ミシュラン一つ星レストラン ☆ 茶寮あら井

こんにちは


今年もまたミシュランの時期がやって来ました

ミシュラン東京も今年で4年目を迎え 、益々スケールアップされて来ています


ところでミシュランの星の数 星 には ・・・

 (1つ星) ・・・ その分野で特に美味しい料理 ナイフとフォーク
 (2つ星) ・・・ 極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理 ナイフとフォーク
 (3つ星) ・・・ それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理 ナイフとフォーク

またミシュランガイドでは星がなくとも、掲載されていること自体で一定の評価を得ていることを意味しています ビックリマーク

そしてミシュランガイドで星が付けば、そのレストランは向こう5年間は安泰  とまで言われていましたが ・・・

しかし今のご時世、そうは行かないのが  現実のようです  ・・・


ミシュラン大好きな私も、友人でモデル・カリスマエステティシャンの順子さんと おとめ座 都内50店を超えるミシュランレストランを巡り、 “わがままミシュラン” ランキングを作っております ベル

わがままミシュラン ~フレンチレストラン~

わがままミシュラン ~イタリアンレストラン~

わがままミシュラン ~和食店~

この和食店で訪店しました中に 割り箸、(BEST8には入っておりませんが) 六本木の茶寮あら井があります ビックリマーク


この茶寮あら井は六本木のど真ん中とは思えないような、とても落ち着いた佇まい  ・・・
一歩茶寮あら井の格子戸をくぐれば、そこには和の心が溢れ 、とても懐かしく癒される空間が広がっています 顔 ・・・ 私はそんな茶寮あら井が好きでした ラブラブ

しかしここもまた、いつしか姿を消してしまいました

ミシュランを獲得しながらも台所事情は決して安泰でとは言えず 、私たちにその詳細を計り知ることは出来ませんが  ・・・

ただただ残念でなりません



今回は順子さんとわがままミシュランで訪店しました、その六本木茶寮あら井をご紹介させていただきたいと思います



楚々として艶

磨き上げた格子の奥に

無限に広がる和敬清寂


奥にまことの花をみるかな ー道閑花伝―



奥は全室数寄屋の粋となっております。

私たちが予約をした部屋です

順子ちゃんとあら井 


前菜
鮎うるか和え ばい貝共和え 焼松茸菊花和え 銀杏チーズ和え 赤飯

DSCN0762.jpg

和気あいあい

通う心の味わい

冴えた手業の和の逸品 ・・・


実にお見事です ぴかぴか(新しい)



菊花仕立
(菊 蕪 松茸 蟹)


DSCN0763.jpg 


造り

菊面
(平目 車えび いか めじまぐろ 赤貝)
(菊花柚子葉) 
(縒り人参 独活 胡瓜)


DSCN0767.jpg

方円無碍

器は旬を映し、旬は円熟の業によって至福の味となる ・・・


茶寮あら井の心意気を感じます    


焼物

鮞雲丹焼
(大根餅 万願寺 はじかみ)


DSCN0768.jpg 


中皿

牛ヒレ網焼
(無花果 更紗揚 ミニトマト アスパラ 香味噌)


DSCN0769.jpg 


煮物

鮑柔煮 茄子翡翠煮 石川芋白煮

DSCN0771.jpg 


食事 止椀
湯葉御飯 山葵 鼈甲あん
煮出汁 糸瓜 庄内麩

DSCN0772.jpg 

一碗一菜

こだわって捉われず ・・・


一つ一つの碗が、心の奥底に残ります 感動泣き


水菓子

峰岡 パパイヤ ぶどう

DSCN0773.jpg

DSCN0775.jpg 


灯ともし頃・・・

そんな言葉の響き合う、

懐かしさ溢れる和の味わい・・・


それが茶寮あら井の佇まいです。



食後お庭に出て順子ちゃんと歓談中、突然お店の方がカシャ  ・・・

鳩が豆鉄砲 

鳩が豆鉄砲を食らったような顔って おぉ!、こういう顔を言うのでしょうね にひひにひひにひひ


私たちが茶寮あら井を訪店したのは夏の終わりでした

この茶寮あら井での涼やかな想い出は、私たちの大切な宝物です しあわせ~



こちらは順子さんからいただいた、彼女手作りのピルケースです

P1010534.jpg

私のだ ~~~ い好きなヴァンクリーフ&アーペル リボン ミステリアスセッティングをイメージしたデザインです キラキラ宝石白宝石赤宝石白キラキラ 


順子さんはセンス抜群 、更にとても手先の器用な女性で 合格、彼女手作りのスワロフスキーのアクセサリー等など 指輪、沢山いただいています

いつも素敵なプレゼントをありがとうございます



わがままミシュラン ~和食店~

こんにちは


皆さま春ですね~ かわいい

私は春のポカポカ陽気になって来ると、美味しい和食 割り箸 が無性に食べたくなって来ます

しかしそれは、自然な流れ 流れ星 の中のことなのです。

・・・ その理由は 肝臓 にあります ビックリマーク

春になると植物は花を咲かせ 、虫は動き出し 、動物は生殖機能が旺盛になり、自然界のエネルギーが一斉に始動し DASH!、同時に私たち人間も、奥に仕舞い込んでいたエネルギーを呼び出させるため、心身の鼓動が一気に活発になります ドキドキドキドキ
しかし体がそのスピードに着いていけない場合何処かに滞りが起こり 叫び、自律神経系や運動神経系の働きが不安定となり、心身が乱れ易くなって来ます ショック!
・・・ これらの調整を行ってくれる臓器が肝臓です !!

そのため春は、肝臓の働きを万全  にしておく必要があります。

肝臓は私たちの体の解毒や浄化をしてくれる化学工場  のような所ですが、この解毒や浄化を促してくれる食材が、春に芽を出す新芽たち  です。

その新芽を使用した和食は、体の中を綺麗 ぴかぴか(新しい) にしてくれ、肝機の働きを活発 アップ にしてくれ、春をエネルギッシュに過ごすためのパワー  の源ともなるのです。


そこで今日は  “わがままミシュラン” 三回目といたしまして、~和食店~ をご紹介させていただきたいと思います。


パートナーは~フレンチレストラン ~、~イタリアンレストラン ~に引き続き、JUNKOさんです


今回私たちが、“わがままミシュラン” ~和食店~ におき、分母とさせていただきましたのが、元首相の “森喜朗料亭メモ 本” です。
日本一  料亭通な森元首相のリストであれば何より確か 合格 と信じ、何も考えず、ただこのリストに従い ・・・ 女性二人 女の子女の子 で訪店可能な料亭、32店を訪れました。

ランキングの決め手はズバリ 、“心 ラブラブ” です ・・・ 和食は心が総てです。

 食材がどれだけ新鮮 NEW か ・・・
 調理にどれだけ手間  を掛けているか ・・・
 料理がどれだけ四季を感じさせてくれるか・・・
 器  にどれだけ拘りを持っているか ・・・
 部屋  がどれだけ心地良いか ・・・

等など、総てのしつらえにおき、私たちを迎え入れてくれるおもてなしの心がどれだけ五感に伝わってくるか 恋の矢 ・・・ これらのポイントを厳しくチェック サーチ いたしました。

場所が特に赤阪に集中していたこともあり、赤坂辺りでは “女性二人組の料亭荒らし ” などという軽い噂が立ったこともありましたが ・・・ 私たちはそんな噂に全く怯むことなく 、毅然とした姿勢を全く崩すことなく 、料亭巡りを続行いたしました  ・・・ 私たちも何がここまで自分たちを奮い立たせているのか分かりませんが あせる ・・・


それでは女性二人で巡りました料亭32の中から、“わがままミシュラン” ~和食店~  BEST 8  を、どうぞご覧くださいませ クラッカー



第8位
玄治店 濱田家(人形町)

この玄治店(げんやだな)とは、江戸時代に医師、岡本玄治がここに住んでいたことに由来して名付けられた名前です ビックリマーク
玄治は幕府の医官  であり、将軍家光が痘瘡を病んだ際、見事にこれを全快させたことで一躍有名になり 、この地は子孫も九代、その職と名跡を受け継いだという、由緒ある場所  です。
また玄治由来ということから、歌舞伎  の “しがねぇ恋の情けが仇 ・・・” で始まる与三郎とお富の恋物語 『与話情浮横櫛』 の舞台ともなった場所  です。
これらの日本文化を受け継ぐ濱田家は、九十年以上に亘り、ここで料亭 割り箸 を営んでいます。
・・・ それだけでも芝居好きな人にとっては堪らない場所 ラブラブ ですが ・・・
濱田家の料理、器、数寄屋造りの座敷、手入れが充分に行き届いた庭などには、日本  の心がしっかりと刻み込まれています ベル

 

中でも料理最後に出されるご飯もの  “もずく雑炊” は濱田家の名物  とも言われています。

DSCN3200.jpg

今でも忘れなれない昔懐かしい、日本の味  です。


また名物と言えば ・・・ メディアでもお馴染 音譜 濱田家の美人女将  です。

超美人で有名な人気の濱田家女将

この美しさで還暦前とは驚きです 叫び

三つ星エステティチャンのJUNKOさんは女将に美しさの秘訣 を教わり、女将はJUNKOさんに最新エステ  を教わり ・・・ 私たち三人は女将とお客という立場を取り払い、夜遅くまで美容談 口紅 に花を咲かせていました にひひにひひにひひ
こんな楽しい料亭もあるのですね  ・・・


第7位 
福田屋(紀尾井町)

福田屋は開業当初、川端康成、湯川秀樹、イサムノグチなどの文化人  が定宿としており、かの北大路魯山人も長期逗留  していたそうですが、当時魯山人は器や花器を多数焼き、それを宿代代わり  としていたそうです。
それがそのまま現在、魯山人の器で有名な福田屋となり、魯山人の “美” と “味” の調和  を引き継いだ “食の真髄 ” と心のおもてなしを提供してくれます。

お造りは魯山人の扇面の器 宝石白 です

魯山人の扇面の器


お口代わり  は “掻敷菖蒲” です

DSCN0243.jpg

目にも楽しい 目 春の一品です。

福田屋のご主人は “女性二人連れ 女の子女の子 のお客様は特に大切にしなければならない” とおっしゃっているそうで、私たちは何から何まで大変細かい心遣いをいただきました !!
そしてJUNKOさんと私が持つ福田屋のイメージを大変気になさって !? いました ・・・ こういう真摯な姿勢 合格 が、次に迎えるお客様にまた、心地良いおもてなしを提供するのだと思います  


第6位
なだ万本店 山茶花荘(紀尾井町)

1830年天保元年創業のなだ万は、政財界を始め世界各国のVIPの間で利用されている料亭 割り箸 です。
近年では東京サミットの公式晩餐会カクテルグラス、G7七カ国蔵相・中央銀行総裁会議の夕食会 ナイフとフォーク会場として、また皇族の方を始め国賓の方々 の社交の場として、世界の歴史  と共に歩み続けています 。
 
なだ万はホテルニューオータニ  の一角にあり、閑静な日本庭園の中の緑に抱かれた数寄屋造りの瀟洒な建物は、日本建築の第一人者である村野藤吾氏の設計による傑作  と言われています。
この風情ある佇まい、旬の素材を生かし、日本料理の正道を守りながらも伝統に新しさを添えたお料理、吟味した器、そしてキメ細やかなおもてなしと ・・・ 総てにおいて真心 ラブラブ が込められています ベル
 

お前菜

DSCN0472.jpg

この洗練された色合いとレイアウトには、日本の美しい四季  が感じられます。


伊勢海老のお造り

伊勢海老のお造り

見事に構築されたこのお造りは、日本が世界に誇る自信作  です。

私たちの部屋は、東京サミットが行われた部屋と庭続きで隣でした
広い庭に広がる広大な景色を見ながら 目、ここで幾つもの外交が決められて行ったんだな~  と思うと ・・・ 私たちも歴史の中に立っているような気分になってしまいました 感動泣き


第5位
有栖川清水(南麻布)

有栖川清水は赤阪プリンスホテル  でありながら、紀尾井町から離れ、南麻布の有栖川宮記念公園  に近い閑静な一角あります。
ここの敷地は贅沢な程ゆったり広く、入口を入ってから建物はずっと奥にあり 走る人、他の利用客と出会うことはなく  ・・・ 都会の真只中にありながら都会を全く感じさせない ・・・ 有栖川清水はそんな至福の中 ぴかぴか(新しい)宝石赤ぴかぴか(新しい)、新鮮な素材、香り、彩り ・・・ その一つ一つが季節の花を咲かせ コスモス、最高の料亭文化を提供してくれます。 

八寸

DSCN0545.jpg

和牛サーロイン、本鱒押し寿司、巻海老チーズ射込み焼き、団扇田楽茄子、酸漿小芋雲丹焼、一寸豆新挽き揚げなど、これでもか  と言う位、この一皿で五感を充分満足  させてくれます。


向付

DSCN0546.jpg

こんな自然な演出でいただくお造りも、また味わいがあって乙なもの  です。

この日は偶然にも私たち二人で、この有栖川清水を貸切っていました
清水の方が “今日のお客様はお二人様だけ 女の子女の子 ですので、中をどうぞお好きなだけご覧くださいませ” と言ってくださり、広い館内を隈な くサーチ、時間を掛けて丁寧にご案内してくださいました ・・・ 何て粋なおもてなしなんでしょう


第4位
吉兆東京本店(銀座)

吉兆の創業者である湯木貞一氏は、日本料理界にターニングポイント  を築き、日本料理の名を世界に知らしめ  、日本料理発展に貢献した功労者  です。

湯木氏の生涯は日本料理に命を注いだものだったそうですが、特に “味” の追求 サーチ には、最後まで思いを馳せていたそうです。
湯木氏曰く、“季節、季節言うて、それに拘り過ぎて、味を忘れてしもうて、不味いもん出してたら、なんぼ季節に叶ても、あきません  味が一番  その上に必要なのが季節感  です” ・・・ これが “味吉兆” と言われている由縁  です。
季節のものだから旬の食材を出すのではなく、旬のものは美味しいから旬の食材を出す ・・・ 結果は同じですが、これが味に拘る吉兆の考え方  なのだと思います。

八寸

DSCN3212.jpg

日本の伝統と格調の高さが伝わって来ます    

以前銀座にあったきよ田というお寿司屋さん  へ行った時、ご主人が “築地ではマグロは一番  いい所が吉兆、次  がきよ田、それが築地のルール  だ” とおっしゃっていましたが、その通りです ・・・ 吉兆のお刺身は、都内料亭の中では群を抜いています アップ 


第3位
赤阪浅田(赤阪)

赤阪浅田は1659年萬治二年、加賀藩中荷物御用 の浅田屋伊兵衛氏によって創業、1867年慶應三年、旅人宿  の浅田となり、今日に至っています。

この350年の長きに亘り、料理素材である鮮魚類 うお座 、野菜 、水  みずがめ座、蕎麦粉に至るまで産地金沢から毎日直送し 、“加賀料理の継承者” という任務を真摯に受け継いで来ています ・・・ そんな地道な姿勢 合格 に、日本料理は京都だけではない  という、軸のブレない強い意志  を感じます。
加賀料理もまた、立派な日本料理の一つ  です。

向付

DSCN3207.jpg

新鮮な鮮魚たちの歯応えが堪りません ウインク

お品書き

浅田

お品書きにも加賀の名は忘れていません ビックリマーク 


第2位
新ばし金田中(新橋)

江戸時代に興った新橋花街 400 ・・・ 明治維新を経て東京を代表する花柳界  となった新橋 ・・・ そこで金田中は大正時代に創業し、今日に至っています。 

金田中曰く、『料亭とは、玄関に花一輪 、屏風、控えの間に通ったときに聞くひそやかなお香。たばこ盆とお茶 お茶 にて友を待ち、本席に至りては時季の料理と芸妓の舞 。その傍らの床の間にてひっそりと覗く軸と花 。日本人が作り出した当たり前の空間と演出。そんな場所が料亭 割り箸 です。』 ・・・ 料亭金田中は正に、この日本の食、美、芸、空間総ての文化を提供してくれる場所です ベル
日々の雑事に感けて忘れていた日本の心 、自分が日本人であること  を取り戻させてくれる ・・・ ここはそんな所です !!

小吸物

DSCN0678.jpg

あ~日本人で良かった キャ と思える、松茸と鱧のお吸い物です。


口替り

フカヒレとアワビの最高に贅をつくしたお椀

フカヒレとアワビの最高に贅を尽くしたお椀です

私が日本舞踊  をしているからかもしれませんが、芸妓衆を見掛けると、自分の世界に帰ったようなホッ  とした気分になり、金田中のお玄関に足を踏み入れた瞬間、思わず “ただいま ” と言いたくなってしまいます ・・・ 都内では最も居心地の良い、落ち着く料亭です


第1位
赤阪菊之井(赤阪)

赤阪菊之井はミシュラン2010東京で二つ星  に輝き、またミシュラン2010京都で三つ星  に輝いた、京都東山に本店を置く菊乃井の赤阪店です。

二代目ご主人村田吉弘氏曰く、『料亭 割り箸 とは、基本は”飯屋 ” です。 定食屋や割烹と同じ、おいしい料理を召し上がっていただきたいという点では違いがありません。しかし、少し違うところは、料亭にとって料理は、一部であって全てではありません。店の佇まい、しつらえの贅沢さや風情、女将のもてなしなどが、複合的に楽しめる場所が料亭で、私は ”大人のアミューズメントパーク ベル” だと思っています。料亭というところは、どうも敷居が高い所  のように思われがちですが、決してそうではありません 。京都では普通の人が、日常と少し違う空間で、ちょっとした贅沢を楽しむ時に利用する場所です。』 ・・・   もっと日本料理を身近に楽しんで欲しい ビックリマーク もっと料亭の良さを味わって欲しい ビックリマーク というこの村田氏の願い  が、格式を守りながらも奇をてらうことなく、おもねることなく、等身大の料亭を提供してくれるのだと思います !!

また入口から建物までのアプローチは冷んやりとした空気の中、ライトアップ ひらめき電球 された竹林の小道が奥まで続き  、本店のある京都東山を彷彿とさせる佇まいです。

八寸

DSCN3205.jpg

旬の食材たちに彩られたこの絵馬は、見事な京都ぶり  です。

大食漢  の私たちがお料理を最後迄完食出来なかったのは、未だここ赤阪菊之井だけです ・・・ それ程品数とポーションが多かった  ということです。
そして残ったご飯は折に詰めて  お持ち帰りにしてくれました ・・・ 結婚式  のお披露宴でもない限り、こんな庶民的サービス  をしてくれる料亭は他にはありません
これこそが村田氏の言う、伝統と格式の中の “飯屋 ” ということなのかもしれません ・・・



如何でしたでしょうか はてなマーク

皆さまお好みの和食店はございましたでしょうか  !?


“わがままミシュラン” パートナーは、元モデル 、現在カリスマエステティシャンのJUNKOさんです

順子ちゃんとあら井

こちらは ~和食店~ BEST8 には入っておりませんが 、六本木の茶寮あら井です ・・・ こちらも大変くつろげる料亭 割り箸 です。

JUNKOちゃ~~ん ラブラブ これからももっともっと、わがままミシュランを続けましょうね 



 “わがままミシュラン” 一回目 ~フレンチレストラン~、二回目 ~イタリアンレストラン~ もどうぞご覧くださいませ

わがままミシュラン ~フレンチレストラン~

わがままミシュラン ~イタリアンレストラン~



わがままミシュラン ~イタリアンレストラン~

こんにちは 197


先月ミシュラン東京2010が発表となりました ベル 

今年ミシュラン東京の三ツ星は、世界最多の11店と最も多く、会見で総責任者、ジャン=リュック・ナレ氏は “東京は世界第一の美食の都 352 ” と称しています。

皆さまのご予想は如何でしたでしょうか 198
私はビンゴ 179 あり、全く意外だった 181 部分あり ・・・

しかしミシュラン審査部隊は、やはり視る個所はしっかり視て 目 います。
このミシュラン上陸は、東京の食文化レベルアップ アップ の大きな機動力となっていることは確かです。

私の知人の日本食料理人は、来年こそは必ず三ツ星を 217 と、前掛けの紐を締め直しています ・・・ わ 204204 凄い気合 313

ミシュラン2011は、既にスタートしています 314


それではこちらも負けずに ・・・

今日は “わがままミシュラン” 二回目といたしまして、~イタリアンレストラン~をご紹介させていただきたいと思います。


パートナーは先月の ~フレンチレストラン~ に引き続き、JUNKOさん です。


東京のレストランの中でもイタリアンレストランの総数は圧倒的に多く35、その数は驚異的 282 なものでしたが ・・・ 先ず non-dailyであること 31 を第一条件とし、厳正にリストアップしたその結果、 “わがままミシュラン” の中でも、分母の数は最も少ない 34 20店となってしまいました。
つまりそれ程、イタリアンレストラン 500 は、dailyレストランとして、日本人に愛されている ラブラブ ということでもあります。

ランキングを決定付けるポイント 219 は ・・・

219 グーテアミューズからプティプールまで一貫して、軸のブレないメニューストーリー 102 が展開されているか ・・・
219 ダイニングレイアウトやテーブルセッティングなどで、レストランの謳うコンセプト271 が演出されているか ・・・
219 エントランスからレストルームまで一貫して、非日常的空間189 が表現されているか ・・・
219 マダムやムッシュ、ギャルソンがゲストを教育し、心地よい時間を提供する裁量91 を持ち合わせているか ・・・

・・・ とこまではフレンチレストランと同じですが ・・・
更に プラス α として ・・・

219 フレンチレストランのコピーではないイタリアンレストランとしてのカラーがアピール 音譜 されているか ・・・
219 デセールとなるイタリアンドルチェが私たちをどこまで幸せ ラブラブ! にしてくれるか ・・・


それでは “わがままミシュラン” ~イタリアンレストラン~ 254 BEST5 254 を、どうぞご覧くださいませ 。



5位 
イルボッロ (六本木)

イルボッロはミッドタウンの向かいに建つ会員制レストラン 385
料理はイタリアのイルボッロ村に伝わる味をアレンジした、トスカーナ料理 500
古典的な食材を使用しながらも実に食べ易く仕上がっているのは、きっとソースが大らかなのだろう ・・・ 流石イタリアン 218
私たちがデセールを絶賛していると、ギャルソンが突然パティシエを連れて来てくれた ・・・ “気に入っていただけましたでしょうか 198 ” と不安げに訊いてくる彼は、若くて飛び切りのイケメンパティシエ 233
ここは四方を巨大なコンンクリートにがっちり囲われ、足を一歩踏み入れるとそこは最早六本木ではない、完璧なオリジナルワールド 420
エントランスへ着く迄の空間では、戦国時代の戦士たちが身にまとった幾つもの鎧兜が出迎えてくれ、これからどこへ連れ込まれるのだろう 404 という恐怖感が一瞬走る。
しかしパティオへ入れば、ここはもうリゾー ト301 一色。
パティオからは六本木ヒルズが綺麗に望め317、その周りを囲むように、エントランス、レセプション、ウエィティングルーム、メインダイニングへ続く渡り廊下、そしてメインダイニングと繋がっている。
メインダイニングの内装は総て、イタリアの名高いデザイナー、サルバトーレ・フェラガモ監修のもの 352
白を基調とし、広い空間をゆったりと使い、スタイリッシュにアレンジしている空間は、正に映画 265 の舞台だ。
完全会員制とだけあって外とは完全に遮断されているが、逆に中から外へ発信されることもなく、まるで大使館 515 にでも入ったかのような ・・・ ここは自由で、とても開放的な気持ちにしてくれる ウインク

 

黒毛和牛のヴィヤンド

食べ易い黒毛和牛のヴィヤンド 271

イタリアンドルチェらしいブリュレ
イタリアンドルチェらしいブリュレ 239

フェラガモデザインの私達の席
フェラガモデザインのメインダイニング 352

4位
エノテーカ・ピンキオーリ東京 (銀座)

エノテーカ・ピンキオーリフィレンツェ本店は、ミシュラン三ツ星に輝いたイタリア No.1 レストランであり、またエノテーカ・ピンキオーリ東京店は、世界中に広がるイタリアレストランの中から唯一、ルレ・エ・シャトーのメンバーとして認められた由緒正しいイタリアレストラン 271 ・・・ このルレ・エ・シャトーは、イタリア本国の最高級レストランと同じクオリティであるという証 339
料理は名門メディチ家の宮廷料理をベースに、現代エッセンスを加えて仕上げた、本場イタリア料理 500
一皿一皿からはイタリアの食文化と歴史が発信されており、また宮廷料理らしい華やかなアレンジは、目 317 を楽しませてくれる。
ここは銀座のショッピングビル 260 のワンフロアー総てを占める、350坪の広いスペース。
エントランスを入ると広々としたレセプション254、その奥にはトスカーナウッドでコーデュネイトされたシックなウエイティングルーム、そしてセンターホールへ延びるワインカーブは、奥行き14メートルもあるエノテーカ・ピンキオーリの代名詞であり、世界中のワイン272 が、常時2000種類以上ストックされている。
センターホールを折れると、120名を収容出来る広いメインダイニングが広がる 352
店内インテリアは、総てフィレンツェから運び込まれた本物のアンティーク家具や調度品 ・・・ この重厚な風合いが、落ち着きあるやすらぎ 179 空間を演出してくれる。
ここは銀座でありながら、時代はまるでルネッサンス ・・・ フィレンツェで栄えた高い食文化を誇る、日本一ゴージャスなイタリアンレストランだ ウインク


安心のメイン牛
宮廷料理の仔牛のヴィヤンド 271

マスカルポーネバスケット
マスカルポーネバスケット 239


3位
アンティカ・オステリア・デル・ポンテ東京 (丸の内)

アンティカ・オステリア・デル・ポンテミラノ本店は、イタリアで二軒目にミシュラン三ツ星に輝いた名レストラン 271 であり、また料理界のアカデミー賞と言われている 『Five Star Diamond Award』 の栄光 20 にはミラノ本店、東京店が共に輝いている。
料理は伝統を重んじながらも、斬新な独創性がヒシヒシと感じられる、本場イタリア料理 500
丁度メインを終えたとき、総料理長であるフレデリック・カルティエシェフが私たちのテーブルへ来てくれた 233
とても細やかな気配があり、ゲストを自分の恋人 266 のように大切に想ってくれるシェフだからこそ、料理も繊細で創造性豊かな作品に仕上がるのだと納得した。
彼はあのフランスのデザイナー、カルティエと親戚だそうだ 183
ここは丸ビル最上階の36階という、東京の天空間 483 ・・・ この東京を一望する羨望は、イタリアの貴族の館より総て取り揃えられたという調度品を、更に輝かしい 420 芸術品へと高めてくれる。
ここはまるでミラノと東京を繋ぐ、丸の内の摩天楼だ  ウインク


淡泊で食べ易かった仔牛のローストのメイン
洗練された仔牛のヴィヤンド 271

DSCN1995.jpg
ボリューム満点のデセール 239

クラブロジーア2
メインダイニングよりゴージャスなプライベートルーム、クラブロジーア 352


2位
アルマーニ・リストランテ (銀座)

ファッション界の革命児であり、美食家としても有名なジョルジオ・アルマーニが提案する、実に洗練されたイタリアンレストラン 271
料理は日本の吟味された素材を最大限に生かし、イタリア料理の味わいと彩り豊かな食文化を融合させ、更にそこへアルマーニの洗練されたアレンジが施され ・・・ それは正に画期的な作品 500 だ。
ここは銀座にあるアルマーニのコンセプトビル260、アルマーニ銀座タワー10階に展開するレストラン。 
コンセプトは “上質な料理を上質な空間で” ・・・ 至ってシンプルに、スタイリッシュにアレンジされている空間は、正に女性好み 415
テーブルは、光沢のあるブラックラッカー仕上げの木材と、ゴールドメタルとガラスの二層からなるテーブルトップで演出されており、食器、カトラリーに至るまで、総てにアルマーニのこだわり 217 が詰まっている。
ブラッシュドゴールド仕上げのパネルスクリーンが、店内を更に洗練された空間352 へと導いている。
私たちが訪店した日はホワイトデーであり、トランケーノエグゼクティブシェフから女性限定で、一人ひとりへ薔薇の花 300 がプレゼントされた。
またリストランテの狩野マネージャー 208 は、一度来店したゲストの顔と名前は決して忘れず、二度目に訪店した際には私たちの好きな食材を、三度目に訪店した際には私たちの興味ある話題を準備しておいてくれた ・・・ 親近感と安心感を提供してくれるサービスにはそられる 顔(きらきら)
『私は偽物が嫌いだ。見せかけの真実は見たくない』という名言を吐いたアルマーニらしい ・・・ ここは最高に洗練された本物空間だ にこ


フレンチでは禁断の食材マグロ
フレンチでは禁断 358 の食材、マグロのポワソン 

アルマ#8722;ニ風ティラミス
アルマーニ風ティラミス 239


1位
リストランテ・アソ (代官山)

リストランテ・アソは、けやき並木が美しい旧山手通りに面した、ひらまつグループの一軒家イタリアンレストラン 271
料理はオーナーでもある阿曽達治シェフの枠にとらわれない、自由な発想と感性で作り上げられていく、芸術的なイタリア料理 500
運ばれてくる一皿一皿総てがスペシャルな逸品であり、ストーリーがあり、まるで次から次へと展開されていくエンターテイメント 516 を観ているかのような、とてもワクワクした気分にさせてくれる。
味、食感、ポーション、アレンジ共にアレコレ語るまでもなく、総て五感に響く絶品パレード 270  だ。
ここは昭和初期に建てられた洋館を改装して作られた、レトロな建物 259
エントランスを入ると、そこは正に画廊 487 だった ・・・ 吹き抜けの階段ホールには空の絵、雲の絵、空に舞う鳥の絵、花々や木々の絵 ・・・ 画家であるオーナーの兄が描いたという絵画が絶妙なバランスで飾られており、とても心落ち着く空間だ。
その奥にあるメインダイニングからは、四季折々の花々 298 や樹齢300年の欅の樹など、季節ごとに表情を変えていくパティオが臨め、“自然の四季” というエッセンスと共に料理を味わう ・・・ ここはまるでイタリアのトスカーナを彷彿とさせる時間だ。
長い年月を見守って来たこの空間には、我が家に帰って来たかのような懐かしさがある にこ
私たちが訪店したこの日、像 524 のような犬のグラッパが初お目見えしたが、まだ名前はなく ・・・ 私たちは “トマゾウ” とネーミングした。
アソマダムは “これからはこのトマゾウを大切にしていきます。名前をいただいてありがとうございます” と言ってくれた。
始終私たちをエスコートしてくれたアソマダムは、家族のような温もりがある女性だ ハート


スープを注ぐ前 
30 スープを注ぐ 199
多彩なお味のお魚のスープ
多彩な味の魚のスープは絶品中の絶品 218

見た目インパクトのあるティラミス
インパクトのある 282 ティラミス 

お花とトマゾウ名前
トマゾウ  音譜
リストランテ・アソは日本一トマト 382 ジュースの美味しいレストランであるため、トマゾウとネーミングした にひひ



如何でしたでしょうか 198

お気に入りのイタリアンレストランはございましたでしょうか 361


皆さまの今年のクリスマスディナーが、素敵なお時間となりますことをお祈りいたします ウインク



“わがままミシュラン” ~フレンチレストラン~ は、
当ブログの左横にありますカテゴリの、食べ物何でもランキング ! ~ わがままミシュランからご覧いただけます 目




10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
★ ツイッターはココから ★
Antiaging_Laboをフォローしましょう
★ プロフィール ★

くみ~る

Author:くみ~る
  
☆アンチエイジング研究家☆

ベル 日本抗加齢医学会会員

アンチエイジングネットワーク
ベル 塩谷塾四期生

杏林予防医学研究所アカデミー
ベル 上級講座修了

日本ファンクショナルダイエット協会認定
ベル シニアケトジェニックアドバイザー 

一般社団法人命の食事認定
ベル 命の食事アドバイザー 

一般社団法人オーソモレキュラー.jp認定
ベル オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル

予防医学普及振興会認定
ベル エイジングマネージメントアドバイザー

日本臨床栄養協会認定 
ベル サプリメントアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会認定
ベル アスリートフードマイスター (渋谷1期)
ベル ベジフルビューティーアドバイザー (渋谷3期)
ベル パンアドバイザー (渋谷2期)
ベル ジュニア野菜ソムリエ

日本雑穀協会認定
ベル 雑穀エキスパート

辻調理師専門学校
ベル 西洋料理技術講座修了


もの心ついたときから日本舞踊をしており、高校までは日本舞踊中心の生活を送っておりました。

大学卒業後、島根、東京の医療機関で勤務。

またアンチエイジング研究家として、先人たちが築き上げて来た食文化に敬意を払いつつ、公私の隔たりを越えた “メディカルアンチエイジング ~ 医食同源” を提案して行きたいと考えております ・・・ テーマは “美腸 ♡ 美血管”

自宅キッチンには “Antiaging Labo” をオープン ・・・ コンセプトは “身体に良いものも、美味しい !!”

辻調理師専門学校のコンピトゥム会員でもあります。


モットーは 『自然な流れ』 『あるがままの自分』、『無欲』 『無条件』 です ビックリマーク

“凛としてしなやか” なヒトに憧れます ♡♡

“シンプル・無機質・ソリッド” なモノに憧れます 💛💛

★ 最新エントリー ★
★ カテゴリ ★
★ ブログ内検索はココから ★
★ リンク ★
★ ♥CoCo♥ ★
★ QRコード ★
QR