ランコントレⅠ

こんにちは 音譜


先日、地元出雲市にあるランコントレへ行って来ました


【ランコントレ】 とは、1998年11月、島根県出雲市に、オーナーシェフ 山口雄三氏とパティシエール 倭可子夫人がオープンしたフレンチレストラン フランス デコメ絵文字 


神戸ご出身の山口シェフは、神戸ポートピアホテル時代、あのアランシャペルの愛弟子と言われ、その後、長崎ハウステンボスの総料理長を歴任 ベル

一方、パティシエールでマダムの倭可子夫人は、パリでの研修後 『キリクリームチーズコンクール』 焼き菓子部門で2度も優勝を獲得


そしてランコントレは、この全国レベルの息もピッタリのお二人が、奥出雲和牛 牛 デコメ絵文字 や日本海の魚介 ブラックバスのデコメ絵文字、食用薔薇の花 バラ やほおずき、ケンボロー豚 豚 のデコメ絵文字 や隠岐の食材など、地元の有り余る自然食材を惜しげなく使い、島根から世界へ発信するフレンチレストランなのです !! デコメ絵文字



それでは出雲から、素晴らしい出雲フレンチをご紹介させていただきたいと思います


ランコントレ ビックリ デコメ絵文字

ラコントレ (2)

このライトアップされた不規則な直線が、出雲の夜に一際目を引きます ゴールド月&星 デコメ絵文字


メインダイニング 机 デコメ絵文字

メインダイニング (2)

中も不規則な直線に吹き抜けアーチ 門 デコメ絵文字 ・・・ 正にアートの世界です 絵具 デコメ絵文字


ダイニングにあるステンドグラス ハート デコメ絵文字

ステンドグラス (2)

何ともノスタルジックなステンドグラス  ・・・ 派手さではなく、懐かしさに心癒される光です ゴールドキラキラ デコメ絵文字


今回準備していただいた個室 机 デコメ絵文字

個室 (2)
食器棚 (2)

こちらも不規則な直線に吹き抜け、ダークなインテリアが チェスト デコメ絵文字 、妙に遠い日のノスタルジーを掻き立てます


プレゼンテーションプレート フォーク・スプーン デコメ絵文字

プレゼンプレート (2)

実にクラシックなプレートです フォーク・スプーン デコメ絵文字

カトラリーはとても使い勝手の良いドイツ製 WHF フォーク・スプーン デコメ絵文字


奥出雲産 食用薔薇 “さひめ” の濃厚ソーダ カクテル デコメ絵文字

さひめソーダ (2)

こちらは世界最高峰とも言われている奥出雲産の香り豊かな薔薇 “さひめ バラ を濃縮させたソーダです カクテル デコメ絵文字

さひめは無農薬栽培で化粧品や芳香剤にも使われており、その香りは他の薔薇を全く寄せ付けません  ・・・ このさひめソーダを一杯いただいただけで、身体の中から薔薇の香りが溢れ出るよう バラダッシュ★*.~・*☆ デコメ絵文字 ~~~


乾杯 シャンパン 酒 デコメ絵文字 ~~~

乾杯 (2)

間違えなく、女子力アプです アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字


アミューズブーシュ

ネギのキッシュ、リエット

ネギのキッシュ、リエット (2)

地元産ネギとだけあり、主張がしっかりしています ネギ デコメ絵文字

リエット、お替わりが欲しい  ~~~


自家製パン

自家製パン (2)


アントレ

フォアグラ、鴨、自家製ハム、自家製テリーヌの盛り合わせ

フォアグラ、自家製ハムとテリーヌの盛り合わせ (2)

こちらアントレにも関わらず、メインのようなポーションとアレンジ おぉ! ・・・ とっても満足


ポワソン

平目 デュクレレ風

ヒラメ デュクレレ風 (2)

フレンチの中でも “デュクレレ風” はクラシックの基本中の基本です

全く無駄がなく、無条件に安心感に包まれる優しいデュクレレソース かぼちゃスープ デコメ絵文字 ・・・ そこへフワ ~ フワ ~ な平目を浮かせれば 魚 デコメ絵文字 “結局最後はこの味に帰るのだな ~” と実感の一皿です


デュクレレソース

デュクレレソース (2)

