宮城 デコメ絵文字


“宮城 鱶鰭” “鮑” “れたす” “丸芋” “黒慈姑”
 
P1050824.jpg

これ↓

P1050825.jpg

ワ ~~~、夏の魅力全開・・・ ハンパなく肉厚な鮑とフカヒレが最高のパフォーマンスを見せてくれています ぴかぴか(新しい)

もう ☆びっくりはてな☆ の画像 ですが私の今日の1番かも  ・・・ いつも、龍吟のココのポジションが1番なのです


~ “椀” 引き立て “一番出汁” への想い ~
富士 “青龍水” と香深の “蔵囲い昆布”
削ったばかりの “枕埼 本古節”


“淡路島 鱧” “加茂茄子”
“桃樹液” “青柚子”


P1050827.jpg

蓋を開けると 目 ・・・

P1050829.jpg

アレ、かんだの椀物に似ている ☆びっくりはてな☆ の画像 ・・・ キッチリと和食の引き算が成立し 、カラダがドンドン浄化されて行く ダイヤ デコメ絵文字 ~~~

そして旬の鱧が、季節に見合ったカラダへと優しく導いてくれる 顔


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです


“吉兆 食事の心得” より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


シンプルモダンな器で、日本料理の王道を決して外さない地味ささえも感じる  ・・・ やはこれが、目を閉じても、椀物がその店のレベルを計る看板と言われる証しなのでしょう


~ “お造り” 日本近海からの便り ~
海の豊かさ 潮の流れ

“海の幸” 三皿仕立て


P1050830.jpg

P1050831.jpg

真子鰈、カマス、鰹 ・・・ 其々微妙に異なる旬の食感 ビックリ デコメ絵文字、そして旬の味わいのコラボ !! デコメ絵文字 

こちらは正に、五感で味わうお造りワールドですね キラキラ デコメ絵文字食べ物 デコメ絵文字キラキラ デコメ絵文字

中でも肉厚な鰹のインパクトは最強です


~日本料理の “夏祭り” ~
風物詩

名物 “泳がし鮎”


塩を振り ただ焼くだけ ・・・ 偉大なる炭火の “ちから” を愛で合う為に ・・・


先ずは器が ・・・

P1050832.jpg

そしてこの演出 祭り☆ちょうちん デコメ絵文字

P1050836.jpg

これ↓

P1050841.jpg

待ってました~~~ ・・・これを目当てに毎夏、世界中からグルメな人々が集まる龍吟風物詩 ベル デコメ絵文字 “鮎 さんま デコメ絵文字

私のような素人が言うことではありませんが、この二つの尊い命に、ただただ感謝です

日本人に生まれ、日本の夏に出会えて良かったと思える瞬間です 顔


箸休め

P1050843.jpg

箸休めと言うには余りに勿体ない  ・・・ 贅沢過ぎる、完璧すぎる素麺です ラーメン デコメ絵文字


~ 故郷の恵み ~
香川県 『観光大使』 として ・・・

日本のオリーブ植栽 百年歴史の地
“讃岐オリーブ牛” “淡路 玉葱” “松葉独活”


P1050844.jpg

母上様、お肉がお好きなようです ラブラブ


出汁を掛けて やかん デコメ絵文字 ・・・

P1050847.jpg

これ↓

P1050849.jpg

オリーブを食して育った讃岐牛 牛 デコメ絵文字 ・・・ オリーブオイルに含まれるオメガ9が滴る ~ まるで “サプリステーキ カプセル薬 デコメ絵文字

たっぷりとヘルシーオイリーな牛肉 ステーキ とフレッシュで水々しい玉葱 たまねぎ デコメ絵文字、シャキシャキアスパラ アスパラガス デコメ絵文字 とのコラボは正に “食の楽しさ発見 サーチ です


~ “天然大鰻” ~

この「宝物」をいつまでも・・・
炭火による “串焼” “蒲焼”
国家 菊椀
 五色菜々漬“



P1050851.jpg

これ↓

P1050853.jpg

引きの強い弾力のある白焼きです 食べ物だよ。串揚げ の画像


龍吟鰻弁当のためだけに作られた竹わっぱ お弁当 デコメ絵文字

P1050855.jpg


P1050857.jpg

蓋を開けると 目 ・・・

P1050858.jpg

またまた待ってました~~~ ・・・ やはりこれを目当てに毎夏、世界中からグルメな人々が集まるコチラも龍吟風物詩 ベル デコメ絵文字 “天然大鰻 見てね(^◇^)┛ うなぎだょ の画像

どんなに感謝してもしきれない程に尊い命です

やはり日本人に生まれ、日本の夏に出会えて良かったと思える瞬間です 顔


世界一贅沢な鰻弁当 食べ物だよ。うな重 の画像

P1050862.jpg

食べきってしまうのが勿体ない おぉ! ~~~ こんな幸せな鰻弁当はありません しあわせ~


安定の国家菊椀 菊 デコメ絵文字

P1050864.jpg


~甘味 終宴~

冷涼・温もり・遊び心・懐かしさ そして誘惑
龍吟13種の夢茶より ・・・ 今夜は “十路”
削り出し “氷菓” “ヌマスグリ”


P1050868.jpg

蓮の葉に細雪が積もっているよう 雪 デコメ絵文字  ・・・ 目でも舌でも美しいかき氷です かき氷 デコメ絵文字 


“菴羅” ぷりん

P1050870.jpg

トロケルマンゴープリン マンゴー デコメ絵文字 ・・・ いつまででも食べていたい上品さです 無題 デコメ絵文字


~“知足 ・・・” ひと刻の “想い”~

抹茶 お茶 デコメ絵文字

P1050873.jpg

山本氏の料理は、目から、舌から、力強い侍魂が細胞の隅々にまでダイレクトに伝わって来る 恋の矢 ・・・ 強いメッセージのあるお料理、感服です


山本氏曰く ・・・


“日本料理は、我が国 日本の “豊かさ” を “象徴” するものです。

日本の “至宝” たる素材を、極めて自然な状態で味わう事を 「何よりの御馳走」 とします
 
“素材大国” 日本だからこそ出来る事 …。
それは自らが選び抜いた素材の力を自らが信じて、それを誇れる料理を造る事

世界に誇れる日本の優れた食材は我々“日本人の誇りです””



今回私たちが訪問した時は、季節のグラデュエーション 夏の終わり うちわ デコメ絵文字

日本の夏の名残を肌で感じ 、自然の恵みを愛で  ・・・ 山本氏の言う 「何よりの御馳走」 をいただくことが出来ました しあわせ~


山本氏も “僕も日本の季節が好きです” と仰います ビックリ デコメ絵文字


山本氏 コック デコメ絵文字、加奈子先生 看護師 デコメ絵文字、母上様

山本さん、加奈子先生、母上様

山本さんに思わず “幸せをありがとうございます しあわせ~ と言ってしまったワタシ ・・・ 心から感謝です


そしてこの 「何よりの御馳走」 を季節のグラデュエーションとし、また違う季節の移ろいと自然の恵みをいただきに参ります




ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 龍吟 Ⅲ~ 敬子ちゃん

こんにちは キラキラ の画像

先日、敬子ちゃんと龍吟へ行って来ました


【龍吟】 とは、2003年12月23日、オーナー 山本征冶氏が六本木にオープンした日本料理店です 割り箸


山本征冶氏は 『ミシュランガイド東京』 2011 ~ 2017で連続三ツ星獲得を初めとし 星星星、世界的な数々の賞を受賞  ・・・ 日本料理でこれ程迄に華々しい受賞歴を持つ料理人は先ずいません コック デコメ絵文字


龍吟のコンセプトは ・・・


『日本料理を拵え、日本の食材の素晴らしさを日々披露する事は “和” の精神を多くの方々と共有し、日本全土の豊かさ尊さを伝え、ひと時の美味しい晩餐を互いに愛で合う空間を設けるという事。

そして誇りを持ってお伝え出来るという事は、日本の大切な “国家職務 ”に携わる事と同じ事なのかもしれない …』



・・・ と、日々そんな使命感で職務を熟す山本氏は、日の丸を背負う正に日本料理の侍です ちょんまげ デコメ絵文字  



それでは強い使命感を持って任務に向かう侍の作品をご紹介させていただきたいと思います


エントランス ドア

P1590797.jpg
P1590799.jpg

夜も華やかな六本木の大通りから一本入った所に、龍吟はひっそりとあります

日の丸に、山本氏の強い侍魂が感じられます 日の丸 デコメ絵文字


看板 ビックリ デコメ絵文字

P1590801.jpg

この “龍吟” の由来は “禅” の言葉にある “龍吟雲起” から来ているのだそうです ビックリ デコメ絵文字


お二階のウエイティング 机/学校 デコメ絵文字

P1590805.jpg

こちらの化け物にようにデカいフクロウ ふくろう(ウトウト) デコメ絵文字  ・・・ 右が “龍ちゃん” 左が “吟ちゃん” 二人合わせて “龍吟ちゃん ビックリマーク デコメ絵文字

フクロウの性質は夜行性で、しかも相手に対しては全く我関せずであるため、私がどんなにチョッカイを出しても無反応でした


位置皿 フォーク・スプーン デコメ絵文字

P1590806.jpg

これ↓

P1590807.jpg

銅鑼の音が聞こえてきそうな高級チャイニーズをイメージする設えは 、流石は外国人客が多い訳も納得です


龍吟箸 割り箸

P1590815.jpg

こちらのお箸は山本氏の故郷 香川県の貴重な木材を使用したものだそうです 木 森ガール デコメ絵文字 ・・・ この長さに非日常が感じられ、私は好き ラブラブ


山本氏からシャンパンのサービス シャンパン 酒 デコメ絵文字

P1590811.jpg

これ↓

P1590814.jpg

かんぱ ~~~ い シャンパン 酒 デコメ絵文字


~ 始まりは様々な “感覚” から ・・・ ~
季節・香り・温度・食感・そして組み合わせ



“雲子” “聖護院蕪”  

P1590817.jpg

行き成りフワフワトロトロな白子に笑顔の私たち にひひにひひ


“からすみ” “大根”

P1590824.jpg

こちらのカラスミ、どんだけ手を掛けているのか おぉ! と思う位、あり得ない仕上がり !!!!!!!! 2 デコメ絵文字 ・・・ 口に入れて鼻から香りが抜けていくところまで計算されている完成度の高さです ぴかぴか(新しい)

なくなっていくのがこれ程名残惜しいものとは  ・・・


“せいこ蟹”  

江戸切子と輪島の蒔絵

P1590835.jpg

蓋を開けると 目 ・・・

P1590840.jpg

こちらもどんだけ手を掛けているのか おぉ! と、気か遠くなるような仕事が伝わって来る作品 カニ デコメ絵文字 ・・・ ご立派以前に、感動の逸品です うるうる デコメ絵文字 

もう ☆びっくりはてな☆ の画像 ですが ・・・ 私の今日の1番かも  ・・・

P1590842.jpg

こちらの輪島の蟹の画のプレートも 絵の具 デコメ絵文字、この料理のために作ったオリジナルなのだそうです ビックリ デコメ絵文字 ・・・ 気合に脱帽


こうなればやはりお酒 日本酒 デコメ絵文字

P1590830.jpg

“美丈夫” というネーミングがステキ ゴールドキラキラ デコメ絵文字


グラス選び マグカップ デコメ絵文字

P1590825.jpg

これ↓

P1590831.jpg

400

P1590827.jpg

これ↓

P1590828.jpg


~ “椀” 引き立て “一番出汁” への想い ~
富士 “青龍水” と香深の “蔵囲い昆布”
削ったばかりの “枕埼 本古節”


“のどぐろ” “ゆば玉” “白舞茸”


P1590844.jpg

蓋を開けると 目 ・・・

P1590846.jpg

アレ、かんだの椀物に似ている !? ・・・ キッチリと和食の引き算が成立し 、カラダがドンドン浄化されて行く ダイヤ デコメ絵文字 ~~~

そして旬ののどぐろが 鯛 デコメ絵文字、季節に見合ったカラダへと優しく導いてくれる 顔

更に白舞茸とゆば玉が、優しい気持ちにしてくれる


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです


“吉兆 食事の心得” より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


シンプルモダンな器で、日本料理の王道を決して外さない地味ささえも感じる  ・・・ やはこれが、目を閉じても、椀物がその店のレベルを計る看板と言われる証しなのでしょう


蓋裏の画  ビックリ デコメ絵文字

P1590848.jpg

如何にも龍吟らしい キラキラ


~ “お造り” 日本近海からの便り ~
海の豊かさ 潮の流れ

“海の幸” 三皿仕立て


P1590850.jpg 

プリップリ真鯛 鯛 デコメ絵文字、モッチリアオリイカ 踊りイカ デコメ絵文字、トロットロ鰹 魚 デコメ絵文字と、其々が全く異なる食感 ビックリ デコメ絵文字、そして味わいのコラボ !! デコメ絵文字 ・・・ こちらは正に、五感で味わうお造りワールドですね キラキラ デコメ絵文字食べ物 デコメ絵文字キラキラ デコメ絵文字


~“備長炭”~
焼きて香りし 炭火のちから
秋皿 一皿

“きんき”
“大黒しめじ” “銀杏”


P1590851.jpg

こちらの大黒しめじは、七福神の “大黒様” に似ていることからそうネーミングされたのだそうです ビックリ デコメ絵文字

そして栄養素は松茸を遥かに圧倒し アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字、価値もが輸入品が出回る松茸を遥かに超える貴重品 マツタケ デコメ絵文字 ・・・ もしかして神在月の出雲から来た私へのおもてなしかしら ☆びっくりはてな☆ の画像


~ “狩猟” の歴史 ~
野性を味わおう 野山からの初たより・・・

北海道 “蝦夷鹿”
龍吟仕立て

P1590856.jpg

この濃厚な鹿赤身肉をいただけば しか デコメ絵文字、風邪ウイルスもインフルエンザウイルスもぶっ飛んでしまう 爆弾 デコメ絵文字 ・・・ これこそが自然界の予防医学なのです 病院 デコメ絵文字 


~ 瑞穂の国 ~
同釜食仲

“秋刀魚” “栗” 新米
“国花菊椀” “日の丸” 紅白漬


P1590864.jpg

栗 デコメ絵文字 と秋刀魚 さんま デコメ絵文字 ・・・ 同じ秋食材の代名詞でありながら、それをコラボでいただくことは初めて おぉ!

お互いが不思議と馴染み合い 合格、お互いの癖を消し合い 、何だかとっってもナチュラルな味わいに ごはん ・・・ そして後に、栗と秋刀魚の風味が単独で蘇って来る ホワホワ☆ハート デコメ絵文字

P1590860.jpg

いつもながら素晴らしいプレゼンテーションです 菊 デコメ絵文字

P1590862.jpg

こちらは日の丸に見立てたアレンジです 日の丸 デコメ絵文字

やはり日本人に生まれ、日本の四季に出会えて良かったと思える瞬間 顔


クリスマス限定茶碗 クリスマスツリー デコメ絵文字

P1590865.jpg

この時季だけの使用です


~甘味 終宴~

冷涼・温もり・遊び心・懐かしさ そして誘惑
“おくるみ” “焼きみかん”



P1590870.jpg

イチジクと求肥なんて想像しただけでテンションアップしそう no titleの画像 プリ画像 ~~~ でも食べてもっとテンションアップ 矢印 デコメ絵文字矢印 デコメ絵文字

求肥をグニャッと噛み締め キモカワ デコメ絵文字、中からイチジクの種をブチッ噛み締め キモカワ デコメ絵文字 ・・・ も ~~~、鳥肌が出る程美味しい 喜ぶ デコメ絵文字 ~~~


P1590872.jpg

こちらは甘酒スフレです チーズケーキ デコメ絵文字

包み込んでくれるような甘酒の優しい風味に柑橘が混ざって みかん デコメ絵文字 ホントに幸せなひと時です しあわせ~ 


~“知足 ・・・” ひと刻の “想い”~

抹茶 お茶 デコメ絵文字

P1590875.jpg


山本氏の料理は、目から、舌から、力強い侍魂が細胞の隅々にまでダイレクトに伝わって来る 恋の矢 ・・・ 強いメッセージのあるお料理、感服です


山本氏曰く ・・・


“日本料理は、我が国 日本の “豊かさ” を “象徴” するものです。

日本の “至宝” たる素材を、極めて自然な状態で味わう事を 「何よりの御馳走」 とします
 
“素材大国” 日本だからこそ出来る事 …。
それは自らが選び抜いた素材の力を自らが信じて、それを誇れる料理を造る事

世界に誇れる日本の優れた食材は我々“日本人の誇りです””



今回私たちが訪問した時は、季節のグラデュエーション秋から冬へ もみじといちょうの葉 デコメ絵文字

この日本の四季を肌で感じ 、自然の恵みを愛で  ・・・ 山本氏の言う 「何よりの御馳走」 をいただくことが出来ました しあわせ~


山本氏も “僕も日本の季節が好きです” と仰います ビックリ デコメ絵文字


山本氏 コック デコメ絵文字、敬子ちゃん おとめ座

山本さん、敬子さんアプリ
山本さんアプリ


思わず “次回は冬から春で伺います と言ってしまったワタシ にひひ 

山本氏  “冬から春ですね、覚えておきますからね  と ニコニコ ・・・

次回は 「何よりの御馳走」 ~ “冬から春へ の移ろいと自然の恵みをいただきに参ります




ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 龍吟 Ⅱ~ 恵理ちゃん

こんにちは ディズニー 音符 デコメ絵文字

先日、恵理ちゃんと龍吟へ行って来ました


【龍吟】 とは、2003年12月23日、オーナー 山本征冶氏が六本木にオープンした日本料理店です 割り箸


山本征冶氏は 『ミシュランガイド東京』 2011 ~ 2014で連続三ツ星獲得を初めとし 星星星、世界的な数々の賞を受賞  ・・・ 日本料理でこれ程迄に華々しい受賞歴を持つ料理人は先ずいません コック デコメ絵文字


龍吟のコンセプトは ・・・


『日本料理を拵え、日本の食材の素晴らしさを日々披露する事は “和” の精神を多くの方々と共有し、日本全土の豊かさ尊さを伝え、ひと時の美味しい晩餐を互いに愛で合う空間を設けるという事。

そして誇りを持ってお伝え出来るという事は、日本の大切な “国家職務 ”に携わる事と同じ事なのかもしれない …』



・・・ と、日々そんな使命感で職務を熟す山本氏は、日の丸を背負う正に日本料理の侍です ちょんまげ デコメ絵文字  



それでは強い使命感を持って任務に向かう侍の作品をご紹介させていただきたいと思います


エントランス ドア

P1570474 (2)

夜も華やかな六本木の大通りから一本入った所に、龍吟はひっそりとあります

日の丸に、山本氏の強い侍魂が感じられます 日の丸 デコメ絵文字


看板 ビックリ デコメ絵文字

P1570481 (2)

この “龍吟” の由来は “禅” の言葉にある “龍吟雲起” から来ているのだそうです ビックリ デコメ絵文字


位置皿 フォーク・スプーン デコメ絵文字

P1570483 (2)

これ↓

P1570485 (2)

銅鑼の音が聞こえてきそうな高級チャイニーズをイメージする設えは 、流石は外国人客が多い訳も納得です


ナプキン 三角ナプキン デコメ絵文字

P1570486 (2)


龍吟箸 割り箸

P1570492 (2)


先付

鱧、自然薯

P1570490 (2)

行き成り鱧のフワフワ感と自然薯のモッチリ感に笑顔の私たち にひひにひひ


~ 始まりは様々な “感覚” から ・・・ ~
季節・香り・温度・食感・そして組み合わせ



“枝豆” “若豆” “有明海苔”
“アワビ” “”肝醤油” と “貝柱の出汁”
“冬瓜” “おくら” “五穀のきび”


P1570494 (2)

こちらの有明海苔が絶妙なアクセントとなり 、始まりを盛り上げています アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字

そして肉厚な鮑が アワビ 夏の竜宮城へと導いてくれているよう 竜宮城 デコメ絵文字


“ムラサキウニ” “焼とうもろこし” “アメーラ” ”   

P1570497 (2)

蓋を開けると 目 ・・・

P1570499 (2)

ワ ~~~、夏の魅力全開・・・ 冷えた夏食材たちが最高のパフォーマンスを見せてくれています ぴかぴか(新しい)ウニ デコメ絵文字とうもろこし デコメ絵文字*うちの大好きなトマト2* デコメ絵文字ぴかぴか(新しい)

もう ☆びっくりはてな☆ の画像 ですが ・・・ 私の今日の1番かも  ・・・


~ “椀” 引き立て “一番出汁” への想い ~
富士 “青龍水” と香深の “蔵囲い昆布”
削ったばかりの “枕埼 本古節”


“淡路島 鱧” “加茂茄子”
“順菜” “青柚子”


P1570501 (2)

蓋を開けると 目 ・・・

P1570503 (2)

アレ、かんだの椀物に似ている !? ・・・ キッチリと和食の引き算が成立し 、カラダがドンドン浄化されて行く ダイヤ デコメ絵文字 ~~~

そして旬の鱧が、季節に見合ったカラダへと優しく導いてくれる 顔


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです


“吉兆 食事の心得” より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


シンプルモダンな器で、日本料理の王道を決して外さない地味ささえも感じる  ・・・ やはこれが、目を閉じても、椀物がその店のレベルを計る看板と言われる証しなのでしょう


~ “お造り” 日本近海からの便り ~
海の豊かさ 潮の流れ

“海の幸” 三皿仕立て


P1570505 (2)

其々微妙に異なる食感 ビックリ デコメ絵文字、そして味わいのコラボ !! デコメ絵文字 ・・・ こちらは正に、五感で味わうお造りワールドですね キラキラ デコメ絵文字食べ物 デコメ絵文字キラキラ デコメ絵文字


~日本料理の “夏祭り” ~
風物詩

名物 “泳がし鮎”


塩を振り ただ焼くだけ ・・・ 偉大なる炭火の “ちから” を愛で合う為に ・・・


先ずは器が ・・・

P1570506 (2)


そしてこの演出 祭り☆ちょうちん デコメ絵文字

P1570510 (2)

これ↓

P1570513 (2)
P1570516 (2)

待ってました~~~ ・・・これを目当てに毎夏、世界中からグルメな人々が集まる龍吟風物詩 ベル デコメ絵文字 “鮎 さんま デコメ絵文字

私のような素人が言うことではありませんが、この二つの尊い命に、ただただ感謝です

日本人に生まれ、日本の夏に出会えて良かったと思える瞬間です 顔


~ 故郷の恵み ~
香川県 『観光大使』 として ・・・

日本のオリーブ植栽 百年歴史の地
“讃岐オリーブ牛” “新たまねぎ” “おりーぶアスパラ”


P1570519 (2)

蓋を開けると 目 ・・・

P1570523 (2)
P1570525 (2)

オリーブを食して育った讃岐牛 牛 デコメ絵文字 ・・・ オリーブオイルに含まれるオメガ9が滴る ~ まるで “サプリステーキ カプセル薬 デコメ絵文字

たっぷりとヘルシーオイリーな牛肉 ステーキ とフレッシュで水々しい玉葱 たまねぎ デコメ絵文字、シャキシャキアスパラ アスパラガス デコメ絵文字 とのコラボは正に “食の楽しさ発見 サーチ です


~ 1/100,000の奇跡 “天然大鰻” ~

この宝物をいつまでも・・・
炭火による “蒲焼”
白ご飯 味噌汁 五色菜夏漬“


P1570529 (2)

これ↓

P1570533 (2)

またまた待ってました~~~ ・・・ やはりこれを目当てに毎夏、世界中からグルメな人々が集まるコチラも龍吟風物詩 ベル デコメ絵文字 “天然大鰻 見てね(^◇^)┛ うなぎだょ の画像

どんなに感謝してもしきれない程に尊い命です

やはり日本人に生まれ、日本の夏に出会えて良かったと思える瞬間です 顔


世界一贅沢な鰻丼 キラキラ デコメ絵文字

P1570535 (2)

食べきってしまうのが勿体ない おぉ! ~~~ こんな幸せな丼はありません しあわせ~


~甘味 終宴~

冷涼・温もり・遊び心・懐かしさ そして誘惑
“トマト” “和三盆”



P1570537 (2)

ソースを掛けて やかん デコメ絵文字 ・・・

P1570539 (2)

フルーツトマトの甘さとフレッシュさが、食事に一層メリハリを与えます トマト


日本の誇り “国菊” oryzae
“熱爛” と “冷酒”


P1570540 (2)


P1570544 (2)

こちらは甘酒スフレです チーズケーキ デコメ絵文字

包み込んでくれるような甘酒の優しい風味が溜まりません  ~~~


~“知足 ・・・” ひと刻の “想い”~

抹茶 お茶 デコメ絵文字

P1570545 (2)


山本氏の料理は、目から、舌から、力強い侍魂が細胞の隅々にまでダイレクトに伝わって来る 恋の矢 ・・・ 強いメッセージのあるお料理、感服です


山本氏曰く ・・・


“日本料理は、我が国 日本の “豊かさ” を “象徴” するものです。

日本の “至宝” たる素材を、極めて自然な状態で味わう事を 「何よりの御馳走」 とします
 
“素材大国” 日本だからこそ出来る事 …。
それは自らが選び抜いた素材の力を自らが信じて、それを誇れる料理を造る事

世界に誇れる日本の優れた食材は我々“日本人の誇りです””



今回私たちが訪問した時は、季節のグラデュエーションの夏真っ只中  うちわ デコメ絵文字

この日本の夏を肌で感じ 、自然の恵みを愛で  ・・・ 山本氏の言う 「何よりの御馳走」 をいただくことが出来ました しあわせ~


山本氏も “僕も日本の季節が好きです” と仰います ビックリ デコメ絵文字


山本氏 コック デコメ絵文字、恵理ちゃん おとめ座

山本シェフ、恵理ちゃんアプリ (2)
山本シェフアプリ (2)

思わず “幸せをありがとうございます しあわせ~ と言ってしまったワタシ ・・・ 心から感謝です


そしてこの 「何よりの御馳走」 を季節のグラデュエーションとし、また違う季節の移ろいと自然の恵みをいただきに参ります




こちらは恵理ちゃんからいただいた “お浄め塩スプレー スプレー デコメ絵文字

P1570548 (2)

いつもバッグに入れて置いて不快な時にはシュシュしますね



08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR