ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 柏屋 Ⅲ

 
こんにちは キラキラ の画像


先日、十六回目の京都・大阪ミシュラン へ行って来ました


京都・大阪ミシュランパートナーは、大学時代からの親友 ち~ちゃんです おとめ座


今回の訪問は  『ミシュランガイド京都 ・大阪版2015  本 で、三つ星料亭 星星星 に輝いている柏屋嘉粋庵 ビックリマーク


ある大手企業の食通な会長から “京都が嵐山吉兆ならば 、大阪は柏屋嘉粋庵 ” “柏屋は大阪料亭の王者  とお伺いし、 昨年7月に初訪問させていただいて以来、今ではすっかり柏屋ファンです~~~


【柏屋 嘉粋庵】 とは、1977年、店主 松尾英明氏が大阪千里丘陵にオープンした木造屋造りの料亭です 割り箸


松尾英明氏は滋賀県大津の名店 “招福楼“ で研鑽を積み、一方大学では物理学を専攻していたことから、料理も分子ガストロノミーで科学 フラスコ の画像 ・・・柏屋オープン後、四季折々の日本料理の伝統を重んじながらも ビックリマーク 時代の流れを取り入れ ビックリマーク、正に重厚と斬新が共存する料理を提案し !!、最短でミシュラン三つ星を獲得 ベル

今、世界から注目を集めている日本料理人の一人です サーチ


千里山の一隅に趣深く佇む柏屋

 P1500359 (2)
P1500360 (2)

名神高速道路北側沿いの住宅街に佇む普通の一軒家 家 デコメ絵文字 ・・・ タクシードライバーでさえ迷うと言う、正に隠れ家的ロケーションですね  絵文字初期の画像 プリ画像


エントランスへ向かう門 門 デコメ絵文字

P1500363 (2)
P1520028 (2)


エントランスへ登る階段 人間 デコメ絵文字

P1500367 (2)


エントランス横の待合 タバコ凸絵文字の画像 プリ画像

P1530778 (2)


部屋へ向かう途中に見える中庭 池 デコメ絵文字

P1530780 (2)


今回私たちが準備していただいたテーブル席のお部屋 携帯

P1530784 (2)
P1530785 (2)

和室のテーブル席 机と椅子のデコメ絵文字 ・・・ 大正ロマンを彷彿とさせるレトロ感が好きです


お床

P1530787 (2)

“花開寿国春”

P1530789 (2)

早春のしつらえですね 桃の花 デコメ絵文字


飾り床のお扇子 扇子 デコメ絵文字

P1530792 (2)

お雛祭り真っ盛りです ひな祭り・ひな人形・ハート デコメ絵文字

部屋付きのお庭 鹿おどし デコメ絵文字

P1520050 (2)


ち~ちゃん おとめ座

ち~ちゃんと (2)

大学時代からの親友は、18歳の時から人生の良きも悪きも総てを理解し合って来た掛替えのない友です  

最近はお互いの老後のコトまでも本音で話し合うようになり お年寄り デコメ絵文字  ・・・ 正に生涯を通した友ですね



この日は “桃の節句 ぼんぼり ひな祭り デコメ絵文字  ・・・ それでは静かに時間が流れる中、柏屋 桃の節句懐石と風情をご紹介させていただきたいと思います


お茶 お茶

P1500385 (2)

先ずは一服

この縦長フォルムが掌に馴染み、篠焼きの落ち着き感を益々アップしてくれます no titleの画像 プリ画像


先付

伊勢海老の酒盗漬け 

P1530801 (2)

先ずは甘酒で心身を清めます 400

これ↓

P1530799 (2)

こちらの車海老は生ではありませんが、限りなくフレッシュで元気いっぱのコリコリ生食感 キラキラ ・・・ いつも同じ会話をしていますが、 “やはり柏屋さんって海老がお得意ね 海老 デコメ絵文字と顔を見合わせて納得です 目

そして “酒盗漬” とは、鰹の内臓を発酵させた所へ漬けたもので、お酒がなくなる位に箸が進むという意味 400 ・・・ はい 、お蔭で甘酒が一気に空っぽです おぉ! 


先付の変

蛤 つくし こごみ 筍 水菜
蛤の煮汁で、生胡椒の塩漬けと共に 


P1530802 (2)

ワ ~~~ 顔、まるで春の味覚満載 ぴかぴか(新しい)

ドレもコレもフレッシュ食感のハーモニーが堪らない  ~~~

そしてこちらの蛤の煮汁は春の味覚200%の絶品です


煮物椀

生このこ真薯 よもぎ入り湯葉蒸し豆腐 

P1530805 (2)

お雛祭りのひし餅に見立てたよもぎ入り湯葉蒸し豆腐は、柔らかくてプルンプルン 豆腐 デコメ絵文字

生このこ真薯は、噛むほどにこのこの風味がジワジワ溢れ出てくる アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字 

そしてこちらのお出汁、鰹の風味が総て 魚 デコメ絵文字 ・・・ いつまででも飲み続けていたい滋味深い鰹風味は、ココロとカラダを芯から幸せにしてくれる しあわせ~ 正に幸せの煮物椀 味噌汁 デコメ絵文字


こちらは間違えなく、 “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” の中へ入ります ベル デコメ絵文字


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


蓋裏

P1530808 (2)

ご立派な金の絵柄が描かれています 絵具 デコメ絵文字


こちらの桃の節句 煮物椀は、嵐山吉兆と同じ感動を与えてくれた一品  ・・・ つまり柏屋も、最高レベルの料亭 ベル デコメ絵文字 ・・・ と言うことになります。


造里

鯛 よこわ さより

P1530814 (2)

ドレもハンパなくフレッシュ 牛肉??豚肉?? のデコメ絵文字


こちらはお雛様の持つ檜扇に見立てた大根

P1530810 (2)

こちらはお内裏様の笏に見立てた大根

P1530812 (2)

檜扇と笏、一見おままごと的に見える細工にも、トコトン真剣に向かう職人魂は素敵です


冷やし物

ホタルイカと岩牛蒡の蕎麦

P1530816 (2)

こちらはホタルイカの風味が総て イカ スルメ デコメ絵文字 ・・・ ホタルイカ好きには堪らない   ~~~

そしてこちらも、春の味覚200%の絶品です


八寸

イイダコの木の芽味噌 海老入り厚焼き玉子 菜の花 カラスミ 赤貝 独活を花桃に見たてて 白和え   

P1530817 (2)

これ↓

P1530819 (2)

春の食材でお雛祭りのアレンジです 桃の花 デコメ絵文字

イイダコと赤貝のコリッコリ食感が、これから春に向かうパワーを与えてくれているよう ダッシュ★*.~・*☆ デコメ絵文字 ・・・ 季節の食材の意味を身体で感じています 顔


焼き物

甘鯛の海老塩焼 

P1530823 (2)

昨年のXmasには同じミシュラン三ツ星のロブションで、やはり鯛の鱗焼をいただき 鯛 デコメ絵文字 ・・・ “まるで海老煎のように香りが良くてパリパリ ・・・ お魚と言うより、軽いスナック感覚です”  と言っていましたが、やはりココでも同じ

ロブションがソース海老煎!ならば柏屋は塩海老煎!ハート☆・・・何だか楽し過ぎます~~~

私たち、この食感大好きです ハート の画像


箸休

白魚の酒蒸し 薄えんどう ワカメ


P1530824 (2)

こちらの白魚 !ハート☆、えんどう !、ワカメ !ハート☆ ・・・ それだけでもう春を物語っていますね 鳥 デコメ絵文字  



焚合わせ

蕗の薹 椎茸 鮑の柔らか煮
吉野葛の餡掛け
 


P1530828 (2)

餡掛けと蕗の薹が実に合う  ・・・ こちらはまだ肌寒い早春の、ココロとカラダを温めてくれる一品ですね 鍋 デコメ絵文字


お食事

干しこの炊き込みご飯


P1530830 (2)

P1530832 (2)

これ↓

P1530833 (2)

噛み締める程に、干しこの風味が溜まりません  ~~~

更には味噌汁の味わいも溜まりません 味噌汁 デコメ絵文字 ~~~

日本人であることに感謝


果物

イチゴジュース 文旦のゼリー掛け 

P1530837 (2)
P1530838 (2)

イチゴジューズの濃厚な甘さ イチゴ  と文旦の甘酸っぱさ 柚子 デコメ絵文字 とのバランスがいい感じです 


お菓子

よもぎきんとん  

P1530839 (2)

甘さよりもよもぎ風味の強いきんとん クローバー デコメ絵文字  ・・・ やはり最後まで春尽くしですね 鳥 デコメ絵文字


お薄 

P1530843 (2)


総てのお料理において 割り箸 ・・・“一つの食材でこまで拘れるのか サーチという “究極の拘り” を肌で感じました おぉ!


ご主人曰 く “視点は常に客人へと向かい、妥協の無いもてなしに専心しております”


今回、柏屋では、お料理の美味しさだけではなく、 “まごごろ” も一緒にいただいたような気がします しあわせ~


“京都 嵐山吉兆” に続く私たちの二つ目の居場所  ・・・ それはココ “大阪 柏屋嘉粋庵” 


そして京都と大阪 ビックリ デコメ絵文字、吉兆と柏屋 ビックリ デコメ絵文字 ・・・敢えて邪道な比較をして見れば、食の素晴らしさに感動する吉兆 顔、食の奥深さを学ぶ柏屋  ・・・ 吉兆と柏屋は其々の拘りを持った決してブレることのない名料亭二つです !! デコメ絵文字


帰りは女将さんに門の外までお見送りをしていたいただき、私たちの姿が見えなくなるまで、ず ~~~ っと、見守っていてくださいました


“柏屋嘉粋庵四季の会 ” ・・・ 次回の訪問予定は早秋となりますが、どんな出会いや発見があるのかワクワク ドキドキ 、今からとても楽しみです



柏屋を後にした私たちは徒歩10分、恒例 女将さんおススメスイーツ メランジュへと向かいました  


メランジュ 家 デコメ絵文字

P1520114 (2)
P1520117 (2)

こちらはバウムクーヘン専門店ですが バームクーヘン デコメ絵文字、ケーキも人気です ケーキ デコメ絵文字


勿論早速イートイン フォーク・スプーン デコメ絵文字


ち~ちゃんチョイス パリジャン シュークリーム デコメ絵文字

P1530850 (2)


私チョイス 和茶ケーキ マカロン デコメ絵文字

P1530848 (2)

和食の後の洋菓子が、私たちの味覚を妙に満足させてくれる 合格 ・・・ コレが和洋折衷ということなのかしら  


そして次回チョイスするケーキも既に決まっています  ・・・ 食べることには限りなく積極的なワタシ  にひひ



ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 柏屋 Ⅱ

 
こんにちは キラキラ の画像


先日、十四回目の京都・大阪ミシュラン へ行って来ました


京都・大阪ミシュランパートナーは、大学時代からの親友 ち ~ ちゃんです おとめ座


今回の訪問は  『ミシュランガイド京都 ・大阪版2014  本 で、三つ星料亭 星星星 に輝いている柏屋嘉粋庵 ビックリマーク


ある大手企業の食通な会長から “京都が嵐山吉兆ならば 、大阪は柏屋嘉粋庵 ” “柏屋は大阪料亭の王者  とお伺いし ・・・ 嵐山吉兆をNo.1  と謳っている私たちとしては柏屋嘉粋庵へ行かない訳にはいかず  ・・・ 前回7月にお伺いさせていただき、(当然) 京都 ・大阪ミシュラン固定店に仲間入りという訳です~~~


【柏屋 嘉粋庵】 とは、1977年、店主 松尾英明氏が大阪千里丘陵にオープンした木造屋造りの料亭です 割り箸


松尾英明氏は滋賀県大津の名店 “招福楼“ で研鑽を積み、一方大学では物理学を専攻していたことから、料理も分子ガストロノミーで科学 フラスコ の画像 ・・・柏屋オープン後、四季折々の日本料理の伝統を重んじながらも ビックリマーク 時代の流れを取り入れ ビックリマーク、正に重厚と斬新が共存する料理を提案し !!、最短でミシュラン三つ星を獲得 ベル

今、世界から注目を集めている日本料理人の一人です サーチ


千里山の一隅に趣深く佇む柏屋

 P1500359 (2)
P1500360 (2)

名神高速道路北側沿いの住宅街に佇む普通の一軒家 家 デコメ絵文字 ・・・ タクシードライバーでさえ迷うと言う、正に隠れ家的ロケーションですね  絵文字初期の画像 プリ画像


エントランスへ向かう門 門 デコメ絵文字

P1500363 (2)
P1520028 (2)


エントランスへ登る階段 人間 デコメ絵文字

P1500367 (2)


今回私たちが準備していただいたテーブル席のお部屋 携帯

P1520041 (2)
P1520046 (2)

和室のテーブル席 机と椅子のデコメ絵文字 ・・・ 大正ロマンを彷彿とさせるレトロ感が好きです


お床

P1520042 (2)
P1520048 (2)

秋のしつらえですね 柿 デコメ絵文字


部屋付きのお庭 鹿おどし デコメ絵文字

P1520050 (2)


ち ~ ちゃん おとめ座

ち~ちゃん2 (2)

大学時代からの親友は、18歳の時から人生の良きも悪きも理解し合って来たかけがえのない友です  


この日は旧暦で “菊の節句 菊 のデコメ絵文字 ・・・ それでは静かに時間が流れる中、柏屋 菊の節句懐石と風情をご紹介させていただきたいと思います


お茶 お茶

P1500385 (2)

先ずは一服

この縦長フォルムが掌に馴染み、篠焼きの落ち着き感を益々アップしてくれます no titleの画像 プリ画像


先付

車海老 菊の酒盗漬け 

P1520055 (2)

先ずは菊酒で心身を清めます 400

これ↓

P1520057 (2)

こちらの車海老は生ではありませんが、限りなく生食感 キラキラ ・・・ 前回も同じ会話をしていましたが、 “やはり柏屋さんって海老がお得意ね 海老 デコメ絵文字と顔を見合わせて納得です 目

そして “酒盗漬” とは、鰹の内臓を発酵させた所へ漬けたもので、お酒がなくなる位に箸が進むという意味 400 ・・・ はい 、菊の酒盗漬けのお蔭で菊酒が一気に空っぽです おぉ! 


先付の変

目板カレイの菊造り 


P1520059 (2)

ワ ~~~ 顔、まるで菊の花にアレンジされたてっさのよう 鮪 のデコメ絵文字

こちらのカレイのプリプリ感と目葱のサクサク感のハーモニーが堪らない  ~~~

そしてこちらのタレは柏屋秘伝  ・・・ 甘い ! ~ 辛い !ハート☆ ~ 酸っぱい ! ~ と、五感満足度200%の絶品です


煮物椀

胡麻豆腐 松茸 鯛 

P1520062 (2)

ん ~~~ 、松茸の香ばしい香りがプ ~ ン マツタケ デコメ絵文字 ・・・ そして噛めば噛むほどに風味がフワ マツタケ デコメ絵文字 ~

またこちらの胡麻豆腐はツルッツルでクリーミーでかなり濃厚 豆腐 デコメ絵文字 ・・・ も ~~~、この胡麻豆腐だけでこの日柏屋さんへ訪問した価値あり 、この日のNo.1決定 ・・・兎に角超絶品

そしてこちらのお出汁、一口目はインパクトがあるにも関わらず、後に余韻を残さないキレのある味 ダイヤ デコメ絵文字 ・・・ 決して具材の邪魔をせず、椀全体の統一感をアップさせている no titleの画像 プリ画像 正に、完璧な煮物椀 味噌汁 デコメ絵文字


こちらは間違えなく、 “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” の中へ入ります ベル


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


蓋裏

P1520063 (2)

ご立派な金の菊が描かれています 菊 のデコメ絵文字


こちらの菊の節句 煮物椀は、嵐山吉兆と同じ感動を与えてくれた一品  ・・・ つまり柏屋も、最高レベルの料亭 ベル ・・・ と言うことになります。


造里

鮪漬けの五種造り

P1520066 (2)

とてもキュートなアレンジです かわいい

これ↓

生ウニととんぶり

P1520067 (2)

山芋

P1520069 (2)

アボガド

P1520071 (2)

揚げ椎茸

P1520074 (2)

白髪ネギ

P1520075 (2)


こちらの鮪の漬けはとってもオイリーで濃厚 食べ物 デコメ絵文字 ・・・ かなりヤバいです 叫び 


柏屋でこの五種造りスタイルは夏の鱧と秋の鮪だけだそうですが、私たちは前回と今回で、既にそのその両方を制覇  ・・・ な ~ んてLUCKY ニコニコ ~~~ 


八寸

白和え 銀杏 菊天婦羅 蛤と紫芋の市松しんじょう 子持ち鮎の甘露煮 鯛の昆布〆蟹味噌和え  

P1520079 (2)

これ↓

P1520081 (2)

P1520083 (2)

P1520085 (2)

こちらもドレもコレも、完璧過ぎるワールド ベル デコメ絵文字

中でも、白和えのコク深い濃厚さは忘れられない味です

こちらの器も菊の花と葉です 菊 のデコメ絵文字


焼き物一

松茸 

嬉しそうに香りを嗅ぐち ~ ちゃん 煙 デコメ絵文字

P1520091 (2)

P1520088 (2)

これ↓

P1520092 (2)

こちらの松茸、まるで避けるチーズのように綺麗な線維を描いた美しい形態 マツタケ デコメ絵文字

そしてその線維を噛み締める毎に松茸の風味が口の中いっっっぱいに広がり マツタケ デコメ絵文字、鼻から抜けていく 煙 デコメ絵文字 ・・・ これこそが秋の贅沢です ぴかぴか(新しい)顔ぴかぴか(新しい)

こちらの器も美しい菊の花です 菊 のデコメ絵文字


焼き物二

甘鯛の鱗焼き 

P1520094 (2)

鱗焼き大好きです 顔 ~~~ 食感を楽しみたい私たちは海鮮煎餅のような鱗のパリパリ感に目がないのです

しかしこちらの甘鯛の鱗焼きは鱗と身とが見事に一体化 鯛 デコメ絵文字 ・・・ 対局にある食感がここまでに統一化されるとは 合格、柏屋厨房の腕の凄さを感じずにはいられません おぉ!

こちらの器もまた美しい菊の花です 菊 のデコメ絵文字


箸休

菊葉のすり流し


P1520097 (2)

これ↓

P1520098 (2)

何だか旨味が詰まった青汁のよう ジュース デコメ絵文字 ~~~


焚合わせ

蟹餡 人参しんじょう菊の花仕立て 

P1520102 (2)

人参しんじょう菊の花仕立てが実に可愛らしい かわいい

こちらは人参ですが殆ど人参の風味はなく 、口当たりの優しいしんじょうと蟹餡とがピッタリです


お食事

松茸の餡かけご飯


P1520104 (2)

これ↓

P1520106 (2)

こちらも優しい餡とシャキシャキ食感の松茸にそそられます 鍋 デコメ絵文字


果物

パパイヤ マスカット 

P1520108 (2)

パパイヤのコンフォートの爽やかな甘さ マンゴー デコメ絵文字  とマスカットの甘酸っぱさ マスカット デコメ絵文字 とが溜まりません~~~ 

ん ~~~、フレッシュ キラキラ


お菓子

かさね  

P1520110 (2)


こちらは “かさね” と言われる柏屋定番の甘味ですが ようかん デコメ絵文字 、やはり最後まで菊尽くしですね 菊 のデコメ絵文字

右 ・・・ 菊の花は芋、葉は青のりでアレンジ !

左 ・・・ 卵、えんどう豆、紫芋でアレンジ !ハート☆

どちらも上品なお味です 無題 デコメ絵文字  


お薄 

P1520112 (2)



総てのお料理において 割り箸 ・・・“一つの食材でこまで拘れるのか サーチという “究極の拘り” を肌で感じました おぉ!


ご主人曰 く “視点は常に客人へと向かい、妥協の無いもてなしに専心しております”


今回、柏屋では、お料理の美味しさだけではなく、 “まごごろ” も一緒にいただいたような気がします しあわせ~


女将さん 着物 デコメ絵文字

女将さんとち~ちゃん (2)

ご主人の作品を女将さんが私たちへ丁寧に伝えてくださる ハート+くるくる の画像 ・・・ これは柏屋さんの素晴らしいリレーです バトンパス デコメ絵文字


“京都 嵐山吉兆” に続く私たちの二つ目の居場所  ・・・ それはココ “大阪 柏屋嘉粋庵” 


そして京都と大阪 ビックリ デコメ絵文字、吉兆と柏屋 ビックリ デコメ絵文字 ・・・ 最早この二つは比較出来るお話ではなく 、決してブレることのない其々の拘りを持った名料亭二つです !! デコメ絵文字


帰りは女将さんに門の外までお見送りをしていたいただき、私たちの姿が見えなくなるまで、ず ~~~ っと、見守っていてくださいました


“柏屋嘉粋庵四季の会 ” ・・・次回の訪問予定は来年早春となりますが、どんな出会いや発見があるのかワクワク ドキドキ 、今からとても楽しみです



柏屋を後にした私たちは、女将さんにおススメスイーツをご紹介いただき、歩いて10分程の所にあるメランジュへ向かいました  


メランジュ 家 デコメ絵文字

P1520114 (2)
P1520117 (2)

こちらはバウムクーヘン専門店ですが バームクーヘン デコメ絵文字、ケーキも人気だそうです ケーキ デコメ絵文字


早速イートインでオーダーしたモンブラン  モンブラン デコメ絵文字

P1520120 (2)

基本、洋栗モンブランを積極的にはいただくことはありませんが、コレは別 !!!! デコメ絵文字 ・・・ ボリューミーサイズでりながら、 優しく広がる甘 ~ い洋栗と 栗 デコメ絵文字 洋酒の香りに ブランデー デコメ絵文字 そそられ、ち ~ ちゃんも私もペロリ

お替わりをしたくてウズウズしていた私に 、ち ~ ちゃん、思わずプッと吹き出してしまいました にひひ



ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 柏屋 Ⅰ

 
こんにちは 音譜

先日、十三回目の京都・大阪ミシュラン へ行って来ました


京都・大阪ミシュランパートナーは、大学時代からの親友 ち ~ ちゃんです おとめ座


今まで京都・大阪ミシュランは京都への訪問が殆どでしたが、今回は大阪 新幹線 デコメ絵文字


ある大企業の食通な会長から “京都が嵐山吉兆ならば 、大阪は柏屋嘉粋庵 ” “柏屋は大阪料亭の王者  と伺い ・・・ 嵐山吉兆をNo.1  と謳っている私たちとしては、これは行かない訳にはいきません


・・・ という訳で今回の訪問は  『ミシュランガイド京都・大阪版2014  本 で、 三つ星料亭 星星星 に輝いている柏屋嘉粋庵です ビックリマーク


【柏屋 嘉粋庵】 とは、1977年、店主 松尾英明氏が大阪千里丘陵にオープンした木造屋造りの料亭です 割り箸


松尾英明氏は滋賀県大津の名店 “招福楼“ で研鑽を積み、一方大学では物理学を専攻していたことから、料理も分子ガストロノミーで科学 フラスコ の画像 ・・・柏屋オープン後、四季折々の日本料理の伝統を重んじながらも ビックリマーク 時代の流れを取り入れ ビックリマーク、正に重厚と斬新が共存する料理を提案し !!、最短でミシュラン三つ星を獲得 ベル

今、世界から注目を集めている日本料理人の一人です サーチ


千里山の一隅に趣深く佇む柏屋

 P1500359 (2)
P1500360 (2)

名神高速道路北側沿いの住宅街に佇む普通の一軒家 家 デコメ絵文字 ・・・ タクシードライバーでさえ迷うと言う、正に隠れ家的ロケーションですね  絵文字初期の画像 プリ画像


エントランスへ向かう門 門 デコメ絵文字

P1500363 (2)


エントランスへ登る階段 人間 デコメ絵文字

P1500367 (2)


お玄関へ一歩足を踏み入れると横には待合が タバコ凸絵文字の画像 プリ画像 ・・・

ち~ちゃん2 (2)

ホッと落ち着く瞬間です


今回私たちが準備していただいたお部屋 携帯 “沙羅”   

P1500370 (2) P1500373 (2)

12人仕様の掘りごたつ式のお部屋ですが、今回は私たちの二人仕様 にひひにひひ

広さの中にも、落ち着きが感じられるしつらえです 


お床

P1500375 (2)

シンプルな中にも、やはり落ち着きが感じられます  

ち~ちゃん

大学時代からの親友は、18歳の時から人生の良きも悪きも理解し合って来たかけがえのない友です  



それでは静かに時間が流れる中、柏屋 七夕の味覚と風情をご紹介させていただきたいと思います


お茶 お茶

P1500385 (2)

先ずは一服

この縦長フォルムが掌に馴染み、篠焼きの落ち着き感を益々アップしてくれます no titleの画像 プリ画像


先付

車海老 雲丹 アボガド 海老ゼリー 梶の木の葉を乗せて 

P1500382 (2)

古くから梶は神聖な木とされており 木 デコメ絵文字、七夕の節句ではこの梶の葉にお願い事を書き綴っていたのだそうです ☆七夕☆ デコメ絵文字 

これ↓

P1500383 (2)

こちらの車海老は生ではありませんが、限りなく生食感 キラキラ ・・・ 行き成り衝撃の味です 爆弾 デコメ絵文字

そして海老ゼリーは何処からどう食べても海老 海老 デコメ絵文字 海老 海老 デコメ絵文字 海老 海老 デコメ絵文字 ・・・ 二人で思わず “柏屋さんって海老がお得意なのかしら !?と顔を見合わせてしまいました 目

また雲丹 ウニ デコメ絵文字 とアボガド 果物だよ。アボカド の画像 がまろやか  ~~~ で、海老の風味が益々際立っています ぴかぴか(新しい)


先付の変

蛸 キャビア ゴーヤ  白キクラゲ
赤魚 長芋 岩茸 


P1500389 (2)

こちらの器は七夕の笹の葉を模ったもの 笹 デコメ絵文字 ・・・ 涼やかでよすね 風鈴 デコメ絵文字


煮物椀

シジミしんじょう キヌア入り葛豆腐 

P1500391 (2)

こちらの椀は天の川をイメージしたもの 天の川 デコメ絵文字 ・・・ 神秘的ですよね 宝石白

そしてこの葛豆腐 豆腐 デコメ絵文字、外郎のようなもっちり感 ようかん デコメ絵文字  とプリンのようなプルプル感 プリン デコメ絵文字 ・・・ も ~~~、この葛豆腐だけでこの日柏屋さんへ訪問した価値あり 、この日のNo.1決定 ・・・兎に角超絶品
また中に入れられているキヌアのプチプチ感が、また堪らない  ~~~

そしてシジミしんじょうは旬のシジミ風味がギューっと詰め込まれているシジミよりもシジミ感大 貝 デコメ絵文字 ・・・ 超満足

またこちらのお出汁、一口目はインパクトがあるにも関わらず、後に余韻を残さないキレのある味 ダイヤ デコメ絵文字 ・・・ 決して具材の邪魔をせず、椀全体の統一感をアップさせている no titleの画像 プリ画像 正に、完璧な煮物椀 味噌汁 デコメ絵文字


そしてこちらは間違えなく、 “死ぬまでに絶対食べておくモノリスト” の中へ入ります ベル


“吉兆 食事の心得”  より ・・・


~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~


こちらの七夕 煮物椀は、嵐山吉兆と同じ感動を与えてくれた一品  ・・・ つまり柏屋も、最高レベルの料亭 ベル ・・・ と言うことになります。


造里

鱧の五種造り

P1500393 (2)

とてもキュートなアレンジです かわいい


たたき寄せ

P1500398 (2)

落し

 P1500397 (2)

一枚落し

P1500399 (2)

油返し

P1500401 (2)

油が風味をアップ no titleの画像 プリ画像

炙り

 P1500403 (2)

焦げ具合が最高


こちらは総て同じ鱧から造られたものとは思えない おぉ! ・・・ 全部違う魚のよう 魚 デコメ絵文字


冷やし物

車海老と野菜の煮凍り 鮑 糸瓜 

P1500406 (2)

こちらの切子グラスも天の川をイメージしたもの 天の川 デコメ絵文字 ・・・ キラキラが美しいですよね ぴかぴか(新しい)

車海老と野菜の煮凍りは織り姫さま 海老 デコメ絵文字 ・・・ 十二単衣の文様を描いているのだそうです 新婦 デコメ絵文字

鮑はひこ星さま アワビ ・・・ 袴の文様を描いているのだそうです 紋付き袴男子 デコメ絵文字

オクラはお星さま 星、糸瓜は天の川 天の川 デコメ絵文字 ・・・ 淡白な糸瓜が何て深い味わいなのでしょう 感動泣き ~~~ ち~ちゃん、この日のNo.1です  

こちらは正に、完璧な七夕ワールド ☆七夕☆ デコメ絵文字


八寸

トウモロコシの天婦羅 枝豆とジャガイモの天婦羅 キス焼 吉田牧場のリコッタチーズ 赤ズイキとゴマの白和え 小茄子 さつま芋と椎茸 

P1500411 (2)

こちらもドレもコレも、完璧過ぎるワールド ベル デコメ絵文字

中でも、赤ズイキと白和えのコク深い濃厚さは忘れられない味です


焼き物

琵琶湖産 鮎の塩焼き 

P1500412 (2)

これ↓

P1500415 (2)

こちらは嵐山吉兆と同じプレゼン  “琵琶湖産 鮎の塩焼き さんま デコメ絵文字

・・・ となるとどうしても比較してしまう悪い癖です

嵐山吉兆は塩がやや多目で肝の苦さの際立っている

一方柏屋は塩味がやや控え目で全体的に淡白

・・・ これは料理法の違いなのか はてなマーク、琵琶湖産 鮎の中でも微妙な違いなのか はてなマーク ・・・

それにしても京都料亭No.1と大阪料亭No.1との比較なんて ・・・ 最高に面白い ~~~


箸休

トマトゼリー マイクロトマト キューリ ジュンサイ


P1500417 (2)

マイクロトマト、キューリ、ジュンサイのプチプチ感が楽しい ニコニコ ~~~


焚合わせ

鰻の白焼き 冬瓜 羽葱とミョウガを乗せて 

   P1500420 (2)


一口食べたち~ちゃん 、 “ワ ~~~ ッ”  と顔を覆てしまった 叫び ~~~

鰻も冬瓜も口の中へ入れた瞬間、フワ ~~~ ッと溶けて口の中には何も残らず 煙 デコメ絵文字 、一瞬にして体中が鰻にまとわれているよう 見てね(^◇^)┛ うなぎだょ の画像 ・・・ 何というキレの良さ DASH!、速さ DASH!

私も透かさず、 “ワ~~~ッ”  と天を仰いでしまいました 叫び ~~~


お食事

鱧のにぎり 宮崎産 ヘベスを掛けて


P1500423 (2)

これ↓

P1500425 (2)

アレッ 、たったこれだけ  と一瞬思ったのですが ・・・ 食べて見てその訳も納得です

こちらは鱧とご飯が一体化していてバランスが丁度良い 合格 ・・・ そして不思議と、私たちのお腹具合も丁度良い 合格

またヘベスの爽やかさが充実感をアップ no titleの画像 プリ画像

そして赤出汁はしっかりとしたお味 味噌汁 デコメ絵文字 ・・・ シャキッとします


果物

アメリカンチェリーのジュース
桃 デラウエアー
 


P1500428 (2)

アメリカンチェリーのジュースは皮ごといただける健康ジュース 実写チェリー デコメ絵文字

P1500431 (2)

桃のコンフォートの爽やかな甘さ 桃 デコメ絵文字 とデラウエアーの甘酸っぱさ ぶどう デコメ絵文字 とが夏を醸し出してくれます 晴れ 

ん ~~~、フレッシュ キラキラ


お菓子

かさね 黒糖寒と白小豆寒 

 P1500443 (2) 

こちらは “かさね” と言われる柏屋定番の甘味 ようかん デコメ絵文字 ・・・ どちらも上品なお味です 無題 デコメ絵文字  


お薄 

P1500446 (2)


総てのお料理において 割り箸 ・・・“一つの食材でこまで拘れるのか サーチという “究極の拘り” を肌で感じました おぉ!

京都と大阪 ビックリマーク、吉兆と柏屋 ビックリマーク ・・・ 最早この二つは比較出来るものではなく 、決してブレることのない其々の拘りを持った名料亭二つです !!


ご主人曰 く “視点は常に客人へと向かい、妥協の無いもてなしに専心しております”


今回、柏屋では、お料理の美味しさだけではなく、 “まごごろ” も一緒にいただいたような気がします しあわせ~


私たちは “京都 嵐山吉兆” に続き、私たちの二つ目の居場所 !! を見つけました ・・・ それはココ “大阪 柏屋嘉粋庵” ビックリマーク


早速女将さんにお願いし、 “柏屋嘉粋庵四季の会” 行うこととさせていただきました ベル


今回は、 “柏屋嘉粋庵四季の会 ~ 初夏” ・・・ と言うことになります


そして早速、大阪の私たちの居場所へ、次回の予約も入れささていただきました


女将さん、どうぞよろしくお願いいたします


お帰りは、ご主人、女将さんに門の外までお見送りをしていたいただき、私たちの姿が見えなくなるまで、ず ~~~ っと、見守っていてくださいました


今度はどんな出会いや発見があるのかワクワク ドキドキ

“柏屋嘉粋庵四季の会 ” ・・・次回が今からとても楽しみです



柏屋を後にした私たちは、女将さんにおススメスイーツをご紹介いただき、歩いて10分程の所にあるメランジュへ向かいました  


メランジュ本店横にあるメランジュバウムクーヘン専門店 バームクーヘン デコメ絵文字  の人気No.1  “花蜜” と人気No.2 “ 山森”

P1500449 (2)

これ↓

P1500453 (2)

蜂蜜味の花蜜はしっとりまりやか !ハート☆、メープル味の山森はコク深い味わい ! ・・・ 私は山森派ですが、流石、バウムクーヘン専門店とだけあり、そんじょそこいらの代物とは訳が違います

次回はイートインで、いろいろいただきたいなっ ラブラブ!



03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了

もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。
大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。
またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております !!

モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ♥LuLu♥ ★
★ QRコード ★
QR