特別に、山口シェフの優しいデュクレレソースをお替わりさせていただきました


ヴィヤンド

勝部牧場 和牛 柚子ソース 地元野菜を添えて

勝部牧場 和牛 柚子湖沼ソース 地元野菜を添えて (2)

こちらはレストランから数分の所にある勝部牧場の和牛です ステーキ

地元では信頼の牧場として知られているからこその安心感  ・・・ そして様々な地元野菜を添えれば 野菜 デコメ絵文字、も ~ “無敵 × 無敵” の一皿です


デセール

ココナッツのパルフェ 季節の果物を添えて

ココナッツのパルフェ 季節の果物を添えて1 (2)

これ↓

ココナッツのパルフェ 季節の果物を添えて2 (2)

こちらはパティシエールでもあるマダムの作品です ビックリ デコメ絵文字

シェフ & パティシエがご夫婦でオープンなさっているレストランの場合、良く見られるお料理とデセールとの競い合いはなく 、コースは一貫したストーリーの上を流れていきます ハート デコメ絵文字 ・・・ こちらも流れの中、シェフ 矢印(右) デコメ絵文字 パティシエールへのバトンリレーは息がピッタリ バトンパス デコメ絵文字

私はこのパターンが大好きです ラブラブ 


カフェとプチフール

カフェとプチフール (2)

プレゼンテーションプレート ~ カフェとプチフールまで、器は総て、白と藍の絵柄です ティーポット デコメ絵文字



最近ではシェフの個性を生かした創作フレンチが主流のようですが、ココは正に、王道をいく クラウン デコメ絵文字  “クラシカルフレンチ ベル デコメ絵文字

色々浮気をしても、結局、この王道へ落ち着くですよね


また神の国 出雲の食材は、神々へも献上する神聖で由緒正しいもの 神 デコメ絵文字 ・・・ ランコントレは、その食材をふんだんに使った “神の国フレンチ ベル デコメ絵文字 でもあります。

ココロもカラダも、中から清められる気分です ダイヤ デコメ絵文字


そしてシェフとマダムの奇をてらわない温かいおもてなしと笑顔が、幸せな気分を益々アップしてくれます アゲァゲ↑↑ デコメ絵文字


これが、島根から世界へ発信するフレンチレストラン “ランコントレ” なのです !! デコメ絵文字


地元で、こんな素敵なフレンチレストランに出合えるなんて、ホント、神様に感謝です



現代の名工 ~ 与兵衛 Ⅰ

こんにちは 音譜


先日、島根県太田市で医院を開業なさっている川上先生夫妻と、しまねグルメイヤーへ行って来ました


本来しまねグルメイヤーは、TSK (山陰中央テレビ) の人気アナウンサー 若林理紗ちゃんもご一緒なのですが、この日は生憎 (← ゴメンナサイ ) 出雲駅伝当日と重なり、理紗ちゃんはリポーターとしてTVでお仕事中


・・・ と言う訳で、仲良し奈緒美ちゃんと奈緒美ちゃんのご主人さまで我医局同門会の副会長、そして私の大学の先輩でもある川上先生とご一緒させていただきました

更にはDr.X もご一緒です


今回私たちが選んだ所は、川上医院の最寄り料亭 “懐石 松浦屋与兵衛” です ビックリマーク ・・・ 実は川上先生の持ち患者さんで状態のお悪い方がいらっしゃり 、すぐに駆けつけられるよう、無条件にココとなったのです


しかし松浦屋与兵衛はとても素晴らしい料亭 ぴかぴか(新しい)


【懐石 松浦屋与兵衛】 とは、2007 (平成19年) 年7月、世界遺産登録に登録された石見銀山の近くにあり、ご主人 片地六治郎氏は “現代の名工 (卓越技能者) 受章 の輝かしい経歴を持つ老舗料亭です 割り箸


片地六治郎氏は、 “もてなしとは手間をかけること ・・・ と言い、旬を活かした料理を考える中、日本料理の小本を大切に考え 、毎月気象歳時記や節句を取り入れた献立表を自ら手書きする他 、地元で採れる新鮮で良質な食材は全て自らが目利きして仕入れ サーチ、山菜などは近くの山へ直接採りに出掛けるという気配りよう


また


“伝統料理には先人が考えたいいものが残っています。

私が一生かかっても習得できないものがありますが、再現しようとしています”


とも話しています



それでは、世界遺産に登録された大自然の中、現代の名工が編み出す “旬” “もてなし” をご紹介させていただきたいと思います



懐石 松浦屋与兵衛

PA148444.jpg 

これ↓

PA148445.jpg

周りは何もない  ・・・ 大自然の中に溶け込んだ料亭です


テーブルの上には花とお献立で何気ない演出が  ・・・

PA148450.jpg

日本料理は目でも味わうもの 目 ・・・ だから、こういう演出に一期一会を感じます


川上先生と、奥さまの奈緒美ちゃん、Dr.X  !!

PA148455.jpg

理紗ちゃん ~~~、次回はご一緒しましょうね キスマーク


蒲の穂の箸置き

PA148451.jpg

季節を肌で感じ  ・・・ そしてここでも、一期一会を感じます



先付

前菜

PA148448.jpg

右の白い飲み物は、食前酒替りの “清白 (すずしろ) ジュース 白ワイン・・・ 大根のジュースです だいこん

先ずはジアスターゼを吸収して消化酵素をアップさせ アップ、お食事の消化をスムーズにする キラキラ ・・・ これも身体へのもてなしなのでしょうか

実はこちらは、高円宮妃 久子さまが岩見銀山をご訪問時にお飲みになった際、お替りをなさったジュースなのだそうです 顔


お椀

月見槮薯

PA148459.jpg

こちらの槮薯とは大型の山芋 里芋 ・・・ ここには山の幸がギッシリ詰め込まれています 合格


向づけ

タイ重ね

PA148461.jpg

こちらは鯛をかなり強く昆布で締めたもの  ・・・ ここは海ではなく、山の中  と言うことを強調しているようです おぉ!


お凌ぎ

新栗飯蒸し

PA148462.jpg

コレコレ絶品 ぴかぴか(新しい) ・・・ 奈緒美ちゃんも一押しとしている栗飯蒸し くり

美味しいと一言で言ってしまうには勿体なさ過ぎ  ・・・ 栗、餅米、鯛の調和が絶妙です ベル


揚げ物

無花果揚げ

PA148465.jpg

無花果の天婦羅って初めてでしたが イチジク、無花果と油の相性は抜群です


煮物

月見冬瓜 オクラ 秋茄子 小芋 小菊

PA148466.jpg

ドレモコレモ地元が主張された優しいお味です オクラ輪切りナス恵比寿カボチャ1椎茸


焼物

かます御妻折焼 南高梅煮

PA148468.jpg

お魚と梅の相性も想像以上に抜群です


御飯

漬物

赤出し

PA148470.jpg

こちらのお米は島根でも (= 全国でも)、最高級の三瓶米とだけあり 、甘 ~ くてもっちり柔らかく、おかずがなくとも空気のようにフワフワいただけてしまいます ごはん

赤出汁の具は、野生のあさつき ビックリマーク ・・・ トコトン地元産への拘りは続きますね


果物

PA148473.jpg

こちらはブランデー漬けのキウイに キウイフルーツ 餡子乗せというちょっとコジャレたデセールです かわいい



!、技 !ハート☆、しつらえ !、おもてなし !ハート☆ などに拘った料亭は全国に山ほどあります DASH!

京都、大阪、東京周辺などでは、ミシュランの星を獲得した素晴らしい料亭やレストランも沢山あります 星星星


しかしこれ程、旬と自然に拘りをもった優しい料亭は、他にはないかも  ・・・ だから、これこそが “しまねグルメイヤー クラッカー、地元料亭の魅力なのかもしれません



コチラはオマケ ビックリマーク ・・・


川上先生宅のワンちゃんた ちわんわん


チャンピオン犬のサラちゃん

PA148437.jpg


奈緒美ちゃんのストーカー をしているアンファン君 あし

PA148442.jpg


ウチのCoCo チワワ とCoo チワワ 同様、二匹の性格は真逆  ・・・ だから本ト、楽しいのですよね ~~~ ラブラブ!



秘境の中の秘境 ~ 清泉亭 Ⅰ

こんにちは 音譜


今迄もお友達と沢山の定期的なお食事会を行ってきましたが、今年また新たに一つ、とても素敵なお食事会誕生です クラッカー


しかも初の島根 ・・・ “しまねグルメイヤー” です ビックリマーク


神々の国島根で、素晴らしい自然に培われた四季折々の食材から、幸せを沢山いただこう  という食事会


そのしまねグルメイヤーお仲間は、奈緒美ちゃんと若林理紗ちゃん !!


奈緒美ちゃんは、我が医局同門 副会長の奥さまで、元代議士秘書 メモ

理紗ちゃんは、日本一予約の取れないサロネーゼである ボアメーザ 若林三弥子先生のお嬢さまで、山陰中央テレビ人気アナウンサー カラオケ


そして “しまねグルメイヤー” 名付け親は理紗ちゃん ベル ~~~ 流石アナウンサー


何だかとっても楽しいお食事会になりそうです ドキドキ


先ず記念すべき第一回目は、島根県出雲市にあります “茶寮 清泉亭” ビックリマーク


【茶寮 清泉亭】 とは、大正11年創業、島根県出雲市多伎町にあり、出雲大社と世界遺産 石見銀山の中間に位置している料亭です 割り箸


清泉亭の名は、中国唐時代の王維の詩 山居秋瞑の一節 “名月松間照、清泉石上流” に由来しているそうです


またこちらの料理長 白築弘友氏は、若干30歳で、第19回全国技能グランプリ (日本料理部門) において当時最年少で準優勝を獲得  した天才料理人  ・・・ しかし常に謙虚に真摯に料理と向かい合い、島根の料理一筋に生きて来た素晴らしい料理人でもあります


正に、しまねグルメイヤー開幕には相応しい舞台です


そして私たちがいただいた料理は “縁むすび ラブラブ



それでは海・山・川・湖と素晴らしい自然に恵まれた旬の地元食材から、一品一品工夫を凝らしたセンスの光る創作懐石をご紹介させていただきたいと思います


木の香りを大切にした新数奇屋造り ビックリマーク

P2162697130219.jpg
P2162698130219.jpg
P2162699130219.jpg

まるで現代版旅籠ですね  


玄関ロビーに飾られているアンティークな雛人形

P2162752130219.jpg

こちらは女将好みだそうです


畳の廊下ビックリマーク

P2162751130219.jpg

三人横並びで、一番奥の部屋まで歩いて行きました  ~~~ 気持ちイイ あしあしあし ~~~


廊下から見るノスタルジーを誘う川辺 ビックリマーク

P2162746130219.jpg
P2162749130219.jpg

四季の花とせせらぎの音に囲まれた空間です キラキラ


廊下突き辺りに飾られている平成の雛人形

P2162745130219.jpg

お玄関ロビーのお雛様とは趣もガラリと変わりますね


書画家でもある清泉亭ご主人 本名 赳氏作 アート

P2162702130219.jpg

一つの部屋にこの絵巻は圧巻 おぉ! ・・・ 一気に緊張感が高まります アップ


奈緒美ちゃんと理紗ちゃん !!

P2162704130219.jpg

私たちの後ろにも、素敵なお庭が見渡せます 目


マットに描かれている絵も、ご主人作 アート

P2162708130219.jpg

こちらは出雲神話でしょうか はてなマーク ・・・ 神聖な気持ちになります


旬菜

鱈白子蒸し みたらし餡

P2162713130219.jpg

白子にみたらし餡なんて、美味しくない訳がありません

すきっ腹にジュワ ラブ ~~~ と浸み渡る何とも優しいお味 かわいい


造里

浜取れ鮮魚 妻一式

P2162710130219.jpg

グルメな奈緒美ちゃん、一口食べて “このお魚は何ですか !?

女将さん、 “鰤です”

確かに、言われなければ分からない位、相当滑らかオイリーなお魚たち うお座 ・・・ ちょっと浮世離れしたオーラを放っています キラキラぴかぴか(新しい)キラキラ




清汁仕立て
海老市松 焼き餅 十六島海苔 柚子


P2162714130219.jpg

こちらも、お出汁加減が絶妙で 、何だか雲の上でいただいているような  ・・・ ちょっと浮世離れしたオーラを放っています キラキラぴかぴか(新しい)キラキラ


煮物

里芋田舎煮 菜花 人参

P2162719130219.jpg


女将さん、 “シンプルな里芋ですが、お味はしっかりと浸み込んでいます”

ホント、こんな滋味深い里芋をいただいたのは初めです 里芋 ・・・ ちょっと美味し過ぎ


焼物

かにとまと焼き 酢立ち

P2162721130219.jpg

こちらをいただいて思い出したのが、トマトソースベースの蟹パスタ トマトカニトマト

最早和食の枠を超え、多国籍での “縁むすび ラブラブ” 


小鍋

牡蠣とろろ 生海苔

P2162728130219.jpg

こちらの生海苔は島根県出雲市平田町の十六島で採取されたものです ビックリマーク

実は京都の嵐山吉兆でも、生海苔はこの十六島のものを使用  

しかし清泉亭は、十六島産の中でも特に手に入らない非常に希少な生海苔を使用 宝石白 ・・・ 嵐山吉兆でもお目に掛れない代物です

この生海苔の香りって、何だか竜宮城へ導かれている気分


蒸物

鯛かぶら蒸し 百合根 山葵

P2162725130219.jpg

理紗ちゃん、 “身体が喜んでいます”

ホント ~~~ 身体がほっこり温まります


留肴

鱈昆布船蒸し 白菜 しめじ ポン酢

P2162727130219.jpg

3人とも、こちらの舟形にアレンジされた昆布に超感激 

お野菜も勿論ですが、昆布も全部キレイにいただきました  


食事

留椀

香物

P2162731130219.jpg


ひじきと大豆ごはん

P2162735130219.jpg

ひじきと大豆はメチャメチャ身体に優しいコラボです

少食の奈緒美ちゃん、 “アレ !?、何だか全部いただいてしまったわ”

ホントだ ビックリマーク 奈緒美ちゃんがお懐石を完食したのは初めてかも  ・・・

それ位、清泉亭のお料理は身体に優しいのでしょうね かわいい


合わせ味噌仕立て 生麩 白木茸

P2162737130219.jpg

料亭のお味噌なのに具沢山 お雑煮 ・・・ 嬉しいですね


甘味

求肥くれーぷ

P2162739130219.jpg

こちらは大変珍しい食感 はてなマーク ・・・ お味は求肥、でも食感は薄い紙クレープのよう

でも中にたっぷりと入れられている餡子が幸せ しあわせ~ ~~~~~


清泉亭オリジナル銘菓  “多伎々姫”

P2162740130219.jpg

多伎町と言えば、イチジク イチジク ・・・ という位、定番中の定番 多伎町名産のイチジクをたっぷり使ったお菓子

こちらはおまんじゅうでもない、ケーキでもない、和洋折衷の味わいが尾を引きます ラブラブ


理紗ちゃん、思わず多伎々姫のポスター撮影

P2162743130219.jpg

可愛い かわいい ~~~~~



料理長 白築氏は多くを語らない方のようですが、この “縁むすび ラブラブは、一品一品が美しい彩りに細やかな気配りが施され 、滋味深く  ・・・ 無言の内に、料理長からのメッセージが伝わって来るようです 手紙


そして私たち三人も、自然に結ばれていくご縁  ・・・ “縁むすび ラブラブはそんな料理です 割り箸


清泉亭の心落ち着く空間で、料理からいただくご縁 ラブラブ ・・・ これぞ、縁結びの里 島根の美学です ベル


神秘のベールに覆われた神話の国 島根は、日本最後の秘境とも言われていますが ビックリマーク、清泉亭は、そのまた秘境 !!


実はココ 清泉亭は、あのキムタクがプライベート定宿としている所だそうです

都会の喧騒を離れ、心安らぐ空間を求め、辿り着いた秘境の中の秘境なのかもしれませんね


私たちも清泉亭で結ばれたご縁を大切に 顔、ココ 清泉亭を中心に “しまねグルメイヤー” をご紹介して行きたいと思います



こちらは理紗ちゃんから、奈緒美ちゃんと私へいただいたプレゼント プレゼント

P2162754130219.jpg

一人一人にメッセージ付き ラブレター ・・・ なんて可愛らしいのでしょう  かわいい


私のだ ~~~ い好きなディーン&デルーカのキャラメルトリュフ

P2172770130219.jpg

開けた瞬間、一気にいただいてしまいました



10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

杏林予防医学研究所アカデミー
ベル 上級講座修了

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

辻調理師専門学校
ベル 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

“凛としてしなやか” なヒトに憧れます ♡♡

“シンプル・無機質・ソリッド” なモノに憧れます 💛💛

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR