ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 神楽坂 石かわ ⅩⅥ ~ 加奈子先生、母上さま

こんにちは キラキラ の画像


先日、加奈子先生と先生の母上さまと、大大大好きな和食店 ラブラブ ミシュラン東京三つ星レストラン 星星星 “神楽坂石かわの会” へ行って来ました。



“神楽坂石かわの会十六回目”



石かわの門構え

P1060424.jpg

P1060426.jpg

神楽坂のど真ん中、黒木塀と表札のみという凛とした佇まいに、石かわのブレない強さを感じます ビックリマーク デコメ絵文字  


石かわエントランス ドア

P1060427.jpg

黒木塀の中へ足を踏み入れると、入口さえ分からない位にひっそりとした佇まい   


カウンター

P1060430.jpg

P1060432.jpg

いつも一番乗りで、暫しご主人を独り占めです にひひ

そして私はココへ座るといつも “和食の極意と流儀” を感じます 割り箸


石かわのご主人の命とも言うべき包丁 包丁 デコメ絵文字

P7206451.jpg 


コチラは何ト、刃渡り39cmもありますが、意外に軽いのです

ご主人曰く、 “包丁は長さや重さで切るのではなく、動きで切るものです”

なるほど ~~~~~、この包丁から、あのお造りは作られるのですね ~~~


プレート

P1060434.jpg

コチラは栗の木でつくられたお盆です くり


石かわのご主人 コック デコメ絵文字、加奈子先生 病院 先生 デコメ絵文字、母上さま 母の日だよ。お母さん の画像

石川のご主人、加奈子先生、母上さま

加奈子先生は私が最も信頼しているドクターで、ドクター独特のヒトを見下すような所は全くなく 、とても頼れる方で 、いつも前向きで楽しく 音譜、先生といると本物の幸せに包まれているような ハート デコメ絵文字 ・・・ もっとずっと一緒にいたいと思う女性です 顔

そして私の美容外科 自作 手術 デコメ絵文字・美容内科 カプセル薬 デコメ絵文字・美容皮膚科 エステ デコメ絵文字 の主治医でもあり、全く安心して顔をお任せできる唯一のドクターでもあります 病院 先生 デコメ絵文字

この日は先生の92歳の母上さまもご一緒でワクワクです ダブルハート デコメ絵文字


先付

津合かに 菊花 

P1060440.jpg

あ ~~~、石かわのスタートはやはり蟹 カニ デコメ絵文字、そして蟹味噌 味噌 デコメ絵文字

しかも石かわの味ともいえる “土佐酢餡” とのコラボは、ココでしか出会えませんね   


揚物

まながつお 銀杏 口子

P1060443.jpg

秋をいっぱいに感じる一皿 もみじといちょうの葉 デコメ絵文字

このパンケーキのようにしっとり柔らかいまながつおは一体何実写 ホットケーキ デコメ絵文字・・・と言う位にフワフワ 雲 デコメ絵文字  

銀杏のホクホク感 いちょう デコメ絵文字

旬の恵みにただただ感謝です   


椀物 

すっぽんの沢煮椀

P1060445.jpg

“も ~ ダメ ショック!

“この美味しさは一体何処から来るの はてなマーク

“ヤバイよ ガーン ~~~”

このお出汁、スッポンの旨みが余すコトなく凝縮されており 合格 ・・・ 一口飲んでも ~~~、ノックアウト 爆弾

毎度毎度そうですが、やはり今回も完敗です  ・・・ スッポンの滋味深さがカラダに滲みわたっていく キラキラお雑煮キラキラ


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです ラブラブ

そしていつもこの椀物で、そのお店のレベルを測ります サーチ (ちょっと偉そう )


嵐山吉兆の心得  に、

~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~

とあるように、椀物はそのお店の看板と言っても決して過言ではありません


だから私は、いつも椀物は、心していただきます


蓋の絵柄も素晴らしい キラキラ


造り一品目



P1060447.jpg
    
コチラの大分県産 鯛 鯛 デコメ絵文字、メチャメチャプリップリシコシコ  ・・・ ヤバイ 叫び

そしてコチラのワサビは日本一  ・・・ 御殿場産のワサビですが、咽ながらも 叫ぶ☆ウサちゃん デコメ絵文字 いつもこのままペロペロいただいています


造り二品目

生雲丹

P1060449.jpg

コチラの北海道産 バフンウニはまるで雲丹クレームですね ウニ デコメ絵文字 ・・・ ヤバイ 叫び


造り三品目

かます棒寿司


P1060453.jpg

かますの焼目の香ばしさが病みつきです お店だよ。お寿司屋 の画像


造り四品目

蒸し鮑 鮑肝ソース

P1060457.jpg

コチラの鮑 アワビ、柔らかいにも関わらずコリコリ  ・・・ ヤバイ 叫び

肝ソースも、コク深いにも関わらず優しい味わい


焼物

甘鯛 舞茸

P1060460.jpg

コチラの甘鯛 鯛 デコメ絵文字、皮目も身も自然な甘さで、アッという間に口の中でトロケて消えてなくなる 無題 デコメ絵文字

舞茸も、オイリーな甘さが堪らない なめこ デコメ絵文字


中皿

鰻 里芋

P1060462.jpg

コチラも、鰻の甘さとオイリーさがアッという間に口の中でトロケて消えてなくなる 無題 デコメ絵文字

そして里芋は “マッシュド里芋 じゃがいも デコメ絵文字 ・・・ これ程滑らかな舌触りのお芋のプレゼンに出会ったのはは初めてかも おぉ!

私のこの日の一番の驚きです


煮物

牛しゃぶの小鍋 

P1060464.jpg

勿論美味しくない訳はありませんが、こちらのお出汁がまたまた絶品  ・・・ 最後の一滴までキレ ~~~ にいただきました

いつもながら、ココロもカラダもホッコリと癒される小鍋です 鍋 デコメ絵文字 


食事

新米の釜炊きご飯
鯛の身 香の物 

先ずはご紹介 お釜 デコメ絵文字

ご主人の笑顔

いや ~~~、中身よりご主人がイイ  ~~~

でも中身は 目 ・・・ 石かわの食事と言えば都内一の炊き込みご飯が余りにも有名ですが、この日は新米ということで白米 米 デコメ絵文字

私が炊き込みご飯でないコトに不服を唱えると “どんな炊き込みご飯よりも絶対に美味しい筈” と豪語するご主人


先ず半分は鯛をおかずに白米のまま ごはん

P1060471.jpg

アッ、ご飯の香りが口の中いっぱいに広がり、おかずの鯛なしでもメチャメチャ甘い おぉ! ・・・ ご主人の仰る通り、どんな炊き込みご飯にも匹敵です

やはり日本人の原点は白いご飯なのでしょうか ごはん


続いて残った半分は鯛茶漬け お茶漬け デコメ絵文字

P1060473.jpg

いや ~、コレはコレで堪りません

つまり石かわのご飯はどう料理しても、夫々に美味しいというコトなのでしょうね


デザート

葡萄二種
紅茶ゼリー
ブランデーのスープ

P1060476.jpg

“甘味は別腹 ・・・ 私もデザートは通常で3 ~ 5皿いただきます にひひ

しかし石かわのデザートは、いつも一皿で満足  ・・・ それだけ味覚中枢の満足度が高いと言うことになります アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字 

つまり、それだけ、完成度の高いデザートと言うことなのです ぴかぴか(新しい)

・・・ と言うことは、何皿もいただくデザートは、完成度が低いってこと はてなマークはてなマーク



このところ石かわへ行くと無条件に “ただいま ~” と言ってしまいます ニコニコ ・・・ 家よりも癒される空間、顔触れ、おもてなしとお料理の数々 星だよ。3つ の画像

ご主人からは透かさず “おかえり、遅かったじゃないか” と ・・・ ん ~~~ ラブ、だから、またこのセリフを聞きたくて帰って来たくなるのですよね ラブラブ! ~~~


そして帰る時に “行ってきま ~ す ニコニコと言えば  “行ってらっしゃい、早く帰っておいでね” とご主人 ・・・これ程楽しい和食店は他にはありません うるうる デコメ絵文字


“神楽坂石かわの会十六回目” でも、ココロもカラダも、奥底からしっかりと癒されました



ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 神楽坂 石かわ ⅩⅤ ~ 貴美ちゃん

こんにちは キラキラ の画像


先日、麻布サロンクラスメートの貴美ちゃんと、大大大好きな和食店 ラブラブ ミシュラン東京三つ星レストラン 星星星 “神楽坂石かわの会” へ行って来ました。



“神楽坂石かわの会十五回目”



石かわの門構え

120904P8250153.jpg  

神楽坂のど真ん中、黒木塀と表札のみという凛とした佇まいは、実に堂々たる風格が感じられます ベル デコメ絵文字  


石かわエントランス ドア

120904P8250155.jpg

あし

120904P8250156.jpg

黒木塀の中へ足を踏み入れると、入口さえ分からない位にひっそりとした佇まい   


カウンター

P1590631.jpg

いつも一番乗りで、暫しご主人を独り占めですが、この日は奥に先客あり  ・・・  残念

しかし私はここへ座るといつも “和食の極意と流儀” を感じます 割り箸


石かわのご主人の命とも言うべき包丁 包丁 デコメ絵文字

P7206451.jpg 

こちらは何ト、刃渡り39cmもありますが、意外に軽いのです

ご主人曰く、 “包丁は長さや重さで切るのではなく、動きで切るものです”

なるほど ~~~~~、この包丁から、あのお造りは作られるのですね ~~~


プレート

P1590633.jpg

こちらは栗の木でつくられたお盆です くり


石かわのご主人 コック デコメ絵文字、貴美ちゃん おとめ座 

ご主人、貴美さんアプリ

貴美ちゃんは元ABC朝日放送の局アナ、現在はフリーアナウンサーで まいく♪ デコメ絵文字、NHKホールや東京オペラシティーで耳にする声は彼女です ビックリ デコメ絵文字 ・・・ 流石は話し方のプロとだけあり、貴美ちゃんとお喋りしているといつも引き込まれるような心地良さを覚えます

彼女から学ぶことは多く、少しでも近づければと、私の憧れの女性です 顔 

また “利き酒師 400 という顔も持ち合わせているカッコ良さ  

そんな楽しい貴美ちゃんと、和食と日本酒の石かわデートです ダブルハート デコメ絵文字

そして都内に好きな和食店は沢山あります ビックリ デコメ絵文字、美味しい和食店もたくさんあります ビックリ デコメ絵文字 ・・・ でも癒される和食店と言えば、やはりココ 石かわですね


先ずはおビール ビール デコメ絵文字

P1590639.jpg

泡がとってもキレイ 無題 デコメ絵文字 ・・・ 飾っておきたくなるような美しさです ぴかぴか(新しい)


先付

津合蟹 土佐酢餡かけ 

P1590643.jpg

あ ~~~、石かわのスタートはやはり蟹 カニ デコメ絵文字、そして蟹味噌 味噌 デコメ絵文字

しかも石かわの味ともいえる “土佐酢餡” とのコラボは、ココでしか出会えませんね   


揚物

鼈 からすみ 銀杏

P1590647.jpg

“からすみってこんなに優しいお味 ☆びっくりはてな☆ の画像・・・ と貴美ちゃんと顔を見合わせた位、全く癖がなく、上品で、でもからすみのお味

恐らく毎晩毎晩、想像を絶するほどの手が掛けられているのでしょうね おぉ!

銀杏のホクホク感 いちょう デコメ絵文字

パンケーキのようにしっとり柔らかいスッポン 実写 ホットケーキ デコメ絵文字

ただただ感謝です   


椀物 

甘鯛 かぶら

P1590649.jpg

“も ~ ダメ ショック!

“この美味しさは一体何処から来るの はてなマーク

“ヤバイよ ガーン ~~~”

このお出汁、あらゆる旨みがギュギュッと凝縮されており 合格 ・・・ 一口飲んでも ~~~、ノックアウト 爆弾

毎度毎度そうですが、やはり今回も完敗です  ・・・ 甘鯛 鯛 デコメ絵文字 と蕪 野菜:カブ の上品なコラボ椀 キラキラお雑煮キラキラ


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです ラブラブ

そしていつもこの椀物で、そのお店のレベルを測ります サーチ (ちょっと偉そう )


嵐山吉兆の心得  に、

~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~

とあるように、椀物はそのお店の看板と言っても決して過言ではありません


だから私は、いつも椀物は、心していただきます


蓋の絵柄も素晴らしい キラキラ

P1590651.jpg


造り一品目

平目 鰆のたたき 

P1590653.jpg
    
こちらの平目 魚 デコメ絵文字、メチャメチャプリップリシコシコ  ・・・ ヤバイ 叫び

こちらの鰆のたたき 文字 デコメ絵文字、メチャメチャモッチリ ・・・ ヤバイ 叫び

そしてこちらのワサビは日本一  ・・・ 御殿場産のワサビですが、咽ながらも 叫ぶ☆ウサちゃん デコメ絵文字 いつもこのままペロペロいただいています


造り二品目 

生いくら

P1590658.jpg

こちらはまるで宝石ですね ダイヤ デコメ絵文字 ・・・ スプーンを入れるのが勿体ない

そしてこちらもからすみ同様、恐らく毎晩毎晩、気の遠くなるほどの手が掛けられているのでしょうね おぉ!

感謝


ここで極秘に裏メニュー !! デコメ絵文字

鱈白子

P1590654.jpg

いやいやいやいや おぉ!

正に “禁断の白子 白子ポン酢・・・ だから、裏メニューなのでしょう


貴美ちゃんが選ぶ料理に合わせた日本酒は静岡県の “菊水 日本酒 デコメ絵文字

P1590657.jpg


焼物

鴨葱 蓮根

P1590660.jpg

鴨葱って高級食材の定番ですが、こちらはそれをはるかに超えた超高級食材 キラキラ デコメ絵文字 ・・・ ミシュラン三ツ星の焼き鳥です 食べ物 デコメ絵文字
 
そして蓮根もホクホク 野菜 デコメ絵文字


中皿

伊勢海老 焼茄子

P1590662.jpg

こちらの伊勢海老 海老 デコメ絵文字、噛んでも噛んでもずっとプリプリ感が延々と続く おぉ! ・・・ 一体どれだけプリップリなのかしら !! デコメ絵文字 

口の中に入れるとトロけてしまう茄子とは全くの対極食感 なす デコメ絵文字 ・・・ 楽し過ぎる 顔 ~~~

私のこの日の一番です


煮物

鰻玉子とじ 三つ葉 京小松菜 玉葱 椎茸 

P1590666.jpg

勿論好きな食材ばかりですが、こちらのお出汁がまたまた絶品  ・・・ 最後の一滴までキレ ~~~ にいただきました

ココロもカラダもホッコリと癒される小鍋です 鍋 デコメ絵文字 


食事

新米の釜炊きご飯
鯛の身 香の物 

先ずはご紹介 お釜 デコメ絵文字

ご主人

いや ~~~、中身よりご主人がイイ  ~~~

でも中身は 目 ・・・ 石かわの食事と言えば都内一の炊き込みご飯が余りにも有名ですが、この日は新米ということで白米 米 デコメ絵文字

私が炊き込みご飯でないコトに不服を唱えると “どんな炊き込みご飯よりも絶対に美味しい筈” と豪語するご主人  ・・・ さて、楽しみです にひひ


先ず半分は鯛をおかずに白米のまま ごはん

P1590672.jpg

アッ、ご飯の香りが口の中いっぱいに広がり、おかずの鯛なしでもメチャメチャ甘い おぉ! ・・・ ご主人の仰る通り、どんな炊き込みご飯にも匹敵です

やはり日本人の原点は白いご飯なのでしょうか ごはん 


続いて残った半分は鯛茶漬け お茶漬け デコメ絵文字

P1590674.jpg

いや ~、コレはコレで堪りません

つまり石かわのご飯はどう料理しても、夫々に美味しいというコトなのでしょうね


デザート

黒豆 きなこムース 黒豆スープ

P1590676.jpg

“甘味は別腹 ・・・ 私もデザートは通常で3 ~ 5皿いただきます にひひ

しかし石かわのデザートは、いつも一皿で満足  ・・・ それだけ味覚中枢の満足度が高いと言うことになります アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字 

そして石かわの黒豆は日本一 黒豆 デコメ絵文字  ・・・ だから益々味覚の充実度をアップしてくれるのでしょう no titleの画像 プリ画像

つまり、それだけ、完成度の高いデザートと言うことなのです ぴかぴか(新しい)

・・・ と言うことは、何皿もいただくデザートは、完成度が低いってこと はてなマークはてなマーク



このところ石かわへ行くと無条件に “ただいま ~” と言ってしまいます ニコニコ ・・・ 家よりも癒される空間、顔触れ、おもてなしとお料理の数々 星だよ。3つ の画像

ご主人からは透かさず “おかえり、遅かったじゃないか” と ・・・ ん ~~~ ラブ、だから、またこのセリフを聞きたくて帰って来たくなるのですよね ラブラブ! ~~~


そして帰る時に “行ってきま ~ す ニコニコと言えば  “行ってらっしゃい、早く帰っておいでね” とご主人 ・・・これ程楽しい和食店は他にはありません うるうる デコメ絵文字


“神楽坂石かわの会十五回目” でも、ココロもカラダも、奥底からしっかりと癒されました



ミシュラン三つ星レストラン ★★★ 神楽坂 石かわ ⅩⅣ ~ 川口教授

こんにちは キラキラ の画像


先日、大妻女子大学 臨床栄養の川口美喜子教授と、都内一癒される和食店 ラブラブ ミシュラン東京三つ星レストラン 星星星 “神楽坂石かわの会” へ行って来ました。



“神楽坂石かわの会十四回目”



石かわの門構え

120904P8250153.jpg  

神楽坂のど真ん中、黒木塀と表札のみという凛とした佇まいは、風格が感じられます ベル デコメ絵文字  


石かわエントランス ドア

120904P8250155.jpg

あし

120904P8250156.jpg

黒木塀の中へ足を踏み入れると、入口さえ分からない位にひっそりとした佇まい   


カウンター

P1550348 (2)

ムロちゃんカウンター復帰です !! デコメ絵文字

私はここへ座るといつも “和食の極意と流儀” を感じます 割り箸


石かわのご主人の命とも言うべき包丁 包丁 デコメ絵文字

P7206451.jpg 

こちらは何ト、刃渡り39cmもありますが、意外に軽いのです

ご主人曰く、 “包丁は長さや重さで切るのではなく、動きで切るものです”

なるほど ~~~~~、この包丁から、都内一のお造りが作られるのですね ~~~


プレート

P1000512 (2)

こちらは栗の木でつくられたお盆です くり


石かわのご主人、ムロちゃん、川口教授 コック デコメ絵文字

石かわのご主人、ムロちゃん、川口さん (2)

都内に好きな和食店は沢山あります ビックリ デコメ絵文字、美味し和食店もたくさんあります ビックリ デコメ絵文字 ・・・ でも癒される和食店と言えば、やはりココ 石かわですね

実はこの時点で38.5℃の発熱があったのですが 、キャンセルという選択肢は全くなく 、川口教授も “石かわで美味しいモノを食べれば熱なんて解がるわよ ~” とド素人的なコトを言っていましたが  ・・・ しかしこの言葉は決して間違ってはいませんね


先ずは備前焼きのお湯のみで一服 お茶

P7206457.jpg


先付


河豚香菜和 

P1550355 (2)

行き成り冬の高級食材 河豚登場 ふぐ デコメ絵文字

このコリコリ感が溜まりません

しかも石かわの味ともいえる “土佐酢餡” とのコラボは、ココでしか出会えませんね   


揚物

甘鯛 蕗の薹

P1550361 (2)

河豚からの ~ 季節の移ろいを感じます  ・・・ 季節の狭間、好きです

日本人であることに感謝   


椀物 

帆立真情丈
筍 わかめ


P1550365 (2)

“も ~ ダメ ショック!

“この美味しさは一体何処から来るの はてなマーク

“ヤバイよ ガーン ~~~”

このお出汁、あらゆる旨みがギュギュッと凝縮されており 合格 ・・・ 一口飲んでも ~~~、ノックアウト 爆弾

毎度毎度そうですが、やはり今回も完敗です  ・・・ 帆立 貝 デコメ絵文字 に筍 たけのこ デコメ絵文字 とわかめ no titleの画像(プリ画像)の春のベストコラボ椀 キラキラお雑煮キラキラ


私は和食のお懐石の中では椀物が一番好きです ラブラブ

そしていつもこの椀物で、そのお店のレベルを測ります サーチ (ちょっと偉そう )


嵐山吉兆の心得  に、

~煮物椀を味わえば、料理人と、料理屋の水準が分かるというほど、重要な存在です~

とあるように、椀物はそのお店の看板と言っても決して過言ではありません


だから私は、いつも椀物は、心していただきます


蓋の絵柄も素晴らしい キラキラ

P1550366 (2)


造り一品目

平目 雲丹 

P1550372 (2)
    
こちらの平目 魚 デコメ絵文字、メチャプリップリシコシコ  ・・・ ヤバイ 叫び

こちらの雲丹、まるで宝石 ウニ デコメ絵文字 ・・・ 超ヤバイ 叫び

そしてこちらのワサビは日本一  ・・・ 御殿場産のワサビだそうですが、このままペロペロ全部いただきたい  ~~~


造り二品目 

炙り烏賊

P1550373 (2)

こちら烏賊も イカ スルメ デコメ絵文字、分厚くてモッチモチもち デコメ絵文字  ・・・ 冬の醍醐味を体感 顔

日本人であることに感謝


ここで極秘に裏メニュー !! デコメ絵文字

白子餡かけ

P1550379 (2)

コレは言葉がありません おぉ!

正に “禁断の白子 白子ポン酢・・・ だから、裏メニューなのでしょう


焼物

穴子酒盗焼き
春キャベツ
 

P1550383 (2)

イヤイヤ、酒盗と言われる訳も納得  ・・・ 絶品穴子です さんま デコメ絵文字

そして春キャベツ甘い キャベツ デコメ絵文字 ~~~ 


中皿

津合蟹 かぶら

P1550384 (2)

ここでも冬から春への季節の移ろいを感じます

優しく丁寧に、季節の移り変わりが表現された一皿です  

日本人であることに感謝


煮物

鴨の小鉢
京小松菜 筍
豆腐 椎茸 長葱 


P1550387 (2)

鴨鍋に好きな食材がワンサワンサ 鍋 デコメ絵文字 ・・・ も ~、何でも許せてしまう位に罪な演出ですね ニコニコ


食事

のど黒の釜炊きご飯
味噌椀 香の物 


先ずはご紹介 ビックリマーク

P1550391 (2)

いや ~~~、中身より、石かわのご主人がご飯をよそってくださることにメロメロ ショック!


P1550397 (2)

これ↓

P1550399 (2)

オイリーなのど黒にご飯が止まりません ブラックバスのデコメ絵文字 ・・・ もうもう延々食べ続けていたい にひひ ~~~

川口さんと争奪戦でいただいています


デザート

苺 小豆
焦がし砂糖のムース
ラム種ゼリー


P1550401 (2)

“甘味は別腹 ・・・ 私もデザートは通常で3 ~ 5皿いただきます にひひ

しかし石かわのデザートは、いつも一皿で満足  ・・・ それだけ味覚中枢の満足度が高いと言うことになります アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字 

苺 イチゴ とラム酒ゼリー ブランデー デコメ絵文字 のコラボ+小豆添えの優しい甘さが幸福感をアップ 矢印 デコメ絵文字、そして味覚の充実度をアップしてくれるのでしょう no titleの画像 プリ画像

つまり、それだけ、完成度の高いデザートと言うことなのです ぴかぴか(新しい)

・・・ と言うことは、何皿もいただくデザートは、完成度が低いってこと はてなマークはてなマーク



このところ石かわへ行くと無条件に “ただいま ~” と言ってしまいます ニコニコ ・・・ 家よりも癒される空間、顔触れ、おもてなしとお料理の数々 星だよ。3つ の画像

そして石かわのご主人からは透かさず “おかえり、遅かったじゃないか” ・・・ ん ~~~ ラブ、だから、また癒されたくて帰って来たくなるのですよね ラブラブ! ~~~


そして気付けば、38.5℃の発熱は何処へやら ダッシュ★*.~・*☆ デコメ絵文字 ・・・ 身体も足取りも軽快 おしりフリフリ♪ デコメ絵文字

いやはや食の力恐るべし 爆弾 デコメ絵文字 ・・・ 医療の立場なしです  



“神楽坂石かわ会十四回目” でも、ココロもカラダも、奥底からしっかりと癒されました



10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

杏林予防医学研究所アカデミー
ベル 上級講座修了

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

辻調理師専門学校
ベル 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

“凛としてしなやか” なヒトに憧れます ♡♡

“シンプル・無機質・ソリッド” なモノに憧れます 💛💛

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR