肝班退治法

こんにちは


突然ですが、皆さまの中に、肝斑 (かんぱん) でお悩みの方はいらっしゃいますでしょうか !?


実は私もその1人です


今回は肝斑退治法について、ご紹介させていただきたいと思います



【肝斑】 とは、俗に言うシミのことですが、主に30~40歳代の女性に発症することが多く 、全体の5~10%は男性例であると言われています

特に日本人はこの肝斑が発症し易く、皮膚の色が浅黒い人程出来易いと言われています


現れ方は、淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称に現れるのが大きな特徴です ビックリマーク

左右に蝶々のようにモヤモヤっと広がったタイプ 、左右のほほ骨に沿って筆で書いたようなもの 、こめかみの両側の近くに小さくあらわれているものなどがあります 汗



原因は、皮膚の表皮基底層におけるメラニン色素の増加です ビックリマーク


① 女性ホルモンのバランス  ・・・ 女性ホルモンの中でも黄体ホルモンと言われるプロゲステロンのバランスが崩れることにより、メラニン色素は活性化されます 爆弾

この黄体ホルモンの主な働きは、子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決め、もし妊娠した場合、出産までの間、妊娠を維持させる役目を果たすことなどです

つまり月経時、妊娠時、ピルの服用時など、黄体ホルモンが影響している時にメラニン色素は活性化され易く、肝斑が発生、増悪をみる例が多いと言われています

そのために50歳代後半では、新たに肝斑を発症する人は殆どなく、逆に60歳代からは、肝斑の症状が軽減する例もあると言われています


② 紫外線 晴れ ・・・ 直射日光は黒っぽい場所に集まる性質を持っているため、肝斑部分へは直射日光は集まり易く、そこでメラニン色素は活性化され、肝斑を悪化することとなります 爆弾

肝斑の直接の原因は紫外線ではありませんが、紫外線に当たる事で、肝斑の色が濃くなったり、隠れていた肝斑が表面へ現れたりします


③ 肌への刺激  ・・・ 皮膚への過度の刺激はストレスとなり、メラニン色素は活性化され、肝斑を悪化することとなります 爆弾

肌への刺激も紫外線同様、肝斑の直接の原因ではありませんが、肌へ過度の刺激を与える事で、肝斑の色が濃くなったり、隠れていた肝斑が表面へ現れたりします



肝斑退治法 ベル


① 女性ホルモンのバランス  ・・・ トラネキサム酸という内服薬が有効です ビックリマーク


【トラネキサム酸】 は抗出血作用があり、本来は止血剤として処方される薬です


明らかなメカニズムはよく分かりませんが、トラネキサム酸には美白作用があり、特に肝班には有効とされ ・・・ 美容外科、美容皮膚科では日常的に処方されている人気の薬です


こちらは私が服用しております第一製薬の “トランサミン (トラネキサム酸)” です ビックリマーク

P1000254.jpg

通常は750mg/dayの処方ですが、真剣に肝班と戦いたい場合は、1000mg/dayをオススメいたします


本来トラネキサム酸は止血剤であるため、学会などでは、“トラネキサム酸の長期服用で血液が固まり易くなり、将来的に脳梗塞や心筋梗塞などになり易くなるのでは はてなマーク” ・・・ と言う質問が必ず出て来ますが、今迄そのような例は、一例も報告されていないそうです

ただトラネキサム酸は長期服用で胃を悪くする場合があるため 、その場合は、二か月服用、一カ月休む、二か月服用、一カ月休む ・・・ と言う集中的に薬を服用するパルス療法をオススメいたします


また同時にビタミンCやビタミンEなどを充分に摂れば、更に効果が期待出来ます アップ


② 紫外線 晴れ ・・・ 紫外線は肝斑に限らず、肌にとって最大の敵でもあるため、しっかり紫外線対策を行う必要があります ビックリマーク

日傘は枝の短いものを選び、顔に直射日光が当たらないようにします

帽子は白っぽいものよりも黒っぽいものを、またツバの広いものを選びます

服装はなるべく長袖のものを選びます 男の子

UVクリームを上手く利用することも大切です


③ 肌への刺激 ・・・ 肌への過度の刺激は物理的刺激、化学的刺激の両面から、細心の注意をする必要があります !!

クレンジングで擦ってメイクを拭き取る、洗顔でゴシゴシ顔を洗うなど、必要以上に摩擦を与える物理的刺激は絶対に避けなければなりません 

日常の化粧品でお肌に違和感のあるもの、原料に防腐剤や界面活性剤などを含むものなど、化粧品の化学的刺激も絶対に避けなければなりません

またシミ治療として広く行われているレーザー治療は、肝斑には逆効果となるため、注意が必要です


これは昨年、美容外科学会で京都のK先生が発表なさった内容です


Kクリニックへ通う肝斑に悩む30代、40代、50代の女性数名へ、K先生はある指導をなさったそうです

その指導とは、 “洗顔をしない” です ビックリマーク

その結果最長3年で、全員、肝斑は綺麗に消えたそうです ベル

3年間洗顔をしないなんて おぉ! ~ とても現実的ではありませんが  ・・・ しかし肝斑にとって、外的刺激が如何にストレスとなっているかと言うことが分かりますよね


いつも私は、肝斑部分だけは、クレンジングも洗顔もスキンケアもメイクも ・・・ 腫れモノに触るように 、メラニンに刺激を与えないように  ・・・ 優しく優しくタッチしています



肝斑は一度治ったとしても、何時再発するかも分かりません

また今は肝斑とは無縁でも、何時発症するかも分かりません

肝斑予防のためにも、肝斑悪化防止のためにも、肝斑発症の原因である女性ホルモンのバランスを崩さないよう、日頃から食事バランス、睡眠、運動、ストレス解消などに気を使い、規則正しい生活を送ることが重要です ビックリマーク



女性にとって本当に鬱陶しい肝斑


これからは紫外線も強くなり、肝斑が益々勢いを増す時期でもあります 叫び

日々のライフスタイルの中で、上手に肝斑退治をして行きたいですよね 顔



究極のパック ~ヴァルモン リニューパック~

こんにちは


前記事に続き、今回も紫外線対策における飛び切りの究極コスメのご紹介です


今回は、紫外線でダメージを受けたお肌をきちんと再生してくれる取って置きのパックをご紹介させていただきたいと思います 


そのパックとは、ヴァルモンのリニューパックです  (既にお使いの方も多くいらっしゃると思います

【ヴァルモン】 とは、1905年、スイスのモントルーのレマン湖畔で、内科のクリニックを開業するヴィドメール博士によって誕生したドクターズコスメです ビックリマーク

このドメール博士のクリニックは、後に貴族のためのクリニックとして 、またヨーロッパでは屈指の滞在型クリニックとして 、その名を世界に広め、著名人や世界的スターたちも通院していた程絶大な人気でした かわいい

1984年、ドメール博士は皮膚科学の現場でその効果が実証されていたDNA (デキシリボ酸) ・ RNA (リボ核酸) を化粧品として有効利用するためのヴァルモン研究所を設立 ぴかぴか(新しい)

翌年、特に分子量の大きいカナダ産の鮭の白子から、極めて質の高い高分子DNAを確実に抽出し、それを独自の成分としての配合に成功 合格 ・・・ このDNA抽出方法で特許を取得 ベル

私たち人間には、エイジングそのものをストップさせることは出来ませんが 、ヴァルモントリートメントは、DNAにより、目に見える皮膚のエイジング現象に素早く対応してくれる正に、アンチエイジングなドクターズコスメです


そのヴァルモンの中でも常に一番人気 、長く世界的ベストセラーを続けているのが、リニューパックです

【リニューパック】 とは、DNAにより、細胞を再生させて皮膚を活性化させるパックです ビックリマーク

使い方はごく簡単
朝起きてすぐ 、適量を顔全体に伸ばし、5~15分置き、ぬるま湯で洗い流します あせる ・・・ 私はその間、歯を磨きます

非常に浸透性のよいクリームタイプパックで、汚れや余分な皮脂を吸収してお肌を清潔に保ち 、毛穴をキュッと引き締め 、お肌をしっとりプリプリの状態へと導いてくれます

このリニューパックはヴァルモン内に関わらず、プレステージの高いスイスで一番人気のコスメですキラキラキラキラ


ヴァルモン リニューパック  ビックリマーク

P1020962.jpg 


実は私がこのヴァルモン リニューパックを知ったのは私が勤務する美容皮膚科でのことでした

クリニックにはモデルさんや女優さんの患者さんが多く おとめ座、その美しい方々へ現在ご使用になっている化粧品のアンケートをお願いしたところ メモ、圧倒的に多い回答がヴァルモン リニューパックでした ベル

そうなれば ・・・ 私も使ってみない訳には行きません

実際に私も使用し ・・・ そしてやはり、その確実な手応えに感動してしまったという訳です

恐らく私は一生、このヴァルモン リニューパックと付き合って行くと思います ラブラブラブラブ


こちらはヴァルモン リニューパックトラベル用です

P1020959.jpg

何処にいても、ヴァルモン リニューパックは絶対に手放せません


これからの季節は、紫外線によってお肌にも相当なストレスが掛かって来ます 叫び


皆さまもヴァルモン リニューパックで 、細胞レベルから、アンチエイジングなケアーをなさってみては如何でしょうか !?



究極のUVクリーム ~ラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXL~

こんにちは


皆さま、これからの季節は紫外線量がどんどん増えて来ますよね アップ


私たちの肌は生まれて以降、長期間ずっと外的刺激と戦い続け、少しづつエイジングが進んで来ています

その肌エイジングの最大の外的刺激が、 “紫外線” なのです 晴れ


肌は紫外線をわずか数分間浴びただけでも、ダメージを受けます ショック!
それを長期間ずっと浴び続ければ、当然シミ、シワ、たるみなどの現象が起こって来ます しょぼん

ごれを “光老化” と言います ビックリマーク

例えば顔と比較し、腿の内側やお尻などの殆ど紫外線に当らない部分は、若い人の肌も歳を重ねた人の肌もそれ程差はない状態ですよね  ・・・ これは紫外線が如何に肌にダメージを与えているかと言うことです


勿論、UVクリーム 、サングラス 、帽子 、日傘  等など、紫外線対策もしっかりとしていかなくてはなりませんが ・・・


今回は、紫外線をビシッッッと  プロテクトしてくれる取って置きのUVクリームをご紹介させていただきたいと思います


そのUVクリームとは、ラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXLです  (コスメ通の方は既にご存知ですよね

【ラ・ロッシュ・ポゼ】 とは、1975年、フランスの薬剤師 ルヴァイエ氏が、Safety (安全性) -Efficacy (有用性) - Simplicity (必要最小限) という理念の基にラボを設立、製造されている製品で、現在では世界50カ国以上で使用されています ビックリマーク

ラ・ロッシュ・ポゼの名が知られるようになったのは、19世紀、あのナポレオンが皮膚病軍人のため、ラ・ロッシュ・ポゼの水を使った水治療法病院を設立したのがきっかけでした
またナポレオンのエジプト遠征から帰還した兵士たちが、皮膚を癒すためにここを訪れたことでも知られています

ラ・ロッシュ・ポゼの製品は、水治療を受ける患者が自宅で引き続き治療を行えるよう 、またラ・ロッシュ・ポゼの水治療の効能を手軽に日常のスキンケアに取り入れられるように開発され 、皮膚科学的水治療センターで使用されているのと同じ水が配合されています みずがめ座


そのラ・ロッシュ・ポゼの代表作とも言える製品が、UVイディアXLです

【UVイディアXL】 とは、メギゾリルXL、メギゾリルSX配合で、紫外線UVA、紫外線VBを幅広くカバーしてくれるデイリー用日焼け止めクリームです ビックリマーク
(PF50・PA+++、無香料、無着色、ノンコメドジェニック、皮膚科学テスト済み)


ここでラ・ロッシュ・ポゼの技術であるメギゾリルXL、メギゾリルSXに注目 目

先ず日焼け止め(紫外線吸収剤)で重要なのは、 “光安定性” です ビックリマーク

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し 、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し 、紫外線の皮膚への浸透をストップ  ・・・ つまり紫外線吸収剤自体が紫外線を吸収し、肌に紫外線を浸透させないようにするのです

しかし紫外線吸収剤を塗って紫外線を浴びた場合、その紫外線エネルギーによって紫外線吸収の成分が分解され 爆弾、変質したりすることを “光安定性が低い” と言います ビックリマーク

例えSPFやPAの紫外線防御指数が高くても、光安定性が低ければ何の意味もありませんよね

そこでメギゾリルの登場です クラッカー

“メギゾリル” は、この光安定性に優れ、最適な紫外線吸収剤である分子を使用

更にメギゾリルには、UVAを吸収する “メギゾリルSX” 、紫外線UVAとUVBの両方を吸収する “メギゾリルXL” とがあり ・・・ ラ・ロッシュ・ポゼのUVイディアXLは、この “メギゾリルXL”、“メギゾリルSX” の両方を配合しているため 、紫外線UVA、紫外線UVBを幅広くカバーしてくれる光安定性に優れた紫外線吸収剤となる訳です 合格

またメギゾリルXL、メギゾリルSXは其々、2000年11月、2002年12月に厚生労働省に認可を受けています ベル


使い心地はとても軽く、白浮きせず、化粧下地としても使用可能です


ラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXL ビックリマーク

UV.jpg 


私が勤務する美容皮膚科では 、オリジナルUVクリームの開発・販売を行っておりますが ・・・ それでも、このラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXLも取り扱っております


現在日本で販売されているUVクリームには、残念ながら殆どのものに金属が含まれています

しかしラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXLには、全く金属は含まれていません

お肌の上で紫外線と金属が反応しているなんて  絶対にイヤですよね 叫び


私もUVクリームをご紹介させていただく場合、このラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXLをオススメしております 顔 


ラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXLは日本を始め 、世界で25,000以上の皮膚科医に採用されています


まだ今年のUVクリームがお決まりでない方は、是非とも、ラ・ロッシュ・ポゼ UVイディアXLを  お試しになってみては如何でしょうか !?



08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

ベル辻調理師専門学校 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR